不動産マーケティング

妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。

以前あるセミナーで、妖怪ウォッチが話題になりました。

もともとはニンテンドーの3DSゲームだったのですが、テレビアニメ化されてからは関連商品が大ヒット。社会現象に
なっているそうです。というのも、私自身は、なんとなくは知っているのですがアニメを見たことも、ゲームも知りません。ただ、そこで話題になったのは妖怪ウォッチの大ヒットは意図的に仕掛けられたものだということ。ヒットの法則にもとづいて仕掛けられた商品だったということです。

となると、ヒットの理由を調べないわけにないきません。早速、妖怪ウォッチのヒットの理由について調べてみました。まずどんな話かということですが、

主人公は普通の小学生のケータ。彼はある日、妖怪執事と出会い、妖怪が見える腕時計「妖怪ウォッチ」を手に入れます。そして、彼の周りには無数の妖怪が存在し、彼らが事件や事故から、失敗や面倒くさいことまで、ありとあらゆることを引き起こしていることを知ります。

ケータは時計を着けることでそうした妖怪が見えるようになり、妖怪たちと戦って勝利すると、妖怪は友達になりメダルを渡してくれます。そして、メダルを腕時計に入れるといつでも妖怪を呼び出せ仲間として戦ってくれるのです。こうして身の回りに起こる様々な問題を妖怪たちと協力しながら解決していくという物語です。

ここに隠されているヒットの要素は、3つ。

ひとつは、収集という要素。
妖怪ウォッチにはユニークで可愛らしい妖怪が次々と登場します。その数は数百。それがすべてメダルとなっているのですから集めたくもなるもの。滅多に手に入らない「レアメダル」もあり、さらに収集欲を刺激する仕組みになっています。

2つ目は、参加という要素。
アニメやゲームは本来テレビやゲーム機の中でしか楽しめません。それが、自分の体を思いっきり使って楽しめるようにいろいろと工夫されています。まず、ケータと同じように腕時計を着けることができる(玩具)。同じように腕時計で妖怪を呼び出して遊ぶことができる(マネできる)。同時に、キャラクターのメダルを集めることは、メンコや切手集めと同様に昔からある楽しみ方です。

他にも「ようかい体操」で、一緒に踊ったり、それを動画サイトにアップしてみんなで楽しむこともできる。実際、多くの小学校の運動会でも踊られているそうです。

そして最後が、共感の要素。
これが最大のヒット要因なのですが、制作会社は、子どもたちの共感を最重要項目に設定して、アンケートや聞き取り調査をし、現代の子どもが抱える悩みや特有のあるあるネタを取り込んでいくことにしたそうです。その数なんと、500件以上。その結果、主人公はドラえもんののび太くんのように何をやってもダメな子ではなく極めて平均的な子に設定しています。

話題は、学校でトイレの大に入れない…とか、忘れ物をお母さんが学校まで届けるのが恥ずかしい…、など、子どもたちのあるあるネタを取り上げています。だから、すぐに共感でき主人公に感情移入できるのです。

まさに、ヒットすべくしてヒットした作品。さすがです。

キーワードは、
収集、参加、共感。

もちろん、これらの要素はそのまま建売住宅の販売にも利用できます。とりわけ一番取り組みやすいのは、共感という要素。建売住宅を買う人や、買った人に聞き取り調査をして、どんな悩みを抱えていたのか、なぜ購入しようと思ったのか、を妖怪ウォッチの開発チームのように徹底的に調べ上げる。そうすれば、建売住宅を購入する人が簡単に共感できる家をつくることができるということです。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  2. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  3. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
  4. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  5. 建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!

関連記事

  1. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    売れる建売住宅をつくる上で欠かせないもののひとつ、それが「間取り」です…

  2. クローゼットで差別化

    不動産マーケティング

    賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。

    都市部などの新築アパートで、ここ数年新婚カップルをターゲットにした1L…

  3. イマドキの不動産の探し方。

    不動産マーケティング

    実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。

    「次女が、家を買うことになりまして。どうしてもお父さんに見てほしいって…

  4. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    ペルソナマーケティングってご存知ですか?ペルソナとは、データをもとにつ…

  5. 不動産マーケティング

    あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

    売れない時代に入ってくるとやたらと増えるのがオープンハウス。中堅の仲介…

  6. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    建売住宅や不動産の売れ行きを左右するものの一つに情報へのアクセスのしや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?
  2. こうすれば高額な家は売れる!高額な家を売るために絶対に外せな…
  3. 建売業者は売れた理由に執着しろ!
  4. あなたの新築住宅が即日完売できない最大の理由。
  5. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  1. 建売住宅を即日完売させるための3原則

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  2. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。
  3. 不動産広告の8秒ルールとは?

    不動産広告

    不動産広告の8秒ルールとは?
  4. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  5. e-住み替え

    不動産マーケティング

    ”e-住み替え”誕生物語。
PAGE TOP