売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

不動産マーケティング

売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

先日、ある有名なコンサルタントが経営者を集めて面白いセミナーを開催しました。
それが、女装セミナー。有名な女装家を招いて、経営者に女装を体験してもらうというものです。

これだけ聞くとなにやら怪しい雰囲気がしてきますが、実はいたって真面目なセミナー。経営者に女性の気持ちを理解させるのが目的のセミナー。実際に女性になって女性目線というものを体験しようというものです。

さすがに、参加者は多くなかったようですが、それでも参加する人がいるというのも驚き。ただ、実際に体験した経営者によれば、女性が毎日こんな面倒な化粧をしているということがわかっただけでもよかった、と言っているそうです。

まあ、女装は極端だとしても、料理や掃除、洗濯などは実際にやってみるのはおすすめです。最近では、女性建築デザイナーがつくった家というのもチラホラ見かけますが、それでも建売業界では少数派。ほとんどが男性の企画する家です。

そのため、目線はほとんどが男性目線。
女性を理解しているとはいっても想像しているだけ。設計する人や、経営者、企画者の年齢が購買層とかけ離れている場合は、知らず知らずのうちに魅力を感じない家をつくっている可能性が高いのです。

頭で想像する購買層の趣味、嗜好と実際の購買層の趣味、嗜好は大きく違うのが当たり前。そのギャップを埋めるのが、購買層と同じ体験をすることです。女装しろとはいいませんが、せめて料理や掃除、洗濯はやってみるべき。使いやすいキッチンはどんなキッチンか掃除や洗濯を効率良くやるにはどんな間取りがいいのかが手に取るようにわかります。

それと、もうひとつおすすめなのが購買層のお客様が呼んでいる雑誌を購読すること。これはかなりオススメ。そこにどんな記事が書かれているか、どんな特集が多いかをチェックすると最近のトレンドがわかります。

雑誌業界も今は大変な業界。消費者のハートを抑えないとすぐに廃刊になってしまう時代です。それをうまく利用することです。私たちの代わりに市場調査をしてくれているようなものですから、それに沿った住宅を企画すればお客様の気持ちを掴むのはカンタン。場合によっては、雑誌社とコラボレーションして家をつくるというのもアリです。

大切なのは、本当に消費者目線を体感すること。頭のなかで想像するのと実際の体験から得るものは全く違うということを理解しておくことです。さぁ、今日から奥さんの代わりに料理や掃除、洗濯をやってみましょう。家庭円満になるだけでなく大きなビジネスチャンスも得られますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  2. これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  3. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  4. 伸び代のある経営者とは?
  5. なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

関連記事

  1. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    不動産マーケティング

    あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    建売住宅の場合、完成物件はそのままモデルハウスです。新築マンションやハ…

  2. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  3. 建売住宅販売は小さく攻めろ!

    不動産マーケティング

    建売住宅販売は小さく攻めろ!

    建売住宅が売れない原因はいろいろあります。商品企画、価格、立地、販売手…

  4. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    不動産マーケティング

    中小建売業者は販促ツールを強化しろ!

    先日あるクライアントからこんな質問を受けました。それは、 「売上を…

  5. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    VOSSというミネラルウォーターを知っていますか?ノルウェーのミネラル…

  6. 口コミ・紹介

    不動産マーケティング

    建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。

    あなたのビジネスを発展させる上で欠かせないもの、それが差別化。差別化と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  2. あなたの会社にはビジネスの設計図ありますか?
  3. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。
  4. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?
  5. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  1. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。
  2. バブル世代の価値観が通用しない理由。

    不動産マーケティング

    バブル世代の価値観が通用しない理由。
  3. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?
  4. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  5. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。
PAGE TOP