たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

不動産マーケティング

たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

商品を売る上で、もっとも効果的な方法は自社の強みで勝負すること。
競合(ライバル)が持っていないもので、あなたの商品にしかないもの、そして、それがお客様を魅了するものであれば、商品の販売はとても楽になります。

そのためには、自社の強みを発見しなければいけないのですが、これが簡単なようでなかなか難しい。なぜなら、どこも同じような機能、性能を備えているからです。

そこで参考にして欲しいのが、アル・ライズが「ポジショニング戦略」の中で著したジャマイカの例。カリブ海に浮かぶ無名の島「ジャマイカ」をどうすれば観光地として有名にするかという事例です。

ジャマイカが位置する”カリブ海”を観光客の視点で眺めてみると、バハマ諸島、プエルトリコ、ヴァージン諸島、バミューダという4大ライバルが周りにいることがわかります。そして、どの島も観光客はジャマイカよりも多い状況。

基本的に、どの島もカリブ海に面しているので「ヤシの木が立ち並ぶ、トロピカルで綺麗なビーチ」というイメージは同じです。それでもどこか違っているところはないか?と比較をしていくと、2つほど特徴的な点が見えて来ました。それは、

1つ目が、各国の最高地点(高度)。
ジャマイカには「ブルーマウンテン」という2000メートル級の山があるので、周りの国と比べてはるかに高度が高いということがわかりました。

そして、2つ目が各国の広さ(面積)。
こちらも、周りの国と比べてジャマイカがダントツで大きいということがわかりました。ジャマイカという島には、100キロを超える広大な美しいビーチがあって、それでいて、2000メートル級の緑あふれる火山もあるのです。

これだけでも十分違いを打ち出し、競合を遠ざけるプロモーションができそうな感じですが、ここでもう一つのポイントを絡めることができると、もっと簡単に、もっと早くおいしいポジションを取ることができます。

それが、「すでにお客さんの頭の中で関心を掴んでいるものと結びつける」という方法です。これができれば、少ない予算でいいポジショニングができ、時間とお金を大幅に短縮することができます。

ここでもう一度ジャマイカの強みをおさらいしてみると、

ポイント1:「カリブ海に浮かぶ島国」
誰もいない綺麗な砂浜のビーチ、ヤシの木、高原やジャングルなど、緑豊かな風景。

ポイント2:「カリブ海の国の中で、最も高度が高く、面積も広い」
100キロを超える広大な美しいビーチがありそれでいて、2000メートル級の緑あふれる火山があるので、海でも山でも遊べる。

そして、この2つを並べて考えてみると、ジャマイカより有名な人気観光地との共通点が見えてきます。そう・・「ハワイ」です。「ハワイ」と言えば、世界中の観光地の中ですでに絶大な人気を得ている観光地。だとすれば、これを借りない手はありません。それが「カリブ海のハワイ」です。

この一言で、ジャマイカという無名の島はカリブ海でもっとも魅力的な観光地に早変わりします。あとは「カリブ海のハワイ」という言葉を浸透させるだけ。それだけで他の島を圧倒する観光地になります。

大切なことは、競合にない強みを見つけること。そして、それをお客様がすでに持っているプラスのイメージのものと結びつけることです。「○○のような○○」という言葉で表現できれば商品のイメージは一気に加速します。

あなたの売りたい物件はどんなイメージですか?それはどんな言葉に置き換えることができますか?まずはそれをじっくり考えましょう。あなたの物件にピッタリのイメージが見つかった時、あなたの物件は一気に売れる物件に変わります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  2. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。
  3. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  4. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  5. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。

関連記事

  1. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    真面目な建売業者さんが陥る思考、それは、人は合理的に判断するという思考…

  2. 不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?

    不動産マーケティング

    不動産マーケティングの常識「1:19:80の法則」とは?

    あなたは、1:19:80の法則を知っていますか?これは、商品に対する見…

  3. ディズニーランドと不動産マーケティング。

    不動産マーケティング

    ディズニーランドと不動産マーケティング。

    あなたは「マーケティング」と聞いて何を思うでしょうか?Wikipedi…

  4. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    アキュラホームが最近の住宅傾向について発表しました。この調査は、同社が…

  5. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  6. 儲けたかったらターゲットを変えろ!

    不動産マーケティング

    儲けたかったらターゲットを変えろ!

    以前、ネットを見ていたら「90分待ち!?ニューヨークで超満員な日本の定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。
  2. 知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  3. 不動産売却、鉄板の販売法則とは?
  4. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  5. 建売業者も営業力の時代。
  1. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  2. 知ってる人だけ得をする!不動産広告と心理学の関係。

    不動産広告

    知ってる人だけ得をする!不動産広告と心理学の関係。
  3. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    不動産会社経営

    不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。
  4. 建売業界は知恵で差別化する時代。

    不動産マーケティング

    建売業界は知恵で差別化する時代。
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
PAGE TOP