中小建売業者はモノマネをしなさい。

不動産マーケティング

松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があります。

模倣とは、簡単にいえばマネ。モデリングという言い方をする人もいますが、要するにモノマネです。儲かっている会社のマネをしましょうと言うと、罪悪感にさいなまれる人もいますが、経営資源(人、モノ、金)に限りがある中小企業では決して恥じることではありません。

あの松下電器(現在のパナソニック)の創業者、松下幸之助さんですら
「うちの商品開発部は品川になる」と公言していたといいます。

当時、ソニーの本社が品川にあったのは周知の事実。業界ではマネシタ電器と揶揄されるほど露骨にマネをしていたそうです。他にも、韓国の世界的な会社、サムソン電子(売上高約37兆円)も東京に「ソニー研究所」をつくっていると噂されるほどソニーをマネしています。

そんな世界を代表する企業ですら、ライバル企業のマネをするのですからマネもひとつの戦略。中小企業が利用しない手はありません。しかし、このモノマネ戦略、簡単かというと決して簡単ではありません。いや、むしろかなりの技術と情熱がなければうまくいかないのが難点です。

まず、重要なことはただ単に、同じ商品をつくったとしても売れないということです。そもそも本家本元がいるわけですから同じ商品なら、本家本元の商品を買われてしまいます。つまり、本家本元の商品と比べて優位に立てるものがないと後発組は勝てないということです。

松下電器がソニーのマネをして商品を開発したのに、ソニーより売れたのはソニーより強い販売力があったからでした。そもそも商品開発に多額に費用を投じていない松下電器は、ソニーと比べると安価に商品が販売できます。その上、ソニーより圧倒的に強い販売網を持っている。だから、二番手でもトップ以上の収益を上げることができたのです。

つまり、大切なことはモノマネを差別化すること。本家本元以上の何かをプラスして差別化することです。

建売住宅なら今売れている建売住宅やハウスメーカーの家を忠実にモノマネする。そして、お手本にした住宅に自社のオリジナルを付け加えるか、自社の強みを付け加える。そして本家本元以上の商品に仕上げることです。そうすれば、本家本元以上に売れるようになります。

あの経営学の巨人と呼ばれるピーター・ドラッカーも勧めるモノマネ戦略(創造的模倣戦略)。あなたもぜひ試してみてください。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!
  2. 中小建売会社は非効率で勝負しろ!
  3. 不動産販売、困った時は人柄で売れ!
  4. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  5. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?

    アドビシステムズが、企業のWebサイトやソーシャルメディアなどのデジタ…

  2. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    不動産マーケティング

    一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    中小建売業者にとって、世の中のトレンドを知ることは、効率的な経営をする…

  3. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    コンサルタントをしていると、何でも自分でやらないと気が済まない、何でも…

  4. 儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    不動産会社経営

    儲かる建売会社になるための究極の決断とは?

    もしあなたが長期的に成功する建売会社になりたいのなら、間違ってはいけな…

  5. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    不動産マーケティング

    儲かる差別化に必要な3つの要素とは?

    売れる建売業者になるため必要なこと。それは、差別化です。 お客様が…

  6. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  2. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。
  3. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。
  4. 不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。
  1. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。
  2. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。

    不動産売却

    不動産売却、現地看板は基本のキホン。
  3. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  4. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。
  5. 建売業者も営業力の時代。

    不動産マーケティング

    建売業者も営業力の時代。
PAGE TOP