売れる不動産会社になるための非常識のススメ

不動産会社経営

売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。

不動産会社、新築分譲会社向けのサービスのひとつに売れる販売図面作成サービスがあります。販売図面を刷新して、成約速度を早めようというのが目的なのですが、正直、効果の期待できるサービスです。

しかし、評価は様々。すぐに成果が出た人は、大感激して繰り返し注文が来るのですが、すぐに成果が出なかった人はそれっきりという人も多い。なかには、ほんの1週間レインズに登録しただけで昔の販売図面に戻してしまう人もいます。

原因は、マーケティングに対する知識不足、社長と担当者の考え方の違い、等々いろいろあるのですが、もっとも大きな原因は、批判に対する免疫不足。これが大きいように思えます。批判に対する免疫不足というのは、他社からの批判に堪えられないこと。自分の常識を破れないことです。そのため、少し批判を受けると元に戻ってしまう。変化に対応できないのです。

販売図面の製作依頼で一番多いのは、在庫物件対策。完成して3ヶ月、4ヶ月は当たり前。半年、1年も売れていない物件の依頼もあります。そんな不良在庫を販売図面を変えるだけで売ろうとするのですから正気の沙汰ではありません。もちろん、ありきりの方法ではうまくいきません。ある意味、今までの常識を覆すような販売図面をつくらなければ結果は出ません。それがわかっていないから批判に押しつぶされてすぐに元の状態に戻ってしまうのです。

例えば、基本的に私たちがつくる販売図面には地図がありません。場所がわかりにくい物件や、カーナビで対応できない物件には、地図を掲載することがありますが、基本的には地図がありません。

もちろん、地図がないぶん、現地写真はしっかり掲載していますし、携帯で現地の動画を見ることもできるようにしています。限られたスペースをいかに効果的に利用するかということを考慮した結果地図を排除しました。

しかし、それが常識人には非常識に見えることが多いのです(特に年配の不動産業者さん)。地図を掲載することで売れるのなら地図を掲載すればいい。しかし、地図を掲載しても売れないなら地図は必ずしも必要ではない。これが私たちの考え方です。

3ヶ月、半年、1年と地図を掲載してきた販売図面が効果をなしていないのは事実。であれば、それを全否定することからスタートしなければ大きな変化は生まれません。大きな変化を生むには、常識を破ること。これが一番手っ取り早い方法です。そのためには批判を恐れない。他人から何と言われようと新しい方法に取り組む。その姿勢が必要です。

狂気とは、昨日までと同じことをやって違う結果を期待することだ。

と、かのアインシュタインも言っています。

とにかく他人と違うことをはじめましょう。それだけで売れる不動産会社になれます。常識にとらわれすぎていると今までと同じ結果しか出ませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  2. 売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。
  3. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?
  4. あなたの不動産会社に優秀な人材が集まらない意外な理由。
  5. 不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?

関連記事

  1. あなたの知らないオープンハウスの現実。

    不動産会社経営

    あなたの知らないオープンハウスの現実。

    あなたはオープンハウスに行きますか? 私は仕事柄オープンハウスには…

  2. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?

    コンサルティングをしていて思うことは、やっぱり不動産会社の成長は社長次…

  3. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    不動産会社経営

    社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。

    忙しさを「できる経営者の証」のように言う社長さんがいます。コンサルティ…

  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    今すぐ在庫物件を売りたい、そんな経営者からの相談をよく受けます。そ…

  5. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  6. Macに学ぶ、売れる建売会社のあり方。

    不動産会社経営

    中小建売会社はMacを使いなさい。

    私ごとで恐縮ですが、パソコンをMacに変えました。以前から、いつかはM…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

おすすめの記事

  1. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  2. できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  3. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  4. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  5. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。
  1. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  2. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?
  3. イマドキの不動産の探し方。

    不動産マーケティング

    実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  4. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

    不動産会社経営

    残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  5. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。

    不動産会社経営

    あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
PAGE TOP