なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

不動産会社経営

なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

仕事柄、儲かっているという会社については興味があります。
最近、儲かっている会社、急激に売上を伸ばしている会社、等々そんな会社を聞くとその理由を調べたくなるものです。

先日、ある建売業者さんとの会話ででてきた某建売業者さん。急激に業績を伸ばしている会社で最近ではTVでコマーシャルもしている会社です。もともとは仲介業者だったそうですが建売事業に進出。ここ5年ほどで売上は約3倍。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで業績を伸ばしています。

この会社に関しての評判は、いろいろ。急激に業績を伸ばしている会社ですからやっかみもあるでしょうし、真実かもしれません。ただ参考になることも山ほどあります。何しろ、これだけの業績を上げている会社ですから、理由がなければ他社を圧倒できません。批判するより参考になることを探すのが賢い経営者というものです。

実際、私も以前この会社の分譲した建売住宅の仲介をしたことがあります。建物は、一般的な建売住宅。決して特別な建売住宅ではありませんでした。むしろ場所は、良くない。価格も決して安くはありませんでした。

ホームページに書いてあることやホームページの集客方法、等々を考慮すると、売り方には特別な方法はありません。どちらかというとイケイケの仲介業者のやる売り方。ホームページやインターネットの住宅サイト等で集客して、未公開物件でクロージングするというやり方。決して他社と違うやり方で業績を伸ばして来たとは思えません。

では、何が他社との違いを生んだのか?

それは、営業力だと思います。仲介業出身の建売業者さんですからもともと営業力はあります。実際、仲介業者出身の建売業者さんというのは建築業界出身の建売業者さんより、比較的業績はいいのが特徴。そんな中でも、特別な結果が残せたのは営業力が飛び抜けていたからでしょう。

中途採用も含めて、1年中社員を募集していますし、離職率の高さは営業が厳しい証拠。まあ、建売業界では珍しいかもしれませんがマンション業界ではよくある会社です。ある意味、マンション業界の立身出世物語を建売業界で実現したのがこの会社なのかもしれません。

今まで建売業界というのは、パワービルダーのようなビジネスモデルをとる会社がほとんどでした。建売業者の役割は、土地を仕入れて建物を建てるだけ。あとは仲介業者に販売してもらうというビジネスモデルです。そのため、営業力に注力する会社は少なかった。

それが、営業力に注力した会社がこれだけ短期間に急成長したわけですから、いかに営業力が大切か、会社を大きくする原動力になるかわかります。もしあなたが営業力について今まで考えたこともなかったのなら一度考えてみるべきです。なぜなら、今までは片方のエンジンだけで飛んでいた飛行機のようなものだから。営業力というもうひとつのエンジンを身につければ飛行機はもっと早く安定して飛べるようになります。伸びしろはまだまだありますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者はお客様の行動パターンを理解せよ!
  2. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  3. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  4. 効果実証済み!不動産はたった「ひと言」で売れる。
  5. 中小建売業者を狙うホームページ制作会社にご用心。

関連記事

  1. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  2. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

    不動産マーケティング

    新築住宅販売は通販会社に学べ!

    先日、野菜の宅配を頼んでみました。実は、以前も同じような宅配を利用して…

  3. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    営業部隊を持つ建売業者さんと営業部隊を持たない建売業者さん。その違いは…

  4. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    新築一戸建てが売れない理由はいくつかありますが、私たちコンサルタントを…

  5. 不動産会社経営

    建売業界「狂騒の20年代の終わり」

    あなたは「狂騒の20年代」という言葉を聞いたことがありますか? 狂…

  6. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    総務省統計局によると、平成24年2月時点で全国にある企業数は412万8…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  2. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。
  3. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  4. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  5. 選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. 新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、ヒット商品はこうして生まれる。
  3. あなたの建売住宅をもっと簡単に売るための下地づくりとは?

    不動産マーケティング

    あなたの建売住宅をもっと簡単に売るための下地づくりとは?
  4. 老舗不動産会社の社内改革が進まない理由。

    不動産会社経営

    老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  5. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
PAGE TOP