儲かる建売会社へ体質改善しませんか?

不動産マーケティング

儲かる建売会社へ体質改善しませんか?

多くの建売業者さんが間違えていることがあります。
それは、どうすれば安く売れるか、と考えていること。
いい物件をいかに安く作るか、それが会社の成長につながると考えていることです。

確かに、いい物件を安く作れば売れます。
しかし、利益は少ない。少ない利益でも、数がたくさん売れれば儲かりますが、それは数がたくさん売れた時代のこと。日本が、今より景気が良く、家を持てば誰でも幸せになれると信じられていた頃の話です。

しかし、今は時代が違います。世の中には物件が溢れ、マンションから中古住宅まで様々な選択肢があります。そんな時代に数を売るというのはナンセンス。

1日に100棟作る会社もあるようですが、それだけの需要がいつまでも続くとはとても思えません。もちろん、それだけの数を販売する会社は他社に真似できないノウハウがあります。安く作る技術です。スケールメリットを活かした安く作る技術があって初めて成り立つこと。誰でもができることではありません。

だとすれば、
同じやり方で戦っても勝ち目はないということ。引き立て役になるのがオチ。つまり、同じ戦略をとってはダメだということです。それをわかっていない会社が多い。

では、中小建売業者はどうしたらいいのか?ということですが、真逆の考え方をすることです。つまり、どうしたらもっと安く売れるかと考えるのではなく、どうしたらもっと高く売れるか?と考えることです。

あなたはフォルクスワーゲンのトゥアレグという車を知っていますか?
4WDのクルマで、ポルシェのカイエンに似たクルマです。

クルマ好きは知っていると思いますが、実はこのフォルクスワーゲンのトゥアレグとポルシェのカイエンは同じ工場で生産された、ほとんど同じクルマです。

しかし、価格は倍近くも違います。
ベースとなるクルマを少し改造してポルシェという名前をつけるだけで2倍の利益を上げているのです。

これがブランド力。中小の建売業者がポルシェのような世界的なブランド力を持つことはできませんが、地域ブランドとして有名になることは難しいことではありません。

意識して地域ブランドづくりに取り組めば、他社が全く意識していないだけに、意外と簡単に地域ブランドを確立することが可能です。そのための第一歩は、考え方を変えること。

どうしたらもっと安く売れるか?と考えるのではなく、
どうしたらもっと高く売れるか?と考えること。
これが成功への第一歩です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  2. あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。
  3. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  4. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
  5. 中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。

関連記事

  1. 建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    不動産マーケティング

    建売住宅はBGMを流すと契約率が上がる!?

    建売業者さんの弱点のひとつに販売の現場を知らないということがあります。…

  2. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。

    商品企画を考えるとき、ついつい陥ってしまう罠(ワナ)があります。 …

  3. 即日完売できる建売業者になるための欠かせない習慣。

    不動産マーケティング

    即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。

    もしあなたが、本気で即日完売できる建売業者になりたいのなら、これだけは…

  4. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

    不動産マーケティング

    販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。

    弊社のサービスのひとつに、販売図面作成サービスがあります。あなたがアッ…

  5. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    先日、ある有名なコンサルタントが経営者を集めて面白いセミナーを開催しま…

  6. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければなら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。
  2. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。
  3. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  5. 不動産売却、鉄板の販売法則とは?
  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。
  3. なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?

    不動産会社経営

    なぜ能力のある不動産会社の社長ほど成功できないのか?
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。

    不動産売却

    不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
PAGE TOP