価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

不動産マーケティング

価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

「価格競争に巻き込まれないようにするにはどうしたらいいですか?」という質問をよく受けます。それほど、価格競争に巻き込まれて疲弊している業者さんが多いということでしょう。

ここで考えなければいけないことは、なぜ価格競争に巻き込まれてしまうのか?という原因です。裏を返せば、どんな条件が揃うと価格競争に巻き込まれてしまうのか、ということ。

お客様の立場で考えてみましょう。
あなたが価格競争に巻き込まれるということは、お客様があなた以外の競合の物件も考えているということ。あなたにはライバルがいるということです。

あなたの物件が提供する魅力が、ライバルの提供する魅力より圧倒的に大きければ、お客様は価格でどちらかを選ぶことはありません。(あなたの物件の魅力>ライバルの物件の魅力)

しかし、あなたの物件の魅力がライバルの物件の魅力より劣っていると、お客様はあなたの物件の魅力がライバルの魅力に勝つように価格での調整を迫ります。これが価格競争を引き起こす原因です。

では、どうしたらいいのか?
それは、あなたの物件の魅力がライバルの物件の魅力を凌駕すればいいだけ。あなたの物件とライバルの物件に明らかな違いを提供すればいいのです。

ポイントは、「明らかな違い」です。
ライバルの物件とあなたの物件に違いがなけいと思えば、お客様はその違いを価格に求めます。価格ドットコムなどの価格検索サイトが人気なのはそこです。

どこのお店で買っても同じ商品なら、少しでも安く買えるお店で買いたいというのは人間の心理。だからこそ、価格検索サイトが人気があるのです。

しかし、あなたの物件にしかない魅力があれば話は別。お客様が求めるニーズや欲求があなたの物件にしかなければ、価格競争には陥りません。つまり、価格競争に陥るのは、あなたの物件とライバルの物件に明確な違いが見つけられないからです。

お客様が求めるものの中で、ライバルになくてあなたにしかないものがあるか。そしてその魅力がお客様にとって大きければ大きいほど、お客様はあなたの物件の虜になるということです。そうすれば価格競争には巻き込まれません。

大切なことは、お客様のニーズや欲望を満たし、かつ、ライバルにない魅力のある商品をつくること。突出した魅力、明らかな違いを付加することです。

同じような商品をつくっていてはいつまで経っても価格競争からは逃げられません。そろそろ冒険してはいかがですか。新しい世界が見えてきますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売業者は高く売る技術を鍛えろ!
  2. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. あなたの不動産知識、マニアックになっていませんか?
  5. 不動産集客で最も簡単で最も効果のある方法とは?

関連記事

  1. 売れない不動産が売れる!?コンサルタント思考法。

    不動産マーケティング

    売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。

    売れない不動産を売る!それがコンサルタントの仕事と思っている人がいます…

  2. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

  3. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  4. 不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    不動産マーケティング

    不動産会社の売上を確実にアップさせる社会的証明とは?

    商品を売るとき売主は、お客様の3つの「Not」の壁を乗り越えなければな…

  5. 売れた理由

    不動産マーケティング

    建売業者は売れた理由に執着しろ!

    多くの建売業者さんと話をしていて思うことがあります。それは、ほとんどの…

  6. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    「勝ちに不思議の勝ちあり、  負けに不思議の負けなし」野球の野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 難しい専門用語を使えば使うほど売上は落ちる!
  2. いい商品なのに苦戦する意外な理由とは?
  3. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  5. 建売住宅、なぜ今までの売り方が通用しないのか?
  1. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

    不動産マーケティング

    売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  2. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。
  3. 値引きしないで売れる建売会社の条件とは?

    不動産マーケティング

    どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  4. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  5. 売れる不動産広告は一日にしてならず。

    不動産広告

    売れる不動産広告は一日にしてならず。
PAGE TOP