売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

不動産マーケティング

売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。
左脳消費とは、「必要に迫られて」購買するモノのこと。電気、ガス、水道など公共サービスがその代表です。一方、右脳消費は、「可愛い」「ステキ」「カッコイイ」「面白い」「美味しそう」など、右脳的な五感の刺激によって購買するモノのことを言います。ちなみに、衝動買いは右脳消費の典型。子供が欲しがるモノは全て右脳消費といってもいいでしょう。

つまり、左脳消費はNeeds(必要)で、右脳消費はWants(欲望)と分類できるのですが、日本のように経済が発展した国では生活上どうしても必要な左脳消費は年々少なくなっています。要するに先進国では、大半の商品は右脳消費されているということ。提供者側であるあなたは、右脳に働きかけるメッセージづくりが重要になるということです。

とりわけ、右脳に働きかけるメッセージで重要なものは、広告です。広告の中でも特に重要なのが、写真。

一幅(いっぷく)の絵画は千の言葉を語る。(※1枚の絵は千の言葉を語る)
    As the saying goes, a picture says a thousand word.

という言葉があるように、素敵な写真は一瞬にして人の心を掴みます。

建売業者や工務店で言えば、完成写真。完成写真がどれだけ素敵かによって、売れ行きが決まると言っても過言ではありません。だから、建物が完成したらすぐに写真を撮ること。それも、建築写真のプロに頼んで撮ってもらうことです。

可能であれば、明るい時間帯の写真と暗くなってからのライトアップされた写真があると完璧です。そして、これらの写真を利用して更に広告やホームページで集客することです。

設計事務所や有名工務店、ハウスメーカーなどは写真の重要さを理解しているため、建物が完成したら必ずプロに頼んで写真を撮ってもらうのですが、建売業者さんにはその習慣がありません。そのため、せっかくいい建物をつくっている業者さんでも写真がないところが少なくありません。

しかし、それは大きな損失です。なぜなら、これからあなたの家を買う人はあなたが過去に建てたものでしかあなたを評価できないからです。写真がないということは、千の言葉で説明しなければいけないということ。千の言葉で説明できなければ、せっかくの価値が伝わないということです。

写真は財産です。将来のあなたの売り上げを構築するための貴重な財産です。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。
  2. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  3. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  4. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。

    仕事柄、時々聞かれる質問があります。それは、「どこか安い工務店知ら…

  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。

    建売住宅が売れるかどうか、いや、モノが売れるかどうかは次の3つの要素に…

  3. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    高く売るにはどうしたらいいか? 高く貸すにはどうしたらいいか?…

  4. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。

    いい家をつくりたい、 いい家で差別化したい、 という建売業者さ…

  5. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    あなたの物件が売れるかどうかは基本的には4つの力で決まります。それが、…

  6. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  2. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  3. できる不動産会社の社長はココが違う!
  4. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  5. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  1. あなたの建売住宅をもっと簡単に売るための下地づくりとは?

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅をもっと簡単に売るための下地づくりとは?
  2. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

    不動産会社経営

    残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  3. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

    不動産会社経営

    売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  4. これでもパワービルダーと闘いますか?

    不動産会社経営

    これでもパワービルダーと闘いますか?
  5. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
PAGE TOP