これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

不動産会社経営

これからの不動産会社経営は悲観主義で考えろ!

コンサルティングの現場でよく感じることのひとつが、時代認識の差です。
私は悲観的、多くの建売業者さんは楽観的だからです。

バブル崩壊、リーマンショックを乗り越えてきたせいでしょうか、明るい未来とは思っていない方が多いようですが、悲観的にも考えていない会社が多いように思います。

それに対して、私は反対の立場。住宅産業は斜陽産業だと思っているので、正直、じれったい思いをすることは少なくありません。建売業者さんの言い分は、住宅産業は景気対策に直結するから政府が放っておかないというものですが、果たしてこれからもその通りでしょうか?

確かに今まではその理屈が通ってきました。しかし、現在の家余り現象やこれからの人口の減少を考えると今までの政策がこれからも続くとはとても思えません。仮に続いたとしても、人口減少は避けられないのが事実。市場が縮小するのは誰が見ても明らかです。

実際、建売住宅の分譲戸数と需要を比較してみると、建売住宅の需要は2010年に12.7万戸であったものが年々減っていき、2020年には9.9万戸まで減ると予想されています。

その要因は住宅一次取得人口(25歳から39歳)の減少が一番大きな要因で、そこに未婚率の上昇による住宅取得意向の低下が加わります。それに対して住宅着工は2013年度に13.4万戸と需要11.7万戸を+1.7万戸(+14%)も上回りました。

そのため、2015年度は需要11万戸よりも▼1万戸(▼9%)少ない10万戸。そして2016年度以降は、建設原価上昇による在庫リスクを抑えるため、着工数は2018年には9.5万戸と10万戸を割り、2020年には9万戸まで減ると予想されています。

つまり、それだけ市場は縮小するということ。お客様の数が減るわけですから、今までと同じやり方では会社は存続できないということです。もちろん、数は減っても需要がないわけではありません。需要はあるけど、競争が激しくなるだけ。競争に勝てない会社は淘汰されるということです。

ビジネスは悲観的に考えて行動すべきものです。悲観的に考えて準備しておけば、もしもが来ても怖くありません。そろそろ真剣に新しいビジネスモデルを考えませんか?今ならまだ間に合いますよ。

 

ピックアップ記事

  1. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  2. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  3. これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  4. 現地販売会を成功に導く「3回安定10固定の法則」とは?
  5. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

関連記事

  1. これでもパワービルダーと闘いますか?

    不動産会社経営

    これでもパワービルダーと闘いますか?

    先日、ある建売会社の社長さんにこんな質問をされました。それは「建売業界…

  2. 不動産会社経営

    あなたのビジネスをリセットするコツ。

    リセットという言葉が注目を集めています。辞書によれば、リセットとは…

  3. 紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。

    不動産会社経営

    紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。

    うちの近所に紳士服のAOKI本店があります。 たまに利用することが…

  4. まぐれで売れていませんか?

    不動産会社経営

    あなたの建売住宅、まぐれで売れていませんか?

    プロ野球の野村克也元監督は、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負…

  5. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    不動産会社経営

    勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

    以前、ある不動産業者さんをコンサルティングしたときの話。 確か、無…

  6. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    仕事中毒のように、ろくに休みも取らないで働いている経営者のあなたにぜひ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  3. 中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
  4. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  5. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  1. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?
  2. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  3. 新築分譲住宅は現場力が決め手。

    不動産集客

    新築分譲住宅は現場力が決め手。
  4. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  5. 大手不動産会社と中小零細建売会社の戦略の違い。

    不動産会社経営

    大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。
PAGE TOP