新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

不動産広告

新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。

ザイオンス効果って、ご存知ですか?1968年、アメリカの心理学者ザイオンスは、接触回数と親近感の関係を調べるために、大学生を対象に次にような実験を行いました。

女子学生を2つのグループに分け、週に1度づつ男子学生の顔写真を4週間見せて、2つのグループの好感度の違いを調べたのです。1つのグループには、同じ男子学生の顔写真を見せ続け、もう1つのグループには、毎回、違う男子学生の顔写真を見せました。

その結果、同じ男子学生の顔写真を見せ続けたグループでは、回数が増すほど男子学生への好意も増加しました。一方、毎回、違う男子学生の顔写真を見せられたグループでは、男子学生への好意に変化は認められませんでした。

ザイオンスはこの実験によって「単純に接触する回数が増えることで好感度は上昇する」ということを証明したのです。ただし、その後の実験で不愉快な印象を持った相手との単純接触は、回数が増すほど好感度が減少することもわかっています。つまり、相手に与える第一印象が悪いまま、この法則に従うと逆効果になってしまうということです。

そして、この法則を広告に応用した結果、導き出されたのが「セブンヒッツ理論」です。これは顧客と商品(または商品に関する情報)の接触回数が3回を超えると顧客が商品の存在を認知し、7回で商品を手にとり購買を検討するというものです。テレビなどでしつこく同じ広告を流すのはこんな心理効果を意識しているからです。

もちろん、この法則はそのまま建売住宅の販売にも応用できます。例えば、物件広告。ザイオンス効果やセブンヒッツ理論を応用すれば、あなたの物件を目にする回数が多くなればなるほど、好感度は増し、購入される確率は高くなるということ。

最低でも同じエリア(狙ったエリア)に7回はあなたの物件の広告しましょう。それが物件の認知度を高め、好感度を上げる具体的な方法です。あなたの物件は、どれくらいの頻度で広告されていますか?広告の頻度を上げるだけで成約率はアップします。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
  2. 不動産会社必読!ネット情報力と売上の関係。
  3. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  4. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  5. その色使い、間違っていませんか?

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    中小建売会社は非効率で勝負しろ!

    中小の建売業者がこれから生き残っていく唯一の方法は、パワービルダーと同…

  2. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

    不動産広告

    真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。

    仕事柄、いつもどうしたら売れるだろうということを考えています。住宅業界…

  3. 不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    不動産マーケティング

    不動産売却、安売りと安さ感の違いとは?

    値下げしても売れない・・・そんな物件が増えてきました。今後の不動産市況…

  4. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

  5. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  6. 不動産広告に現地看板が効果的な理由。

    不動産広告

    不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?

    愛犬との散歩コースに中古輸入車販売のお店があります。ディーラーではなく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  2. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  3. こうすれば新築一戸建ての反響はもっと増える。
  4. 残念!こんな不動産の値下げは失敗する。
  5. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント…
  1. あなたの知らないオープンハウスの現実。

    不動産会社経営

    あなたの知らないオープンハウスの現実。
  2. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  3. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

    不動産会社経営

    残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    不動産広告

    なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  5. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

    不動産会社経営

    中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
PAGE TOP