中小建売業者は値下げしてはいけない!

不動産会社経営

中小建売業者は値下げしてはいけない!

「見切り千両」ということばがあります。
株式などの相場で使われる言葉ですが、含み損を抱えた株などに対して損失を拡大させないためにある程度の損を覚悟で売買することは、万両の価値があるという格言です。

これは、建売業界でもよく用いられます。売れないと判断したらすぐに値下げして他の現場で挽回する。パワービルダーなどがよくやる方法で多くの中小建売業者もやっています。

果たしてこの方法は正しいのでしょうか?私は疑問に思います。
もちろんビジネスは生きものですから損切りしても換金しなければならない状況もあります。絶対に値下げしてはいけないと言っているのではありません。ただ、値下げは極力避けるべきだと思っています。

その理由は3つ。
まずは、利益の問題。
建売住宅が利益率が高かったのは昔の話。今は思うような利益が取れない時代です。半年、なかには1年がかりで手がけた現場が気がつけばほとんど利益がなかった・・・ではビジネスをしている意味がありません。しかし、安易な値下げを繰り返せばあっという間にそんな状況に陥ってしまうのです。

2番目は、信用の問題。
金融機関はもちろん購入者も仲介業者の信用も失います。お金を借りるために提出した事業計画と現実の売上げが違う訳ですからそんな状態が頻繁に起これば当然、金融機関の信用はなくなります。市況が悪化したときに真っ先に切られる会社になってしまうことでしょう。

また、多棟現場などで最初に購入したお客様と値下げ後の物件価格が余りにも違うとクレームになることもあります。仲介業者は、「今すぐ決めないと売れてしまいますよ・・・」「こんな価格では滅多にでませんよ・・・」などと甘い言葉をささやいて成約させるのが常。そんな言葉で契約させた物件があっという間に大幅値下げではバーゲンセールががあるのを知っていて定価で売る販売員のようなものです。購入者も仲介業者も決して気持ちいいはずはありません。

そして最後が、これが一番重要だと思うのですが、
値下げによって会社が安易な解決策を選ぶ体質になってしまうことです。

「売れないんだから値下げは仕方ない」
「この市況(景気)だから値下げは仕方ない」
「今どきのお客はやっぱり価格」

そんな言い訳を正当化する会社になってしまうことです。こうなってくると仕事に緊張感は生まれません。値下げという逃げ場があるわけですから誰も創意工夫をしなくなります。結果として、売るための努力をしなくなる。そして市況に左右される会社になってしまい競争力がなくなります。

大切なことは、「絶対に値下げしないで売り切る」と覚悟すること。
それさえできれば売るための解決策はおのずと見えてきます。さぁ、あなたも覚悟を決めましょう。そして、値下げしないで売れる会社に生まれ変わりましょう。それが中小建売業者の生き残る道です。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  2. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?
  3. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  4. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。
  5. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

関連記事

  1. 不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営に特効薬を求めてはいけません。

    不景気になってくると増える質問が、どうすれば売れますか?という質問です…

  2. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけな…

  3. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    不動産会社経営

    ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。

    「小さい頃の僕はとにかく内気で大人しい少年だった」 「早稲田大学に…

  4. あなたの感性は時代に合っていますか?

    不動産会社経営

    あなたの感性は時代に合っていますか?

    電通総研が独身者の意識・実態調査を実施した「イマドキ独身女子の結婚観と…

  5. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    不動産会社経営

    新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

    コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みが…

  6. 大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    不動産会社経営

    大きく成長する建売会社になるための企業理念のつくり方。

    以前、「優秀な人材を集めるには企業理念が大切だ」というようなことを書き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけな…
  2. 建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  3. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
  4. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?
  5. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  1. 不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    不動産売却の成約率を上げる3つの要素とは?
  2. 正しいオープンハウスのやり方。

    不動産売却

    正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  3. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  4. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。
  5. 売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社に必要なのは、捨てる勇気。
PAGE TOP