不動産会社、社長の機嫌と売上の関係。

不動産会社経営

不動産会社経営、社長の機嫌と売上の関係。

「ミラーニューロン」という言葉を知っていますか?

ミラーニューロンとは、霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、他の個体が行動するのを見ている状態の、両方で活動電位を発生させる神経細胞のこと。他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように”鏡”のような反応をすることから名付けられました。

ミラーニューロンのおかげで人間は、他人がしていることを見て自分のことのように感じたり、模倣しようとしたりするのです。人間は、このミラーニューロンの働きによって、その場を共有する人間の感情を無意識のうちに読み取り、その感情に同調しようとします。

つまり、このミラーニューロンの作用によって人の感情は周囲の人間に伝染するのです。とりわけ、ビジネスの現場ではこのミラーニューロンが活発に働きます。その典型が上司の感情が部下に与えるケースです。

例えば、上司がピリピリした表情で部屋に入ってくると、その部屋にいるメンバー全員に緊張感が走ります。逆に、上司の表情が和やかだとその部屋にいるメンバーはリラックスして仕事に臨むことができます。

要するに、上司が思っている以上に、部下は上司の感情に影響を受けているということ。そのため、上司の感情の状態は部下のパフォーマンスに大きく影響します。

実際、私がコンサルティングしている会社でも社長が忙しく、いつも機嫌が悪い会社は社員のパフォーマンスが悪い。社長が忙しい為に、社員が社長に相談する時間が少なく、相談したくても機嫌が悪いので相談しにくい。

結果として、ミスを犯したり、社長の思うようにならず、更に怒られる。そして、社員は萎縮して更にパフォーマンスを落とすという悪循環が生まれます。しかし、もとをただせば社長が忙しく機嫌が悪いことが原因。そのピリピリした雰囲気が社員に伝播し部下のミスを誘発しているのです。

だから、社長はいつも機嫌よくいることが大切。部下のパフォーマンスを伸ばすには、社長は忙しくするのではなく、余裕を持ったスケジュールを組み、機嫌よく仕事をし、社内の雰囲気をリラックスさせることです。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
  2. 売れる建売会社とネーミングの関係。
  3. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  4. 建売住宅は企画が8割。
  5. 相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?

関連記事

  1. 不動産会社経営

    建売業界「狂騒の20年代の終わり」

    あなたは「狂騒の20年代」という言葉を聞いたことがありますか? 狂…

  2. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    ビジネスを長く継続させる上で、重視しなければいけないことが2つあります…

  3. 売れる不動産会社をつくるために最も必要なモノとは?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社をつくるために最も大切なモノとは?

    新しいことを始めると必ず起こることがあります。それが社員の抵抗。どんな…

  4. 不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    不動産会社経営

    不動産経営者注目!あの伝説の工務店が犯した失敗とは?

    ある地方に伝説の工務店があります。今から16年前に社長一人ではじめた工…

  5. 売れる不動産会社は非常識が常識!?

    不動産会社経営

    売れる不動産会社は非常識が常識!?

    クリナップの「クリンレディ」というシステムキッチンが好調らしい。そ…

  6. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    年末にある経営者が面白いことを言っていました。1年を振り返って反省は何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 妖怪ウォッチに学ぶ、売れる建売住宅のつくり方。
  2. 建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  3. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  4. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
  5. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  1. その不動産営業、煽りすぎていませんか?

    不動産マーケティング

    その不動産営業、煽りすぎていませんか?
  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  3. Macに学ぶ、売れる建売会社のあり方。

    不動産会社経営

    中小建売会社はMacを使いなさい。
  4. 仲介業者を通じて販売する間接販売は、売れる商品、売れている商品など売れ筋商品には効果的ですが、新しい商品、売 るのが難しい商品(商品力のない商品)では、効果が発揮されません。

    不動産会社経営

    新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  5. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。
PAGE TOP