建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

不動産会社経営

建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

建売業者にとって、お客様は誰ですか?という質問をすると、ほとんどの建売業者さんが、家を買ってくれる人と答えます。もちろん間違ってはいないのですが、答えとしては不十分。なぜなら、建売業者さんにとってのお客様は二人いるからです。

ひとりは、家を買ってくれる消費者。
もうひとりは、家を仲介してくれる不動産業者。

どちらも建売業者にとっては、利益をもたらしてくれる人ですから、お客様なのです。しかし、それがわかっていない人が多い。そのため、お客様に対する対応がバラバラです。

どちらも、お客様ですから当然それなりの対応をしなければいけないのですが、実際は、仲介業者はお客様だと思っていません。だから、ぞんざいな対応をする業者さんがたくさんいます。

出せば売れる、という黄金時代の名残でしょうか、物件さえ持っていれば、客付けしたい業者なんていくらでもいる、という時代だったからでしょうか、今でもそんな時代の対応をする業者さんが少なくありません。

私自身、仲介営業を長くやってきましたから、建売業者さんの冷たい対応は何度も味わってきました。もちろん、すべての建売業者さんが冷たい対応をするわけではありません。ごくごく一部の建売業者さんなのですが、底意地の悪い対応をしてくる業者もいます。

それもこれも、仲介業者をお客様だと思っていないから。下請け業者のような立場だと思っているからです。下請けだから、ぞんざいな扱いでいい、下請けだから、下駄の雪のように簡単には離れないと思っているのでしょう。

しかし、それは出せば売れた時代の話。
これからはそんな対応では真っ先に市場から見放されます。

仲介業者も人の子です。大切にしてくれる建売業者とぞんざいな扱いをする建売業者では、大切にしてくれる建売業者を支持します。仲介業者から好かれる建売業者さんと、仲介業者から嫌われる建売業者。

どちらの建売業者が安定して売れるかは明らか。
同じような条件の物件なら間違いなく仲介業者から好かれる建売業者さんの物件の方が早く売れます。

では、どうしたら仲介業者さんに好かれるのか?

一番簡単でお金のかからない方法は、電話の応対をよくすることです。

物件確認の電話や資料請求の電話に気持ちよく対応する。これだけで仲介業者のあなたの会社に対する印象は大きく変わります。実際、あなたも物件確認の電話をしてみるといいのですが、気持ちいいなという対応をする建売業者さんは、ほんの僅かしかいません。

だから、この部分を変えるだけで会社の印象だけでなく、物件の印象も変わってきます。最後のひと押しは、営業マンにかかってきます。最後のひと押しを得るためにも、日頃の電話応対には細心の注意を払いましょう。

それだけでも成約率はアップします。
お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 建売用地、高値買いできる建売会社になるために必要なこと。
  2. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  3. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  4. 俊足に学ぶ。建売業界でもう一度輝く方法。
  5. 伸び代のある経営者とは?

関連記事

  1. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    不動産会社経営

    なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?

    仕事柄、多くの建売業者さんとお会いすることがあります。儲かっている会社…

  2. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも…

  3. 長期的に儲かる建売会社

    不動産会社経営

    長期的に儲かる建売会社をつくるために経営者がすべきこと。

    ビジネスがうまくいっている経営者とビジネスがうまくいってない経営者。…

  4. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  5. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことが…

  6. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    営業部隊を持つ建売業者さんと営業部隊を持たない建売業者さん。その違いは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. 用地仕入れ担当者が陥る、確証バイアスの罠。
  2. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  3. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  4. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  5. 不動産経営者は知らない!あなたの物件が売れた本当の理由。
  1. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。
  2. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!
  3. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  4. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  5. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」
PAGE TOP