即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

不動産会社経営

即日完売する新築分譲住宅を建てる前にすべきこと。

以前、相談を受けた新築分譲会社さんの話。
自信満々で建てたある現場。完成すればすぐに売れるだろうと思っていたのに、なかなか売れない。3棟のうち1棟はなんとか売れたのですが残りの2棟がまったく売れない。完成からすでに3ヶ月。最近では業者からの問い合わせもめっきり少なくなった・・・そんな時にご相談がありました。

早速、現地を確認。物件自体は決して悪いわけではありません。むしろ、かなり凝ったつくり。良くも悪くも、社長の好みが随所に反映された建物でした。但し、問題は価格。近隣の物件よりかなり高い。本人は価格が高いのは承知しているとのこと。しかし、それ以上に自社の物件には自信があるといいます。その根拠は、と聞くと「一生懸命つくったから」というわけのわからないもの。

そこでこんな質問をしてみました。
「他社と比べてどの部分が違いますか?」すると、予想通り答えが出てこない。売れない現場をかかえた建売業者さんによくあることですが自社の物件の強みがわかっていない業者さんがたくさんいます。この物件の社長さんもそのひとり。具体的にどの部分が他社より優れているのか説明できない。

そこで次の質問。
「競合する物件は見ましたか?」と聞くと、
「販売図面では見てる」という返事。
「現地は?完成物件は内覧しましたか?」と聞くと、
「いや、そこまでは・・・」
要するに、ライバル物件については何も「生」の情報を知らないということ。

通常なら、現地へ行って、完成物件なら室内もチェックするのが当たり前。しかし、そこまではしていないといいます。レインズやアットホームの図面を見て競合の現場を見たような気になっているだけです。そんな状態で自社の物件には自信があると言っている。これを驕りと言わずしてなにを驕りというのでしょう。

早速、社長には競合する物件をすべて見に行ってもらいました。数日後、再びお会いすると開口一番、「売れない理由がわかりました」という社長の言葉がでてきました。そうなんです。売れない理由はライバル物件を見れば誰でもわかるんです。できることなら最初からライバル物件を研究して用地の仕入れをすれば建物を建てる前に対策が練れます。そうすれば完成後に苦しむ必要はありません。

しかし、それが案外できない。いきなり嫌な現実を目にするより淡い期待を抱いていた方が楽だからでしょう。でも、最終的に困るのはあなたです。自分が仕入れるときはもちろん社員にも徹底的にライバルをリサーチするよう目を光らせましょう。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。
基本中のキホンです。

 

ピックアップ記事

  1. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  2. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  3. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  4. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  5. いつまでワンマン経営を続けますか?

関連記事

  1. 不動産営業マンは見た目が9割!?

    不動産会社経営

    不動産営業マンは見た目が9割!?

    先日、昔の顧客から電話をいただきました。ご紹介したい方がいるのでお時間…

  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    会社が大きくなっていく過程で避けられないことがあります。それは、役割の…

  3. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    不動産会社経営

    不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    経営者からよく聞かれる質問に、社員はどうしたら変えることができますか?…

  4. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    不動産会社経営

    その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    コンサルタントになる前、仲介会社を経営していた頃の話です。ある建売業者…

  5. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    最近、人材採用についての相談が多い。一人社長の不動産会社は、従業員を採…

  6. 不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    不動産会社経営

    不動産会社経営「もうはまだなり、まだはもうなり」

    ビジネスとは不思議なもので、努力をしたからといってすぐに報われるもので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。
  2. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。
  3. できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  4. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  5. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  1. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?
  2. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  3. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  4. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  5. 不動産会社経営

    パワハラと不動産会社の未来。
PAGE TOP