こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

不動産マーケティング

こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。

以前、ある企業の個人情報流出が大問題になったことがありました。
個人情報を提供した覚えのない業者からDMが来た、というのが発端らしいのですが同様のことは私たちもよく経験します。正直なところクレジットカード番号が盗まれていた・・・というのなら驚きますが、住所や名前程度なら、今更という感じ。

私も携帯のアドレスが変わったばかりなのに、知らない業者からばんばんメールが入ってきたことがありました。どこにも登録していない時期だったのでスパムメールが入るということは、携帯業者から情報が漏れているとしか考えられませんが、遅かれ早かれこの程度の情報は漏れるものと諦めたものです。

ただ、こんな問題が起こると私たちの仕事に影響が出ないわけではありません。やはりお客様は、個人情報を開示するのに慎重になります。問題が起きたのは、教育産業の業界最大手。業界最大手ですら、あの状況なんだから中小企業は推して知るべし、と警戒する人も増えてくるでしょう。つまり、中小の不動産会社への問い合わせに慎重になる人が増えてくる、ということです。

では、どうすればいいでしょう?
解決策は簡単。逆にこちらから積極的に情報を開示していくことです。

昔から不動産業界、建売業界は情報を開示しないのを良しとしてきました。問い合わせがあってもお客様が個人情報を伝えないと詳しい住所を教えない・・・、詳しい情報は事務所に来ないと教えない・・・など、まずお客様の個人情報を先に出させるという上から目線の営業が巾を利かせてきました。もちろん、このような営業方法にもそれなりの理由があり、効果があったからこそ続けられてきたのですが、今の時代にそぐわなくなったのも事実です。

人は素性のわからないものに対しては慎重になります。逆に、相手のことがよくわかっていると寛大になります。つまり、相手が先に情報を開示すると自分をさらけ出しやすくなるのです。

以前、ある住宅の新築見学会で「私が建てました」という看板とともに大工さんが自分の家族と一緒に写っている写真が飾られていました。そこには大工さんの詳しいプロフィールと共にひと言、

「家族や子どもに恥ずかしい家は建てていません」

と添えられていました。地元ではナンバーワンの会社でしたがさすがだな、と感心したのを覚えています。

相手の心を開かせるにはまず自分の心を開くこと。
お客様から安心して問い合わせをしてもらうためには、先に売主から全ての情報を開示しましょう。お客様が安心して問い合わせできる環境づくり、それが売主のもっとも重要な仕事です。

 

ピックアップ記事

  1. これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!
  2. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。
  3. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
  4. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
  5. 有名建築家の作品なら高くても売れる!?

関連記事

  1. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    不動産マーケティング

    建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。…

  2. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産の営業経験がある建売業者さんならわかると思いますが、お客様を案内…

  3. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    不動産マーケティング

    一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    中小建売業者にとって、世の中のトレンドを知ることは、効率的な経営をする…

  4. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  5. 本当の理由

    不動産マーケティング

    知らないでは済まされない!あなたの物件が売れた本当の理由。

    以前から気になっていた建売住宅が完売しました。そこそこの激選区に登場し…

  6. 不動産マーケティング

    物語が売上を伸ばす時代。

    わが家のすぐそばでスウェーデンハウスの新築工事がはじまりました。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 不動産集客はキャッチコピーが8割。
  2. なぜ建売会社は定価販売が重要なのか?
  3. あなたが値下げ前にやるべきこととは?
  4. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉と…
  1. こうすれば新築住宅は青田で売れる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  2. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

    不動産売却

    新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!
  4. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。
  5. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?
PAGE TOP