あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

不動産マーケティング

あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。

地域密着の建売業者さんにとって悩ましい問題は、常に新しいお客様をその地域で見つけ出さなければならないことです。完成在庫があるのにすぐ同じエリアでまた新規の物件を販売しなければならない・・・というのは地域密着業者ならではの悩み。お客様がたくさんいる時なら、次の現場に振ることもできますが、逆の場合、完成在庫はますます立場が苦しくなります。結果として、圧力に耐えかねて値下げを繰り返すということもよくあります。
 
そこで考えなければならないことが、販売戦略です。どうやって予定した期日までに販売を完了するかという実行計画。これがないといつも景気という波に左右されることになります。一般的に、広告で捕まるお客様のうち、今すぐ購入してくれるお客様は全体の1%と言われています。それに対して、お悩み客、そのうち客と言われる人は、それぞれ9.5%。そして、まだまだ客というのが全体の80%を占めます。
 
で、通常仲介業者が相手をするお客様が今すぐ客。つまり、全体の1%の見込み客を各仲介業者が広告を使って奪い合っているのです。今すぐ客というのは、すべての買う条件が整っている人。物件さえ合えば今すぐ買ってくれる人ですから、簡単に決まります。仲介業者が広告や現地販売で狙うのは当然のことですが、その数はわずか1%。それを地域全体の仲介業者が狙うのですから簡単には見つかりません。そして、仮に見つかったとしてもその数が供給される物件の数に見合うことは、まずありません。つまり、今すぐ客だけを探していたら必ず完成在庫が生まれるということ。必ず売れ残りが出るということです。
 
では、どうしたらいいのか?
答えは簡単です。販売時期を早めること。そして、お悩み客、そのうち客と呼ばれる今すぐ客よりは少し面倒なお客様を育てることです。そこに目を向けられるかどうかで地域密着の建売ビジネスは大きく変わります。うまくいけば完成前にすべて完売できることになるでしょう。
 
ここで重要になってくるのが誰をターゲットにするかということ。
答えは、お悩み客とそのうち客です。今すぐ客は全体の1%。お悩み客とそのうち客を合わせた数は全体の19%。つまり、今の19倍もの人か潜在見込み客がいるということです。
 
このお客様を、土地を購入してから建物が完成するまでにしっかり教育して育てることができれば地域密着の建売ビジネスは今の何倍も楽になります。それができるかどうか、それに取り組む意思があるかどうかで地域密着の建売ビジネスは大きく変わります。
 
必要なのは見込み客を教育する仕組み。
それを持つか持たないかで今すぐ客だけを相手にするビジネスとお悩み客、そのうち客を相手にするビジネスに変わります。もちろん、お悩み客やそのうち客を相手にするビジネスは簡単ではありません。それなりの努力と仕組みが必要です。しかし、いったんその仕組みが回りだすとその規模は今までの19倍にふくれ出すということ。圧倒的な会社に変貌できることになります。さて、それでもあなたはあなたは今までの売り方を続けますか?

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売住宅のヒントはこうやって掴め!
  2. 中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。
  3. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  5. 不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    安さを追えば追うほど売れなくなる理由。

    仕事柄、時々聞かれる質問があります。それは、「どこか安い工務店知ら…

  2. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    先日、ある大手ハウスメーカーの担当者と話をする機会がありました。誰もが…

  3. 購入者の属性、把握していますか?

    不動産マーケティング

    購入者の属性、把握していますか?

    私が口を酸っぱくするほどクライアントさんに言うことの一つが、「購入…

  4. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    アキュラホームが最近の住宅傾向について発表しました。この調査は、同社が…

  5. これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    不動産マーケティング

    これだけ知れば大丈夫!売れる建売住宅をつくる公式とは?

    建売住宅に限らず商品が売れるかどうかは需要と供給で決まります。 …

  6. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。

    よくある建売業者さんからの相談のひとつに、レインズに掲載しているのに売…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。
  2. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ…
  3. 建売業者は広告力を磨け!
  4. 人はなぜ借金してでも家を買うのか?
  5. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  1. その不動産営業、煽りすぎていませんか?

    不動産マーケティング

    その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  2. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。

    不動産会社経営

    用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  3. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?
  4. 不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は売れたり、売れなかったりするのか?
  5. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
PAGE TOP