不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

不動産会社経営

不動産仲介業者をリスペクトしていますか?

建売業者さんと仲介業者さんは、本来パートナーであるべきです。しかし、その関係はとてもパートナーと呼べるものではないことが多い。理由はいろいろ。建売業者さんからすれば、いい加減な業者が多いのが最大の理由。現地にかってに捨て看板を貼ったり、広告禁止だというのに、平気で広告したり。

オープンハウスを任せれば、「只今、担当者が席をはずしています。すぐに戻りますので、御用の方は下記までお電話ください」と、ろくに現地にもいない。挙げ句の果てには案内したいというから鍵の番号を教えると窓は開けっ放し、電気はつけっぱなし、戸締りもできない。こんな業者が後を絶たないわけですから建売業者さんが仲介業者を信頼できないのも無理はありません。しかし、仲介業者がいなければ売れないのも事実。なんとか、関係を改善できればもっと成約率は上がるのですが・・・

そこで、オススメなのが建売業者さんが自社で販売してみること。営業マンを雇って、本格的に販売をはじめるのではなく、自社で仲介業者がやっているのと同じことをやってみることです。オープンハウスをやってみる、折り込みチラシを撒いてみる、ポスティグをしてみるなど、仲介業者の営業を実際にやってみることです。

建売業者さんというのは、基本的に売主の方がエライと思っています。物件さえ良ければ売らせて欲しい業者なんていくらでもいる、という考えがどこかにあります。だから、仲介業者をパートナーとは思えない。建売業者>仲介業者 という関係をつくってしまいます。

もちろん、仲介業者も売主に対するリスペクトがない業者も多いのは事実。しかし、お互い対立していてはメリットは生まれません。そこで、まずは相手の立場を理解することが必要になってきます。そのためには、相手の仕事を知ること。相手の苦労を知ること。これが一番てっとり早い方法。それがわかると相手に対する接し方は一気に変わります。

仲介業者が売主に対するリスペクトがないのは、売主が仲介業者をリスペクトしていないから。売主が仲介業者をリスペクトするようになると、仲介業者も売主をリスペクトするようになります。そうなれば、お互いが本当の意味でビジネスパートナーになれます。

物件が良いだけで売れる時代は終わりました。
物件が良いのは当たり前。物件が良くても簡単に売れない時代です。

あなたは仲介業者をパートナーにしていますか?

仲介業者をあなたのビジネスパートナーに格上げしましょう。
それだけでもっと売れる建売業者になれますよ。

 

ピックアップ記事

  1. お金をかけずに物件の魅力を2割増しで伝える方法。
  2. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  3. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  4. 実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  5. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

関連記事

  1. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    勉強好きな経営者の方に、時々質問されることがあります。 そのひとつ…

  2. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。

    中小企業が成長するうえで欠かせないのが、人材採用。どんな人材を採用でき…

  3. 中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    不動産会社経営

    中小の新築分譲会社はフレッシュネスバーガーを目指せ!

    フレッシュネスバーガーってご存知ですか? フレッシュネスバーガーは…

  4. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。

    以前、ある新築分譲会社をコンサルティングした時の話。 その業者さん…

  5. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも…

  6. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    先日、あるクライアントさんにこんな質問をされました。それは、これからの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  2. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  3. その色使い、間違っていませんか?
  4. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  5. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?
  1. 不動産はたった「ひと言」で売れる!

    不動産広告

    効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。
  2. 決断力の磨き方。

    不動産マーケティング

    イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  3. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
  4. 不動産マーケティング

    売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  5. 売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。

    不動産売却

    売れない完成在庫を売る最も簡単な方法。
PAGE TOP