反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。

不動産広告

反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。

当たるも八卦(はっけ)当たらぬも八卦(はっけ)の占いのように広告もいつも当たるわけではありません。実際、ある現場で大成功したチラシが別の現場では大失敗となることも珍しいことではありません。

それだけ難しいのが広告やチラシなのですがなぜ、当たったり当たらなかったりするのかその理由をわかっている人はあまりいません。そのため、成果が出ないとすぐにこの広告はダメだ!あの会社は能力がない!と決めつけてしまう人がいますが、それは大きな間違い。誰が、いつやっても同じ効果が出る広告というものはないからです。

広告が成功するかしないかは、次の3つの要素が大きく関わってきます。

ひとつは、ターゲット。
誰に対して広告するのか、ということです。建売住宅なら3階建ての家を年配の人に向けて売ろうとしても売れません。階段の上り下りが年寄りには大変だからです。だから、その家に最もふさわしいターゲットを選ばない限り、反響は得られません。

2つ目は、メッセージです。
適切なターゲットに適切なメッセージを伝えることで広告は大きな効果を発揮します。一番効果的なのは、この家に住むとこんな問題が解決できますよというメッセージです。ターゲットが悩んでいる問題が、この家に住むことで解決出来るとなると、俄然興味が湧いてきます。

そして3つ目は、広告媒体です。
どんなにターゲットが適切でも、どんなにターゲットの好奇心をくすぐるメッセージを発しても、その広告がターゲットに届かなければ意味がありません。あなたが望むターゲットがチラシから住宅の情報を得る人であればチラシを通して情報発信することが大切ですし、インターネットから情報を収集する人が多いのであればインターネットに情報を掲載する
ことが必要です。

つまり、この3つがマッチしないと望む反応は得られないということです。とりわけ、メッセージについては注意が必要です。なぜなら、住宅購入に関心のある人と住宅購入には全く関心を持っていない人では届けるべきメッセージが全く違うからです。

住宅購入に関心のない人にはまず最初にあなたの物件の存在を知ってもらうことが大切です。物件の存在を知り、関心を持ってもらい、必要性を感じ、欲しくなってもらう、そして、物件を見たくなってもらい、見たら、より欲しくなってもらう。そうやってそれぞれの段階の感情を刺激するためにメッセージを変えていかなければならないのです。

つまり、一つの広告ですべてのターゲットやすべてのお客様の感情を刺激することはできないということ。広告はターゲットやターゲットの感情レベルに合わせて変化させ、何度も広告する必要があるということです。

広告の反応が悪い時は、ターゲットが間違っていたか、メッセージが間違っていたか、媒体が間違っていたか、のどれか。だとすれば、それぞれを検証して違う広告をつくれば成功する可能性は高くなるということです。

大切なのは、検証し、再チャレンジすること。再チャレンジしない限り、広告づくりは上達はしませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 伸び代のある経営者とは?
  2. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  3. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?
  4. 中小建売業者が狙うべきプレミア消費層とは?
  5. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。

関連記事

  1. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  2. あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    不動産広告

    あなたは不動産広告の知識に自信がありますか?

    建売業者さんにもいろんなタイプがあります。パワービルダー出身の人もいれ…

  3. あなたの不動産広告の知識は30年前より進化してますか?

    不動産広告

    あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?

    何かの記事で読んだ話ですが、とても示唆に富むたとえ話なのでみなさんにも…

  4. 今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    不動産広告

    今すぐ客だけを引き寄せる不動産広告とは?

    私のつくる販売図面や広告は文字が多い。そのせいか、初めて販売図面や広告…

  5. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告

    えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告にはいろんな制約があります。なかでも一番やっかいなのが不当表…

  6. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?

    ある建売業者さんから届いたクレーム。完成しても売れない在庫物件のために…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 営業マンのいないオープンハウス。
  2. 不動産営業マンは見た目が9割!?
  3. 建売住宅は企画が8割。
  4. 老舗料亭に学ぶ、建売業界で生き残る方法。
  5. こうすれば高額な家は売れる!高額な家を売るために絶対に外せな…
  1. 不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

    不動産会社経営

    不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。
  2. 間違いだらけの新築住宅の見せ方

    不動産マーケティング

    成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。
  3. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。

    不動産会社経営

    売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
  4. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  5. 拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客を狙いますか?

    不動産マーケティング

    拝啓、建売会社様。これでもまだ今すぐ客だけを狙いますか?
PAGE TOP