不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

不動産売却

不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れない…のであればその最大の原因は、物件が知られていないことにあるかもしれません。

もちろん、広告はしているでしょうし、レインズにも、アットホームにも情報は流しているかもしれません。しかし、2、3回広告するだけ、レインズやアットホームに情報を掲載するだけではあなたの物件が十分告知できているとは言えないのです。

売主にとって理想的な状態というのは、すべての仲介業者があなたの物件を知っていることです。知っているというのも、なんとなく知っているという状態ではなく、記憶にしっかり残っている状態。こんな条件のお客様が来たらこの物件を紹介しよう、と常に頭の中にある状態です。

そんな状態の仲介業者がひとりでも多くいれば、それだけであなたの物件が売れる確率が高まるということ。そんな状態をつくることが売主の役目、売主の営業活動です。

だから、レインズやアットホームに掲載するのは当然のことですが、それだけでは不十分。なぜなら、掲載されていても仲介業者の脳には記憶されていないからです。

あなたは「エビングハウスの忘却曲線」を知っていますか?
ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが、意味のない3つのアルファベットの羅列を、被験者にたくさん覚えさ
せて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかをグラフ化したのが「エビングハウスの忘却曲線」です。

この実験によると記憶は、

・20分後に42%
・1時間後に56%
・1日後に74%
・1週間後に77%
・1ケ月後に79%

忘れてしまうという結果がでました。

この実験からわかったことは、
1、記憶は、覚えた直後にどっと(半分近く)忘れてしまう。
2、残った記憶は、ゆっくり忘れていき、長く保持される。

ということです。

つまり、あなたの情報が掲載されていても、それを見た仲介業者はすぐに忘れてしまうということ。下手をすれば翌日にはあなたの物件のことなど全く覚えていないということです。

では、どうしたらあなたの物件を長く記憶してもらえるのか?
それは、復習させることです。

エビングハウスの忘却曲線に定期的に復習をさせると記憶はよみがえり、次第に定着していくということが証明されています。つまり、あなたがしなければいけないことは、あなたの物件情報を定期的に繰り返し届けること。繰り返し情報を届けることで忘れにくくし、記憶に定着させることです。

あなたの物件はレインズやアットホームに掲載しただけになっていませんか?
レインズやアットホームに情報が掲載されていることと、仲介業者が記憶していることは別です。

仲介業者の脳に記憶を定着させましょう。繰り返し、何度も何度も情報を配信し続けましょう。
ひとりでも多くの仲介業者の脳に記憶を定着させればさせるほど、成約率は上がります。
これ、とっても重要です。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  4. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
  5. 不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?

関連記事

  1. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    先日、顧問先からこんな相談を受けました。それは、一生懸命、広告している…

  2. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  3. 不動産が売れない時、仲介手数料6%出しは是か非か?

    不動産売却

    不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?

    建売業界には、売れない物件を売るための伝家の宝刀があります。 それ…

  4. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    家の近くの文房具店が閉店しました。閉店といっても、倒産。倒産するよ…

  5. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産売却

    不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!

    不動産がすぐに売れないとき、売主が真っ先に考えるのが値下げです。 …

  6. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?

    あるマンション再販業者さんからのクレームの話。 知り合いの建売業者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!
  2. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  3. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  4. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?
  5. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

おすすめの記事

  1. 売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
  2. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  3. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。
  4. あなたの新築住宅を今より19倍楽に売る方法。
  5. 「Hanako」に学ぶ、売れてる雑誌と不動産情報。

アーカイブ

  1. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

    不動産会社経営

    中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  2. 売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?

    不動産会社経営

    売れ続ける不動産会社になるために必要な土壌とは?
  3. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  4. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。

    不動産会社経営

    売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
  5. なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?

    不動産会社経営

    なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?
PAGE TOP