一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

不動産マーケティング

一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

中小建売業者にとって、世の中のトレンドを知ることは、効率的な経営をする上でとても重要です。しかし、自社でトレンド調査をするのは手間もコストもかかるため、現実的にはムリ。そのため、どうしても勘に頼ってしまいます。

そこで、利用したいのが大手不動産会社や大手ハウスメーカーの調査結果。最近はインターネットを利用するとすぐに最新の調査結果が入手できるので利用しない手はありません。

先日も野村不動産アーバンネットから「子育てと住まいに関するアンケート結果」が発表されました。それによると、今の住まいは、子育てしやすさの視点で満足度はどれくらいですか?という質問には、

持家マンションの人の場合は、大変満足している、満足しているが74.8%
あまり満足していない、満足していないが25.2%

それに対して、賃貸に居住中の人の場合は、
大変満足している、満足しているが41.7%
あまり満足していない、満足していないが58.3%になっています。

この数字をどうみるかということですが、ビジネスマンにとって重要なことは、このデータをどう活かすか、どうやってお金に結びつけるかです。

ポイントは、満足していないという人へのアプローチです。満足していないということは、満足できる家があれば購入する可能性があるということ。満足していない人がどこにいるかわかれば、その人を効率良く攻めていけるということです。

ということは、持家マンションと賃貸マンションでは明らかに賃貸マンションの方が購入する確率の高い人が住んでいるということ。その割合は、持家マンションの2倍。もしあなたが効率良く営業をしたいなら自社の物件の近くの賃貸マンションやアパートを中心に営業をした方がいいということになります。

まあ、当たり前といえば当たり前のことですが、数字を確認すると安心します。多くの人が当たり前のことができずに、途中で投げ出してしまいます。

その理由は、やっていることに自信が持てなくなるから。結果がでないと、やっていることが間違っているのではないか、と疑心暗鬼になってしまうからです。

ビジネスの成果は、努力に比例はしません。努力すればするほど右肩上がりに上がっていくのではなく、階段状に上がっていきます。そう、努力しても結果として現れない時期、踊り場があって、その後、一気に成果となって現れます。

しかし、たいていの人は踊り場にさしかかると、自分のしていることに自信が持てなくなりやめてしまう。そして、もう少しで結果がでるにもかかわらずやめてしまいます。

そしてまた、ゼロから新しい方法を試す。
これの繰り返し。

そんな時、諦めから自分を救ってくれるのがデータです。賃貸マンションの2軒に1軒は、不満を抱えていると思えばやる気が出てきます。

アンケート結果の使い方は、商品企画だけでなく、モチベーションの維持にも効果的です。あなたも利用してみてはいかがですか。

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  2. 中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!
  3. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  4. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  5. 大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。

関連記事

  1. 営業マンのいないオープンハウス。

    不動産マーケティング

    営業マンのいないオープンハウス。

    マツダの販売会社、関東マツダが大胆な試乗キャンペーンをはじめました。…

  2. 建売住宅販売は小さく攻めろ!

    不動産マーケティング

    建売住宅販売は小さく攻めろ!

    建売住宅が売れない原因はいろいろあります。商品企画、価格、立地、販売手…

  3. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

  4. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

  5. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  6. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 社長がいなくても売上が伸びる建売会社の社員の育て方。
  2. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
  3. これからの新築分譲会社に必要な能力とは?
  4. 実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  5. 建売会社が信じる間違った広告常識。
  1. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!
  2. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  3. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    不動産会社経営

    売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。
  4. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  5. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
PAGE TOP