いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

不動産マーケティング

いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

ホンダの5代目「ステップワゴン」が、思わぬ苦戦を強いられているそうです。

日本自動車販売協会連合会が発表した新車乗用車販売台数の月別ランキング(7~12月)によれば、直接のライバルとなるトヨタ自動車「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」の3兄弟が計9万7540台、日産自動車「セレナ」が2万6921台に対し、ステップワゴンは2万9504台とトヨタの3兄弟に大きく水を空けられているだけでなく、2010年登場でモデル末期の現行セレナと拮抗しています。

新車投入から1年も経っていないのにすでに新車効果が感じられないステップワゴン。なぜなのでしょうか?実は、これには意外な事実が隠されていたのです。ホンダの開発担当者によれば、ステップワゴンが属する5ナンバー2リッタークラスの背高ミニバンでは、奥様方の井戸端会議が売れ行きに大きな影響を持つといいます。

男性には意外かもしれませんが、近所の公園などでの井戸端会議で、奥様方の車談義がしばしば行われるそうです。スタイリングやハンドリングが話題に上ることはほとんどありませんが、話題になるのは価格と燃費と使い勝手。

多くの家庭で同じクラスのミニバンを所有しているので、子供たちのスポーツの試合などに、交代で出動するのだといいます。そのため、井戸端会議でどれだけ点数を稼ぐかが、このクラスのミニバンの売れ行きを左右するとのこと。

それが多彩な収納スペースや定員以上のカップホルダー、簡単なシートアレンジといった現行の5代目ステップワゴンが打ち出した「おもてなし」に行き着いているのだそうです。

しかしそれだけでは横並びであり、ライバルのノア/ヴォクシー/エスクァイア、セレナを引き離すのは難しい。そこでホンダが現行ステップワゴンに盛り込んだのが、ターボエンジンの投入でした。

しかし、これが裏目に出たのです。

燃費を重視する傾向の強い奥様方には、ダウンサイジングターボの知名度は今ひとつ。走りを優先する男性には受けても、燃費を優先する女性にはハイブリッドのほうがわかりやすいかったからです。

せっかく、使いやすい「わくわくゲート」を設けたり、センスのいいインテリア、静粛性、乗り心地、ハンドリングに工夫を凝らしたのに、男性に好評のダウンサイジングターボを採用しただけで伸び悩む・・・。モノづくりとは本当に難しいものです。

ここで私たち建売業者が学ばなければならないことは、女性目線を大事にするということ。男性の領分である「クルマ」選びでさえ、すでに女性が購入決定権を持つ時代だということです。

ましてや、女性がいる時間が圧倒的に長い「家」となればなおさら女性の購入決定権は強くなるのが普通。それにどれだけ応えられているか?ということです。そろそろ真剣に女性目線で家づくりしませんか?それだけでライバル大きく引き離せますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  2. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  3. 離職率の高い不動産会社の社長へ。
  4. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  5. あなたにもできる「とりあえずオープンハウス戦略」とは?

関連記事

  1. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    コンサルティングをしていて一番多い質問は、「どうしたら売れるようになり…

  2. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?

    先日、プライベートでトランクルームを借りました。トランクルームの使用は…

  3. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?

    不動産マーケティング

    新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?

    あなたは価格について真剣に考えたことがあるでしょうか? 新築住宅を…

  4. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    価値観の相違という言葉をよく耳にします。そう、価値観が違うと、どんなに…

  5. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    不動産マーケティング

    販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    最近、ホームページのリニューアルの相談が増えています。その際に、まずお…

  6. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  2. 100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす…
  3. 新築分譲住宅はペルソナマーケティングの時代。
  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  5. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。
  1. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。

    不動産会社経営

    売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。
  2. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?

    不動産集客

    あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  3. 不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、強みを伸ばすか、弱みを強化するか?
  4. もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。

    不動産会社経営

    もっと売れる建売会社になるために社長がすべきこと。
  5. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
PAGE TOP