価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

不動産マーケティング

価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

「価格競争に巻き込まれないようにするにはどうしたらいいですか?」という質問をよく受けます。それほど、価格競争に巻き込まれて疲弊している業者さんが多いということでしょう。

ここで考えなければいけないことは、なぜ価格競争に巻き込まれてしまうのか?という原因です。裏を返せば、どんな条件が揃うと価格競争に巻き込まれてしまうのか、ということ。

お客様の立場で考えてみましょう。
あなたが価格競争に巻き込まれるということは、お客様があなた以外の競合の物件も考えているということ。あなたにはライバルがいるということです。

あなたの物件が提供する魅力が、ライバルの提供する魅力より圧倒的に大きければ、お客様は価格でどちらかを選ぶことはありません。(あなたの物件の魅力>ライバルの物件の魅力)

しかし、あなたの物件の魅力がライバルの物件の魅力より劣っていると、お客様はあなたの物件の魅力がライバルの魅力に勝つように価格での調整を迫ります。これが価格競争を引き起こす原因です。

では、どうしたらいいのか?
それは、あなたの物件の魅力がライバルの物件の魅力を凌駕すればいいだけ。あなたの物件とライバルの物件に明らかな違いを提供すればいいのです。

ポイントは、「明らかな違い」です。
ライバルの物件とあなたの物件に違いがなけいと思えば、お客様はその違いを価格に求めます。価格ドットコムなどの価格検索サイトが人気なのはそこです。

どこのお店で買っても同じ商品なら、少しでも安く買えるお店で買いたいというのは人間の心理。だからこそ、価格検索サイトが人気があるのです。

しかし、あなたの物件にしかない魅力があれば話は別。お客様が求めるニーズや欲求があなたの物件にしかなければ、価格競争には陥りません。つまり、価格競争に陥るのは、あなたの物件とライバルの物件に明確な違いが見つけられないからです。

お客様が求めるものの中で、ライバルになくてあなたにしかないものがあるか。そしてその魅力がお客様にとって大きければ大きいほど、お客様はあなたの物件の虜になるということです。そうすれば価格競争には巻き込まれません。

大切なことは、お客様のニーズや欲望を満たし、かつ、ライバルにない魅力のある商品をつくること。突出した魅力、明らかな違いを付加することです。

同じような商品をつくっていてはいつまで経っても価格競争からは逃げられません。そろそろ冒険してはいかがですか。新しい世界が見えてきますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  2. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  3. スタバに学ぶ、建売住宅が価格競争に巻き込まれないための極意。
  4. 不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  5. こうすれば高額な家は売れる!高額な家を売るために絶対に外せないこととは?

関連記事

  1. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    不動産マーケティング

    Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    突然ですが、Nespressoってご存知ですか?Nespressoとは…

  2. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  3. 建売会社はマンション客を狙え!

    不動産マーケティング

    建売会社はマンション客を狙え!

    先日、あるサイトがマイホームを持っている人141名に“マイホーム選びに…

  4. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  5. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    不動産マーケティング

    あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。

    先日、ある大手ハウスメーカーの担当者と話をする機会がありました。誰もが…

  6. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。

    「何であんな物件が売れるんだ!」「俺なら絶対買わないけど・・・」 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。

おすすめの記事

  1. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  2. 紳士服専門店に学ぶ。あなたの建売会社が生き残る方法。
  3. 売れる新築分譲住宅をつくるための基本のキホン。
  4. 不動産会社の経営者が50代になったらやるべきこと。
  5. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?…
  1. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  2. 不動産広告不要論者へ

    不動産広告

    不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?
  3. 不動産マーケティング

    選択肢を増やすと売上アップに繋がるのか?
  4. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。
  5. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
PAGE TOP