不動産広告はwantsを引き出せ!

不動産広告

不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

枕ひとつが、25,000円〜35,000円と聞いてあなたはどう思うでしょう?
初めて聞く人は「高っ!」と思うのが普通。「そんな枕買う人いるの?」と思っても不思議ではありません。実際、テレビや雑誌などで売られている枕は高くても1万円台。2万円を超す枕は滅多に見かけるものではありません。そんな高額な枕ですが、私の知り合いは先月わずか3週間で60個売ったと言います。

・・・信じられない数字。全国展開しているふとん屋さんに勤めているパートの女性ですが、枕だけでこの数字。彼女の場合は、枕と一緒に高級寝具も売っていますからその売り上げは莫大。正社員や店長より多くの売り上げを上げています。そんな高級枕の販売数は、歩合がつく優秀社員で月に20個程度。本社からは20個を目指してくださいと指示があるほどですから、彼女はその3倍を売っていることになります。

売れる店舗にいるからそんな数が売れたのでしょうか?たまたま運が良かったから売れたのでしょうか?そうではありません。彼女は、どこのお店に行ってもトップの成績を収めているのです。横浜にいるときも、茨城にいるときも、埼玉にいるときも、彼女の数字はいつもトップクラス。全国でナンバーワンになったことも1度や2度ではありません。ということは、彼女には高級枕を売るノウハウがあるということです。

実際、そんな高級枕を買う目的で来店する人はほとんどいません。なかには、インターネットで検索して購入目的で来店する人もいますが、それはごくごく僅か。お店に来て、初めてそんな高級な枕があるのを知ったという人がほとんどです。つまり、買う気のなかったお客様が購入しているということ。腕のいいスタッフは、買う気のない人にその良さを上手に伝えているから高額な商品でも売れるのです。買う気のある人だけに売っていたのでは、望む売り上げは達成できなのです。

実は、これが広告の真髄。広告をやる目的です。家を買う予定のない人、家を買う必要性を感じていない人に、関心を持ってもらい、欲しくなってもらう。それが広告の目的。黙って、必要性のある人を待っていても決して売れるようにはなりません。

あなたの売りたい物件の存在を知ってもらい、その価値をわかってもらう。そして、どうしても欲しいという感情を引き出すために広告するのです。売上を伸ばせるかどうか、売上を安定させられるかどうかは、お客様のウォンツを引き出す広告の力にかかっているのです。

今の時代、家を買わなければいけないというニーズなんてありません。そんな人を待っていたのでは、売上は安定しないし目標は達成できません。必要なのは、お客様の欲しいという欲求を刺激する広告。そんな広告をつくって、ひとりでも多くのお客様に見てもらうことです。広告力が勝負を決める時代ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  2. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  3. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  4. 売れる建売住宅をつくるための「ホストの法則」。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

関連記事

  1. 不動産広告の8秒ルールとは?

    不動産広告

    不動産広告の8秒ルールとは?

    「現代人の集中力は8秒、これは金魚の9秒を下回る」というショッキングな…

  2. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?

    コンサルティングをしていると2つのタイプの経営者に出会います。 …

  3. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  4. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。

    先日、あるお客様に「最近Facebookはやっていないんですか?」と聞…

  5. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  6. 建売会社が信じる間違った広告常識。

    不動産広告

    建売会社が信じる間違った広告常識。

    売れない物件を抱えたクライアントから「どうしたら売れるでしょうか?」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  2. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  3. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  4. あなたならどうする?用地仕入れの失敗を挽回する方法。
  5. 不動産仲介業者をリスペクトしていますか?
  1. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  2. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    不動産売却

    あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  3. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  4. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    不動産会社経営

    その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  5. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
PAGE TOP