中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

不動産会社経営

中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

これから売れる建売会社は「小さな会社」。最近、そんな気がしてなりません。
小さな会社がいいというのは、トップダウンが簡単だから。社長のツルの一声で物事が進んでいくからです。

だから、小さな会社でも社長が優柔不断だとうまくいきません。逆に、大きな会社でも社長の権限が強く、ツルの一声で会社の方向性が決まるような会社であればどんどん伸びていくでしょう。

なぜ、そんなことを思ったのか?
それは、中堅クラスやそれ以上の建売会社を見ているトップダウンができていないなぁと感じることが多いからです。ある程度の規模になってくると、社員の意見を聞いて考える、取引先やいろんな人の意見を聞いて考える、という経営者が多いのですが、これって、間違いです。

一見、民主的で正解のような気がしますがこれをやっている会社は大きな成長ができません。なぜなら、今の枠組みから大きく外れたことができないからです。だから、いつまでたっても現状の枠組みの中で修正をするだけ。当然、売上も大きくは変わりません。

以前、ある会社でこんなことがありました。
社長からの提案で販売図面を変えようということになったのですが、なかなかいいアイデアが浮かびません。そんな時に、私に声がかかりました。何かいい販売図面はつくれないかと。

いい販売図面というのが何を意味しているのかが問題でした。私の解釈では、いい販売図面というのは売れる販売図面のこと。売上に影響を与える販売図面がいい販売図面ではないか、と社長に伝えました。その段階では、社長も納得していたのですが、いざ販売図面ができてくると異論が続出したのです。

まず、異論を出したのが今まで販売図面をつくっていた担当者。その次が、古参の営業部長。その結果、どうなったかというと修正に修正を重ね、以前とほとんど変わらない販売図面に戻りました。

面白いのは、当初の販売図面は一度も世に出ることなく修正されたこと。売上に影響が出るか出ないか結果が出る前にその案は潰されてしまったのです。

人間というのは、保守的です。どんなに苦しい状況にあってもその状況の中で居場所を見つけ快適に暮らそうとします。だから、新しいものは嫌いです。その結果、時代に取り残されます。

私たちがどれだけ現状維持を願っても、時代は過ぎていきます。そして。昔のやり方では対応できないことも増えていきます。それを解消するには、新しいものに積極的に取り組むしかありません。それを推進するのが社長の役割です。

建売住宅が以前のように売れた時代は終わりました。これからは弱肉強食の時代。変わらなければ淘汰される時代です。まずは社長が変わりましょう。そのために違和感のあることにチャレンジしましょう。保守的になっては衰退するだけで
すよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  2. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  3. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  4. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  5. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。

関連記事

  1. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    もしあなたが、売上が安定する会社にしたいなら、必ず取り組むべき施策があ…

  2. 相談する相手間違えていませんか?

    不動産会社経営

    その商品企画、相談する相手間違えていませんか?

    コンサルタントという仕事柄、商品の企画やサービスについて提案することが…

  3. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    以前、ある不動産業者さんをコンサルティングしたときの話。 確か、無…

  4. 売れる不動産会社になるための非常識のススメ

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。

    不動産会社、新築分譲会社向けのサービスのひとつに売れる販売図面作成サー…

  5. 経営者必見!社長の仕事してますか?

    不動産会社経営

    経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?

    あなたはリーダーの仕事とマネージャーの仕事の区別ができていますか?7つ…

  6. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    不動産会社経営

    建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

    建売業社さんにもいろんなタイプがあります。大きく事業展開したい人もいれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  2. 建売業者も営業力の時代。
  3. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 日当たりの悪い家の売り方。
  2. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  3. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  4. あなたの建売住宅を即日完売させるための3原則。
  5. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  1. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  2. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?
  3. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。
  4. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?
  5. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?

    不動産売却

    現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
PAGE TOP