いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

不動産マーケティング

いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?

ホンダの5代目「ステップワゴン」が、思わぬ苦戦を強いられているそうです。

日本自動車販売協会連合会が発表した新車乗用車販売台数の月別ランキング(7~12月)によれば、直接のライバルとなるトヨタ自動車「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」の3兄弟が計9万7540台、日産自動車「セレナ」が2万6921台に対し、ステップワゴンは2万9504台とトヨタの3兄弟に大きく水を空けられているだけでなく、2010年登場でモデル末期の現行セレナと拮抗しています。

新車投入から1年も経っていないのにすでに新車効果が感じられないステップワゴン。なぜなのでしょうか?実は、これには意外な事実が隠されていたのです。ホンダの開発担当者によれば、ステップワゴンが属する5ナンバー2リッタークラスの背高ミニバンでは、奥様方の井戸端会議が売れ行きに大きな影響を持つといいます。

男性には意外かもしれませんが、近所の公園などでの井戸端会議で、奥様方の車談義がしばしば行われるそうです。スタイリングやハンドリングが話題に上ることはほとんどありませんが、話題になるのは価格と燃費と使い勝手。

多くの家庭で同じクラスのミニバンを所有しているので、子供たちのスポーツの試合などに、交代で出動するのだといいます。そのため、井戸端会議でどれだけ点数を稼ぐかが、このクラスのミニバンの売れ行きを左右するとのこと。

それが多彩な収納スペースや定員以上のカップホルダー、簡単なシートアレンジといった現行の5代目ステップワゴンが打ち出した「おもてなし」に行き着いているのだそうです。

しかしそれだけでは横並びであり、ライバルのノア/ヴォクシー/エスクァイア、セレナを引き離すのは難しい。そこでホンダが現行ステップワゴンに盛り込んだのが、ターボエンジンの投入でした。

しかし、これが裏目に出たのです。

燃費を重視する傾向の強い奥様方には、ダウンサイジングターボの知名度は今ひとつ。走りを優先する男性には受けても、燃費を優先する女性にはハイブリッドのほうがわかりやすいかったからです。

せっかく、使いやすい「わくわくゲート」を設けたり、センスのいいインテリア、静粛性、乗り心地、ハンドリングに工夫を凝らしたのに、男性に好評のダウンサイジングターボを採用しただけで伸び悩む・・・。モノづくりとは本当に難しいものです。

ここで私たち建売業者が学ばなければならないことは、女性目線を大事にするということ。男性の領分である「クルマ」選びでさえ、すでに女性が購入決定権を持つ時代だということです。

ましてや、女性がいる時間が圧倒的に長い「家」となればなおさら女性の購入決定権は強くなるのが普通。それにどれだけ応えられているか?ということです。そろそろ真剣に女性目線で家づくりしませんか?それだけでライバル大きく引き離せますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  2. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  3. 新築住宅販売は通販会社に学べ!
  4. 「売れるに決まってる物件」つくっていますか?
  5. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

関連記事

  1. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    不動産マーケティング

    建売会社の社長の常識は世間の非常識!?

    人間とは不思議なもので、いつの間にか自分の常識が世間の常識だと思ってし…

  2. 不動産マーケティング

    昔の常識に惑わされていませんか?

    以前、コンサルティングをしたあるクライアントさんの話。大きな会社で…

  3. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。

    不動産マーケティング

    実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。

    売れないと悩む人の多くは、いい商品をつくればお客様は殺到すると信じてい…

  4. 不動産マーケティング

    人はなぜ借金してでも家を買うのか?

    最近、お客様の財布の紐が硬くなってきました。そこで考えなければなら…

  5. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。

    クルマの話で恐縮ですが、建売業界にも関係する話なので少し聞いてください…

  6. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

    建売業界が抱える問題のひとつに、「お客様の声を聞かない」ということがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?
  2. 不動産広告、仲介業者任せにしていませんか?
  3. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  4. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  5. 不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるの…
  1. できる不動産会社の経営者が最も大切にするもの

    不動産会社経営

    できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  2. 難しい専門用語が売上を落とす!

    不動産マーケティング

    難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  3. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。
  4. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。
  5. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
PAGE TOP