中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

不動産マーケティング

中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか?
その答えを見つけるには、価格競争していない会社を参考にするのが一番です。私が以前から注目している会社のひとつは、旭化成のヘーベルハウス。個人的には好きなタイプの家ではありませんが、私の住んでいるエリアではそこそこ人気があるようです。

近所で売り出されていた4区画の宅地のうち、なんと2区画がヘーベルハウス。決して安くない、いや、かなり高額な家にもかかわらず、この人気ぶりには興味がそそられます。まあ、営業トークがうまいとか、マーケティングの仕組みができているとかというのは、外部からはわかりにくい部分ですが、建物については、ホームページや住宅展示場に行けばある程度わかります。であれば、これを参考にしないのはもったいない。

そっくりそのまま真似するのは問題がありますが、コンセプトを参考にするのは賢い業者だといえるでしょう。そうやって調べてみると、ヘーベルハウスも私たちが思っている以上の品揃えがあるのがわかります。

質実剛健といった外観の建物だけでなく最近ではちょっとオシャレな感じの商品も増えているようで、これなら若い人にも人気があるかも・・・と思えるような品揃えになっています。その中で今回注目したいのが、「STEPBOX(ステップボックス) クロスフロアのある家」。

特徴は、都市部でも日当たりや風通しを得ることができる2階リビングの床をちょうど良いレベル(約80㎝)に下げることで、天井の高いのびのびとしたリビング空間を設けたこと。リビング下(1階)の空間は、床を下げること(約40㎝)で“こもり感”のある隠れ家的な部屋としています。

リビング空間が層をずらして設置されていることで、1階からも2階からも視線が繋がり、コンパクトな家とは思えない広がりを感じることができます。また、全ての空間を仕切りの無い連続空間とすることで、開口部から注ぐ光と風が家中をめぐります。

さらに、1階の各空間は、引き戸で仕切れば落ち着いた個室となり、開ければ大空間に繋がるので、どこにいても家族の気配を感じられる、融通性の高い空間となっています。そのため、家中のあらゆる場所で居心地の良い居場所を見つけることができます。

インテリアについては、今回のターゲット層(子育て世代の30代)に合わせて「カフェミックス」を採用。形式にとらわれず、自分の感性でお気に入りを集め、気楽にくつろげる雰囲気を演出しやすくしています。

コンセプトモデルの延床面積は、118.16m2(35.8坪)ですが、コンパクトな建物とは思えない、豊かな空間を実現しています。ちなみに価格は、3,000万円弱。さすがハウスメーカー。

ここまでの価格は出せないけど、こんな家に住んでみたいという人向けに同じようなコンセプトの建売住宅を考えてはいかがですか?ヒットするかもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?
  2. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  3. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  4. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  5. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

関連記事

  1. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。

    不動産業界に入って32年、独立してすでに24年が経ちました。バブル…

  2. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。

    「何であんな物件が売れるんだ!」「俺なら絶対買わないけど・・・」 …

  3. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    先日、ある大手ハウスメーカーの担当者と話をする機会がありました。誰もが…

  4. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  5. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

    売れない時代に入ってくるとやたらと増えるのがオープンハウス。中堅の仲介…

  6. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    手前味噌で恐縮ですが、私が他のコンサルタントと違うのは、不動産営業を知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  2. 建売業者も営業力の時代。
  3. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 知ってる人だけ得をする!不動産広告と心理学の関係。
  4. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  5. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  1. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  2. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  3. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?
  4. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?
  5. 不動産マーケティング

    有名建築家の作品なら高くても売れる!?
PAGE TOP