口コミ

不動産マーケティング

新築分譲住宅、口コミで評判を広げる裏技とは?

建売業者さんの最大の弱点、それは販売力。
自社で販売部隊を持っている会社も含め、販売力が弱いのが弱点です。とりわけ、いい物件をつくっている建売業者さんほどその傾向が強い。販売力と売上の関係に気づいていないためいい物件をつくることだけに精力を注いでしまいます。

「いい物件をつくれば売れる!」というのは、幻想。これに固執している限り、大きな売上、安定した売上にはつながりません。だからといって物件はテキトーでいいということではありません。当然、いい物件であることは必要ですが、いい物件であることと、売上が伸びることは別だということです。

多くの建売業者さんはいい物件さえつくれば口コミで売れると勘違いしています。最近は、ツイッターやフェイスブックなど口コミが生まれやすいツールが増えてきましたが、それでもいい物件の評判が勝手に拡散していくことはありません。むしろ、拡散するのは悪い噂ばかり。いい評価をしようものなら、それって宣伝?と逆に叩かれてしまいます。

実際、業者の評判などを知るサイトは、他業者からの罵詈雑言の嵐。まともな業者なんているの?というほど悪意に満ちたコメントで溢れています。それほど、口コミを起こすのは難しい。

では、どうしたらいい口コミが起きるのか?

それは、マスコミを利用すること。マスコミに取材されることです。多くの人は、新しい情報、面白い情報というのはマスコミが自分たちで探して取材するものだと思い込んでいます。正直、私も昔はそう思っていました。いや、大抵の人はそう思っているはずです。しかし、現実は違います。現実は、こちらからマスコミに情報を流して、取材してもらうことが多いのです。

実際、私も過去に何度かマスコミの取材を受けましたが、実は、ネタを流したのは私。こちらから取材してもらえるようマスコミに働きかけたのです。これがプレスリリースというやり方なのですが、忙しいマスコミにとっては結構重宝されるやり方です。

マスコミに取材されるメリットは、口コミ情報より信憑性が高いこと。情報の質が高まることです。口コミ情報の裏付けにもなるので情報を拡散する人も安心して情報を流せることです。そのうえ、何度か取材されると今度はその取材された記事が信用となって、他のマスコミからの取材が増えるというおまけもあります。口コミが口コミを生むという現象です。こうなるとしめたもの。どんどん善循環で口コミが広がっていきます。

口コミは起こるものではなく起こすもの。
口コミを起こす力も販売力のひとつですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  2. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  3. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。
  4. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?
  5. 長期的に儲かる建売会社をつくるために経営者がすべきこと。

関連記事

  1. 不動産広告はwantsを引き出せ!

    不動産広告

    不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

    枕ひとつが、25,000円〜35,000円と聞いてあなたはどう思うでし…

  2. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    人間とは不思議なもので、いつの間にか自分の常識が世間の常識だと思ってし…

  3. 不動産マーケティング

    妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。

    以前あるセミナーで、妖怪ウォッチが話題になりました。もともとはニン…

  4. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

  5. 売れない新築住宅に共通することとは?

    不動産マーケティング

    売れない新築分譲住宅に共通することとは?

    売れない新築分譲住宅を見ていて思うこと。 それは、お客様が見えてい…

  6. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    不動産マーケティング

    中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。

    価格競争から抜け出すためにどうしたらいいか? その答えを見つけるに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産ビジネスに携わる人の正しい本の使い方。
  2. ブランディングは気遣いから。
  3. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?
  4. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  5. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  1. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  2. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  3. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

    不動産マーケティング

    不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  4. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?

    不動産マーケティング

    儲かる建売会社へ体質改善しませんか?
  5. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?

    不動産マーケティング

    拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
PAGE TOP