不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法。

不動産マーケティング

不動産営業、お客様の感情を刺激する手っ取り早い方法とは?

昔、とある地方都市で投資用のアパートを分譲した時のこと。
高利回りを武器に投資家への販売を目論んでいたアパートでしたが、何しろ地方の田舎町。簡単には満室に出来ません。いくら新築とは言っても、地方の田舎町では新規需要は限界があるからです。

そこで思いついたのは、すでに住んでいる人を新築に移すという作戦。その昔、北海道の投資物件業者がよくやっていた手です。簡単に言えば、近所のアパートに住んでいる人に新しいアパートができたので住みかえませんか?という営業をかける方法。

敷金、礼金はもちろん不要。今なら同じ条件で新しいアパートに住み変えられますよと営業をするのです。まあ、同じ条件で新しいアパートに住めるわけですから悪い話ではないのですが、引越しの手間を考えると二の足を踏む人も少なくありません。

そこで、それでも効果がない場合は、プレゼント攻撃を加えます。何をするかというと、駅から遠い物件だったら新品の自転車や原付バイクをプレゼントするというやり方です。これが一時期、流行りました。新築のアパートを建てて、近所のアパートの住民に敷金、礼金なし、その上、新品の自転車や原付バイクをプレゼントして部屋を満室にするという方法。そして、満室状態にした上で投資家に販売するのです。

このやり方がいいか悪いかは別として、ここで注目したいのは、プレゼントの方法です。実は、このプレゼントの方法で優劣ができたのです。ある会社は、このプレゼント攻撃が効果的だと聞いてチラシに今なら自転車プレゼントと掲載して営業しました。また、ある会社は、チラシに今なら自転車プレゼントを掲載しただけでなく、部屋にプレゼント用の自転車を飾っておきました。

どちらが早く賃貸が埋まったかは、後者。実際にプレゼントする自転車を部屋に飾っておいた業者の物件でした。何が言いたいのかというと、人は現物に弱いということ。プレゼントしますと言葉や写真で伝えるよりプレゼントする商品そのものを見せる方が何倍も効果的だということです。

よく家具付きで販売しましょうと提案すると、家具は好き嫌いがあるから、購入すると決まってから用意すればいいのでは、と云う反論がでますがこれでは効果は半減します。なぜなら、現物が見えない、触れられないのでお客様の感情が刺激されないからです。大切なことは、お客様の感情をなるべく直に刺激すること。そのためには、現物を見せること、触れさせることが一番です。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  4. なぜ建売会社は過去の成功体験に囚われてはいけないのか?
  5. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

関連記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。

    コンサルタントの仕事をしていると建売業者さんの誤った認識に気づくことが…

  2. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    価値観の相違という言葉をよく耳にします。そう、価値観が違うと、どんなに…

  3. えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    不動産マーケティング

    えっ本当?売れる物件を作りたいならお客様の声を聞いてはいけない。

    売れる商品や売れるサービスを考えるとき、まず最初に言われるのが「お客様…

  4. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    不動産マーケティング

    なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?

    「勝ちに不思議の勝ちあり、  負けに不思議の負けなし」野球の野…

  5. 真面目な建売会社が報われない意外な理由。

    不動産マーケティング

    真面目な建売会社が報われない意外な理由。

    「うちは、物件がいいから見てもらえれば決まるんだけど・・・」 もし…

  6. ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ!売れる建売会社になるための3つのポイント。

    ジャパネットたかたが、福岡市に初の実店舗を開設しました。これまでは自前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

おすすめの記事

  1. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
  2. これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  3. 建売住宅販売は小さく攻めろ!
  4. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
  5. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!
  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

    不動産集客

    売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?

    不動産会社経営

    あなたの不動産会社、失敗から学んでいますか?
  3. 予告広告

    不動産広告

    なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  4. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。
  5. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    不動産会社経営

    上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?
PAGE TOP