プレミア消費

不動産マーケティング

中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?

先日、ある建売業者さんと話しをしていた時のこと。

最近のお客さんは、お金に厳しくて…
値引きしないと買ってくれない…

そんなことをおっしゃっていました。この建売業者さんに限らず低価格志向のお客さんが増えている、売れ筋価格がどんどん下がっている、という話はよく聞きます。

野村総合研究所の調査によれば私たちの平均世帯年収は、

1997年 713万円
2012年 583万円

実に、15年間で130万円も下がっています。確かにこの数字を見ればお客様が低価格志向に走るのはよくわかります。しかし、その一方で面白いデータもあります。それは、一人当たりの消費支出額です。

2001年 221万円
2012年 216万円

こちらはなんと5万円しか下がっていません。つまり、年収は2割近く下がっているのに、個人の消費額はほとんど変わっていない。不景気にも関わらず相変わらずお金を使っているということです。

では、どのようなお金の使い方をしているのかということですが、最近10年間で最も増えているものは、プレミア消費と呼ばれるものです。プレミア消費とは、自分が気に入ったモノはたとえ価格が高くても購入するという消費です。その一方で減っているのは、安さ優先消費と呼ばれるもの。商品にこだわりはなく安ければそれでいいという消費形態。もっとも安さ優先消費は、購買層の中では30%を占める大きな層。下がったとはいっても存在感のある層であることは間違いありません。

つまり、価格の安さだけを追求する人も相変わらず多いけど、自分が気に入ったものに対しては、たとえ価格が高くても購入するという人も増えているということです。

これはそのまま建売住宅業界にも言えます。パワービルダーがつくる低価格住宅の人気は依然強い。しかし、本物志向の少し高額な住宅も売れている。

では、中小の建売業者はどちらへ向かうべきか、ということですが

やはり、プレミア消費をする客層へ向けた商品をつくることが重要でしょう。低価格住宅であれば最終的にはパワービルダーに負けるのは必至。仮に生き延びたとしても利益は少ないでしょう。それなら、プレミア消費をしてくれる客層に向けた商品をつくるのが得策。もちろん、簡単ではありませんがうまくプレミア消費者層の気持ちが掴めれば、一気にひとり勝ちできます。

大切なのはプレミア消費層がどんなものに価値を感じるのかを知ること。それがわかればわかるほど成功する確率は高くなります。研究してみてはいかがでしょう。

 

 

ピックアップ記事

  1. その色使い、間違っていませんか?
  2. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。
  3. 建売住宅販売は小さく攻めろ!
  4. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  5. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

関連記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

    不動産マーケティング

    これさえ抑えれば、建売住宅を売るのはカンタンです!?

    建売住宅を売るのは難しい・・・と普通の人は思っています。実際、建売業者…

  2. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

  3. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?

    「おいしい生活」で有名なコピーライターの糸井重里さんがコピーライターを…

  4. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    コンサルティングをしていて一番多い質問は、「どうしたら売れるようになり…

  5. 建売業者はマンション業者に学べ!

    不動産マーケティング

    売れる商品企画はマンション業者に学べ!

    建売業界とマンション業界、どちらがチャレンジ精神が旺盛かといえば明らか…

  6. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    不動産マーケティング

    一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    中小建売業者にとって、世の中のトレンドを知ることは、効率的な経営をする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  2. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  3. これからは建売会社もソフトの時代。
  4. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  5. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  1. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  2. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. あなたの建売住宅が売れない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅が売れない意外な理由。
  4. 正しいオープンハウスのやり方。

    不動産売却

    正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  5. 不動産集客

    反響は物件次第は間違った常識!反響率を左右する3つのポイント
PAGE TOP