売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!

不動産会社経営

売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!

あなたの会社の建売住宅をあなたの販売エリアでNo. 1にする。そのために必要なことって何かわかりますか?なかなか難しい質問ですが、私は仲介業者をあなたの会社のファンにすることだと思っています。

多くの建売業者さんは、レインズやアットホーム、そして知り合いの仲介業者を通じて自社の建売住宅を販売しています。売主直売で販売している会社もありますが、No. 1にするのであれば直販より仲介業者を利用した方が効率的。利益率は下がるかもしれませんが売り上げは伸びます。

その理由はなぜか?それは見込み客との接点が増えるから。見込み客にあなたの物件を紹介する機会(これを顧客接点といいますが)顧客接点が増えれば増えるほど売れる確率は高くなるからです。

そしてもうひとつ重要なことは、この顧客接点が濃ければ濃いほど売れる確率はもっと高まるということ。顧客接点が濃い、とはどういうことかというと、見込み客に接するときに、営業マンが積極的にその物件を勧めるかどうかということ。営業マンが自信を持って、その物件を勧めることができるかどうかによって顧客接点は濃くなります。

当たり前といえば当たり前の話しですが、営業マン自身がその物件のことをよく理解し、好きになっていれば自然と熱心に説明できるもの。その情熱は意図しなくてもお客様に伝わるものです。そんな情熱を持って伝えられる物件にあなたの物件がなれるかどうかがポイントです。

そのためには、まず仲介業者をあなたの会社のファンにすることが必要です。ファンにする方法をいくつか挙げるとまず、仲介業者が売りやすい環境を提供することでしょう。販売物件の資料を充実させたり、販売図面をわかりやすくすることです。現地の写真はもちろん、小中学校までの距離や時間など、営業マンがわざわざ調べなくても済むようにしてあげることが大切です。他にも現地の写真や動画なども効果的です。

実際、あなたもレインズを利用してみるとわかりますが、写真が登録されている物件はほとんどありません。現地を見るのが営業マンの仕事ではありますが、事前に見られればそれに越したことはありません。

他にも、販売図面に地番表記をしている会社がありますが、これは住居表示に変えるべきです。営業マンからすれば地番表記は場所がわからないので意味がありません。カーナビやインターネットで調べられる表記に変えるべきです。

これらはほんの一例ですが、とにかく営業マンが楽をできるようにすること。営業マンから重宝がられる会社に変えることです。そうすれば自然とあなたの会社のファンになります。ファンになれば当然、その会社の物件は勧めたくなるもの。あなたの会社の市場での認知率も上がり、ブランド力もつきます。

あなたの会社は仲介業者から好かれていますか?
まずは、仲介業者を味方につけましょう。あなたの会社のファンにしましょう。
それだけで売り上げは簡単にアップしますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。
  2. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  3. 売れない時は、世阿弥に学べ。
  4. 倒産する恐れのある建売会社の社長に共通する性格。
  5. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。

関連記事

  1. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

    不動産会社経営

    新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

    建売業者さんの対応でいつも残念だな、と思うことに「近隣対策」があります…

  2. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社には4つのステージがあります。そのため、それぞれのステージに…

  3. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  4. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  5. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    1997年のある日、1人の男が家で暇を持て余し、古新聞を束ねたり、山積…

  6. なぜあの不動産会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?

    以前お会いしたある新築分譲会社の社長の話。その新築分譲会社は小さな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!
  4. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。
  5. 大手不動産会社に学ぶ、売れる仕組みのつくり方。
  1. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
  2. 人材育成

    不動産会社経営

    「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。
  3. 経営者必見!社長の仕事してますか?

    不動産会社経営

    経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?
  4. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
  5. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
PAGE TOP