売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

不動産マーケティング

売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。
左脳消費とは、「必要に迫られて」購買するモノのこと。電気、ガス、水道など公共サービスがその代表です。一方、右脳消費は、「可愛い」「ステキ」「カッコイイ」「面白い」「美味しそう」など、右脳的な五感の刺激によって購買するモノのことを言います。ちなみに、衝動買いは右脳消費の典型。子供が欲しがるモノは全て右脳消費といってもいいでしょう。

つまり、左脳消費はNeeds(必要)で、右脳消費はWants(欲望)と分類できるのですが、日本のように経済が発展した国では生活上どうしても必要な左脳消費は年々少なくなっています。要するに先進国では、大半の商品は右脳消費されているということ。提供者側であるあなたは、右脳に働きかけるメッセージづくりが重要になるということです。

とりわけ、右脳に働きかけるメッセージで重要なものは、広告です。広告の中でも特に重要なのが、写真。

一幅(いっぷく)の絵画は千の言葉を語る。(※1枚の絵は千の言葉を語る)
    As the saying goes, a picture says a thousand word.

という言葉があるように、素敵な写真は一瞬にして人の心を掴みます。

建売業者や工務店で言えば、完成写真。完成写真がどれだけ素敵かによって、売れ行きが決まると言っても過言ではありません。だから、建物が完成したらすぐに写真を撮ること。それも、建築写真のプロに頼んで撮ってもらうことです。

可能であれば、明るい時間帯の写真と暗くなってからのライトアップされた写真があると完璧です。そして、これらの写真を利用して更に広告やホームページで集客することです。

設計事務所や有名工務店、ハウスメーカーなどは写真の重要さを理解しているため、建物が完成したら必ずプロに頼んで写真を撮ってもらうのですが、建売業者さんにはその習慣がありません。そのため、せっかくいい建物をつくっている業者さんでも写真がないところが少なくありません。

しかし、それは大きな損失です。なぜなら、これからあなたの家を買う人はあなたが過去に建てたものでしかあなたを評価できないからです。写真がないということは、千の言葉で説明しなければいけないということ。千の言葉で説明できなければ、せっかくの価値が伝わないということです。

写真は財産です。将来のあなたの売り上げを構築するための貴重な財産です。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  2. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  3. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  4. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  5. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?

関連記事

  1. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

    以前、相談を受けた物件の話。ご相談者にいらしたのは、建売会社の営業部長…

  2. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    不動産マーケティング

    中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    先日あるクライアントからこんな質問を受けました。それは、 「売上を…

  3. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    不動産マーケティング

    売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!

    売上を伸ばす上で一番簡単な方法は、お客様が望むものをつくること。 …

  4. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産会社の中には、勝てば官軍という考えを持つ人が多い。要するに、売れ…

  5. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

  6. ビジネスの設計図

    不動産マーケティング

    あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?

    中小建売会社と大手不動産の違いは何ですかという質問をたまに受けることが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  2. その商品企画、相談する相手間違えていませんか?
  3. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  5. 知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  1. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。
  2. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    不動産会社経営

    その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  3. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  4. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  5. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。

    不動産マーケティング

    建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
PAGE TOP