自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

不動産マーケティング

自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。

あなたは最近、他業者の物件を何軒見ましたか?
コンサルティングを始める時に、こんな質問をすることがあります。特に、商品企画を社長がやっている場合はこの質問はとても重要。差別化をはかる上で、ライバルの動向を知っておくのは必要最低限のことだからです。

当然、「近隣の業者の物件は全部見ていますよ」という返事が返ってくると思いきや、大抵は「最近は他社の物件は見てないなぁ…」という返事がほとんど。ほとんどの建売業者さんは、ライバルの物件を見ていません。

もちろん、近隣の物件についての情報を全く知らないということではありません。どこで、どんな業者が、いくら位で物件を販売しているということは理解しています。しかし、建物の中や住宅設備、外構、間取りなど、細かなことまでは現地でチェックしてはいないのが現状です。

他社は気にしない、我が道を行くという考えの方もいらっしゃるでしょう。それはそれで、ひとつのポリシーですから否定はしませんが、苦労の種になる可能性もあります。なぜなら、最近のお客様は比較して購入するというやり方を取る人が多いからです。

ネットで商品の情報を調べて、その商品を販売しているお店に行って手にとって確かめる。そして、家に帰ってきて再度ネットで検索して最安値のお店を探して買う。こんな流れの人が増えているからです。あなたもヤマダ電機に行って商品を確かめてから価格.comで最安値のお店を探して購入したという経験ありませんか?

つまり、商品購入の前に、情報収集して比較検討するということが当たり前になっている人が増えているということ。だからこそ、売主であるあなたは他社の動向も気にする必要があるのです。そのためには、あなたの目でライバルの物件を確かめること。肌で実感することです。

実際、自動車会社では他社と比較するのは当たり前になっています。自社の車を検討している人にわざわざ自社のホームページ上で、「他メーカ比較」というコーナーを作ってお客様がよく比較している車の価格やスペックを公開しています。お客様の購買動向に合わせた商品情報の公開をしているのです。

もちろん、今すぐ自動車メーカーと同じようにしましょうというわけではありません。ただ、ライバル業者の商品を知っておいて損になることは何もありません。自社の強みや弱みがわかるだけでなく、弱みに対して事前に対策が取れるからです。売れる新築一戸建てをつくるために、まずはここからスタートしましょう。意外なヒントが見えてくるかもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  2. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  3. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。
  4. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  5. 新築分譲住宅は現場力が決め手。

関連記事

  1. 中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?

    不動産マーケティング

    中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?

    中小の建売業者にとって、最近のお客様の動向を知るのは至難の技。そこで活…

  2. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    不動産マーケティング

    スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。

    「スタバ空白県」だった鳥取県に、ついに「スターバックスコーヒー シャミ…

  3. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    あるカーディーラーの話。あるカーディーラーが同じ車を同じ場所で売り…

  4. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    不動産マーケティング

    残念!こんな不動産の値下げは失敗する。

    売れ行きの悪い物件を抱えた多くの建売業者さんや不動産会社が犯すミスがあ…

  5. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    あるメンズアパレル通販会社の話。新しい会社ながら、最近めきめきと売上げ…

  6. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

おすすめの記事

  1. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  2. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  3. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。…
  4. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  5. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  1. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。
  2. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  3. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?
  4. なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ売れてる不動産会社は売れた理由にこだわるのか?
  5. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
PAGE TOP