不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

不動産売却

不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れない…のであればその最大の原因は、物件が知られていないことにあるかもしれません。

もちろん、広告はしているでしょうし、レインズにも、アットホームにも情報は流しているかもしれません。しかし、2、3回広告するだけ、レインズやアットホームに情報を掲載するだけではあなたの物件が十分告知できているとは言えないのです。

売主にとって理想的な状態というのは、すべての仲介業者があなたの物件を知っていることです。知っているというのも、なんとなく知っているという状態ではなく、記憶にしっかり残っている状態。こんな条件のお客様が来たらこの物件を紹介しよう、と常に頭の中にある状態です。

そんな状態の仲介業者がひとりでも多くいれば、それだけであなたの物件が売れる確率が高まるということ。そんな状態をつくることが売主の役目、売主の営業活動です。

だから、レインズやアットホームに掲載するのは当然のことですが、それだけでは不十分。なぜなら、掲載されていても仲介業者の脳には記憶されていないからです。

あなたは「エビングハウスの忘却曲線」を知っていますか?
ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが、意味のない3つのアルファベットの羅列を、被験者にたくさん覚えさ
せて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかをグラフ化したのが「エビングハウスの忘却曲線」です。

この実験によると記憶は、

・20分後に42%
・1時間後に56%
・1日後に74%
・1週間後に77%
・1ケ月後に79%

忘れてしまうという結果がでました。

この実験からわかったことは、
1、記憶は、覚えた直後にどっと(半分近く)忘れてしまう。
2、残った記憶は、ゆっくり忘れていき、長く保持される。

ということです。

つまり、あなたの情報が掲載されていても、それを見た仲介業者はすぐに忘れてしまうということ。下手をすれば翌日にはあなたの物件のことなど全く覚えていないということです。

では、どうしたらあなたの物件を長く記憶してもらえるのか?
それは、復習させることです。

エビングハウスの忘却曲線に定期的に復習をさせると記憶はよみがえり、次第に定着していくということが証明されています。つまり、あなたがしなければいけないことは、あなたの物件情報を定期的に繰り返し届けること。繰り返し情報を届けることで忘れにくくし、記憶に定着させることです。

あなたの物件はレインズやアットホームに掲載しただけになっていませんか?
レインズやアットホームに情報が掲載されていることと、仲介業者が記憶していることは別です。

仲介業者の脳に記憶を定着させましょう。繰り返し、何度も何度も情報を配信し続けましょう。
ひとりでも多くの仲介業者の脳に記憶を定着させればさせるほど、成約率は上がります。
これ、とっても重要です。

 

ピックアップ記事

  1. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  2. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!
  3. 日当たりの悪い家の売り方。
  4. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  5. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

関連記事

  1. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。

    私たちのサービスのひとつに売れる販売図面という、販売図面作成サービスが…

  2. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    家の近くの文房具店が閉店しました。閉店といっても、倒産。倒産するよ…

  3. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

    「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うこと…

  4. 売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    不動産広告

    売れる建売会社になるために必要な予算とは?

    建売業者さんをコンサルする上でいつもネックになること、それが、広告宣伝…

  5. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

    先日、あるお客様に「最近Facebookはやっていないんですか?」と聞…

  6. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    日経MJによれば、ブルボンのお菓子「濃厚チョコブラウニー」が人気です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  2. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  3. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  4. これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉と…
  1. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。

    不動産マーケティング

    真面目な建売会社が報われない意外な理由。
  2. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!
  3. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

    不動産広告

    真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  4. 不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?

    不動産会社経営

    不動産経営者が乗り越えなければならない4つのステージとは?
  5. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。

    不動産マーケティング

    プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
PAGE TOP