売れる建売会社になるために必要な予算とは?

不動産広告

売れる建売会社になるために必要な予算とは?

建売業者さんをコンサルする上でいつもネックになること、それが、広告宣伝費です。とにかく、広告宣伝費を予算に計上していない会社が多い。自社販売している建売業者さんでもその額はわずか。販売は仲介業者に任せておけばいい。建売業者は仕入れがすべて、という考えが根本にあるからです。

実際、今までの建売業界はその考えでやってこれました。これは、経済が右肩上がりだったからできたこと。どんな不動産を購入してもインフレで資産価値が自然と上がる。そんな時代だったから成り立ったビジネスモデルです。

今は、そんなビジネスモデルでは通用しません。今は、年収が上がらない時代。不動産が有り余っている時代。これから毎年、人口も世帯数も減っていく時代です。つまり、今までのやり方を変えないと生き残れない時代です。

では、どうすれば生き残れるのか?

いい家をつくる、いい企画を考える、もちろんそれも重要ですが鍵になってくるのが広告。そしてそのための予算です。広告宣伝費が必要になる理由は簡単。あなたの物件を一人でも多くの人に知ってもらうため。お客様は知らなければ買えません。

多くの建売業者さんは、自社の物件は十分、市場で認知されていると思っています。これだけレインズやアットホームで情報を流しているのだから知らない人はいないと思っています。しかし、それは幻想。情報は知られているかもしれませんがちゃんと認識されているかどうかは別だからです。

その上、建売業界には未公開物件ほど価値があるという幻想もあります。情報は表に出してはいけない、晒しものにしては価値が落ちる、そんな迷信が未だに信じられています。

そもそもそんな話でお客様を落とすには、買う気のあるお客様がいないと話になりません。今、問題になっているのは、未公開物件で落とせるお客様自体がいないこと。営業テクニックを駆使できるお客様自体がいないことが問題なのです。

まずは、住宅の購入に興味のある人を集める。集客がポイントなのです。そのためには、広告力を高めること以外に方法はありません。この話、自社で直売はしていないから関係ないと思う業者さんも多いと思いますが、決してそうではありません。売主が仲介業者のために広告をつくったり、広告費を援助したりするのがこれから主流になるかもしれないからです。

仲介業者にあなたの会社の命運を託すより、あなた自身の運命は自分で決めた方が賢明。その方が安全です。広告宣伝費を捻出する上で、一番手っ取り早い方法は、仕入れのための交際費を減らすこと。その分を広告宣伝費に当てることです。

まあ、古いタイプの人からは反感を買うでしょうが、有効な手段であることは間違いありません。最近、景気のいい話が少なくなってきました。そろそろ広告についても真剣に考える時期かもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. ご存知ですか?不動産の新聞折込チラシの反響が減った本当の理由。
  2. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。
  3. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  4. 過去の失敗にとらわれていませんか?
  5. なぜ建売住宅は短期間に販売しなければいけないのか?

関連記事

  1. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告

    えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告にはいろんな制約があります。なかでも一番やっかいなのが不当表…

  2. たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    不動産マーケティング

    たった「ひと言」であなたの物件を売れる不動産に変える方法。

    商品を売る上で、もっとも効果的な方法は自社の強みで勝負すること。競…

  3. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

    業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふり…

  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    不動産広告

    なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    どうすれば売れる広告をつくれますか?とよく聞かれます。よく聞かれるとい…

  5. 不動産集客はキャッチコピーが8割。

    不動産広告

    不動産集客はキャッチコピーが8割。

    私たちのサービスのひとつに売れる販売図面という、販売図面作成サービスが…

  6. 伝説のキャッチコピー

    不動産広告

    驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?

    あるマンション再販業者さんからのクレームの話。 知り合いの建売業者…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。
  2. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。
  3. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  4. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる…
  5. 売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  1. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  2. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  3. 広告の限界

    不動産マーケティング

    「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  5. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
PAGE TOP