不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

不動産広告

不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!

「◯◯◯が売れている。という噂は本当です。」
というチラシがありました。これは、ある都心の大規模マンションの第二期予告広告のコピーです。

表面は、物件の情報を中心に、裏面は、販売状況や購入者、来場者の情報をふんだんに盛り込んだチラシになっています。今までのチラシとの違いは、商品情報中心のチラシから、販売結果、購入している人たちなどの情報を盛り込んだ「コンテンツ充実型」のチラシになっている点。なかには、夕刊のタブロイド紙のように複数ページにわたるチラシ(?)もあります。

最近、このようなチラシがマンション業界を中心にじわじわと増えています。
理由はいくつか考えられますが、最大の理由は、購入する人の探し方が変わったということでしょう。そして、それに対応するためにはこのようなチラシのパターンが効果的だということです。

ここ数年、インターネットなどの普及により消費者がモノを購入するパターンが変わりました。インターネットなどで先に情報を集め、実際に利用している人の生の声を聞いて、良さそうだなと判断してから行動し、自分で商品を確かめてから購入する、そんなスタイルに変わってきたのです。つまり、むやみやたらに行動しなくなったということ。これは高額な商品、購買頻度の少ない商品ほど顕著な傾向があります。失敗したくない、という思いが強ければ強いほど、人は慎重になるからです。

では、売主はどうしたらいいのか?

答えは簡単です。彼らの行動を妨げる心配を払拭してあげればいいのです。そのために必要なことのひとつが、コンテンツ充実型のチラシなのです。このチラシのメリットは、お客様が欲しい情報を事前に提供できること。

実際の販売状況はどうなのか?
どんな人が来場しているのか?
どんな人が住んでいるのか?
住んでみた感想はどうなのか?

など、お客様が知りたい情報が予め掲載されているので、お客様が調べる手間が省けます。もちろん、売主が発信する情報ですから全てを信じてくれる訳ではありませんが、参考にはしてくれます。そして何より、大量の情報を発信できるのでお客様の購入の不安が少なくなります。

人が行動できない時というのは、情報が不足していて不安を感じている時です。
裏を返せば十分な情報があれば、人は行動しやすくなるということ。その意味でも、コンテンツ充実型のチラシは大量の情報を発信できるのでお客様を行動させるのに有利。今後、不動産集客の主流になっていくことでしょう。

もちろんこれは、新築分譲住宅にも当てはまります。
高額で購買頻度の低い商品を購入する人の悩みはマンションも一戸建ても同じ。つまり、大量に情報を発信した方が、購入してもらえる確率は高くなるということ。チラシに限らず、情報の発信が重要になるということです。

あなたの新築住宅はお客様の欲しい情報を発信していますか?
どんなにいい物件をつくってもお客様の欲しい情報が発信されていなければお客様は不安で行動できません。いい家と十分な情報は車の両輪のようなもの。どちらが欠けていても売れません。そこのところお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  2. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?
  3. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
  4. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  5. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

関連記事

  1. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    不動産広告

    なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    どうすれば売れる広告をつくれますか?とよく聞かれます。よく聞かれるとい…

  2. 建売会社が信じる間違った広告常識。

    不動産広告

    建売会社が信じる間違った広告常識。

    売れない物件を抱えたクライアントから「どうしたら売れるでしょうか?」と…

  3. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    不動産広告

    あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    建売業者さんにもいろんなタイプがあります。パワービルダー出身の人もいれ…

  4. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  5. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?

    建売業者さんはあまり知らないかもしれませんが、全国的にチラシの反応が悪…

  6. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    ある建売業者さんの話。その建売住宅は、駅徒歩3分、閑静な住宅街の東南角…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 間違いだらけの新築住宅の見せ方
  2. 弱点のある不動産の売り方。
  3. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  4. 新築一戸建て会社はゴミの日の法則に学べ。

おすすめの記事

  1. こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  2. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  3. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  5. 相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  1. 不動産会社経営

    伸び代のある経営者とは?
  2. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。
  3. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。
  4. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。

    不動産売却

    不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
  5. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。

    不動産会社経営

    建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
PAGE TOP