販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

不動産マーケティング

販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

最近、ホームページのリニューアルの相談が増えています。その際に、まずお伺いするのは今まで販売してきた物件の写真はありますか?ということ。ホームページにとって、写真は命。写真があるかないかで訴求力、いや売上げは大きく変わるからです。

もちろん新しくビジネスをはじめた人は写真がないのが当たり前ですから、ないなりの方法で進めますが、やはり写真がある人より、ハンデがあります。そんな重要な写真ですが、建売業者さんはほとんど重視していません。

どうしてだろう?と考えてみると、答えはやはり写真なんかなくても売れてきた、ということに他なりません。実際、今でも未公開物件などは写真なしで売れますし、ホームページがなくてもやっている建売業者さんもたくさんあります。ただ、それがいいことかというと決しておすすめできる方法ではありません。むしろこれからはその企業体質がデメリットになる時代です。

そもそも写真が必要なのは、お客様の購入を決断しやすくするため。数千万円という人生で最も高価な買い物を少しでも安心してできるようにするには、売主の過去の実績を端的に伝える写真はとても重要です。どれだけ言葉でうちはいい家を作っています、と言っても信用してもらうのは簡単ではありません。

それに対して過去に販売してきた物件はこちらです。ときれいな写真集を見せれば、言葉は不要。「1枚の写真は1,000の言葉にも勝る」という言葉があるように、その効果は絶大です。実際、建築家などはその効果をよく理解しているため、彼らのホームページは過去の物件写真で溢れています。

それほど効果絶大で売上げに直結する写真ですが建売業界では重要視されてきませんでした。裏を返せば、ライバルがあまり力を入れていない部分。ここを強化するだけでも大きな差別化に繋がります。

もちろん、ただ単に写真を撮ればいいというわけではありません。消費者(お客様)を安心させるような写真、買いたくなるような写真が必要です。できればプロのカメラマンに頼むのがいいでしょう。写真撮影の相場は、枚数にもよりますがおおよそ10〜15万円程度。フリーのカメラマンはインターネットで簡単に見つかりますし、撮影時期に余裕があれば価格交渉も可能です。

もし、毎回10〜15万円も出せないということであれば、自分で撮ることも可能です。最近のカメラは性能がいいのでいい機材さえ購入すれば素人でもプロ並みの写真を撮ることも可能です。ちなみに、最低限必要な機材は、一眼レフのデジタルカメラと広角レンズ。広角レンズは、10ミリをカバーする超広角ズームレンズがおすすめです。価格は、40,000円程度〜と少し高めですが、これがあるのとないのとでは天と地ほどの差がでます。正直、これさえあれば物件の魅力が200%くらいアップします。

一眼レフカメラ自体は、最新のものでなくても大丈夫。むしろ、カメラ本体は旧型を購入してもレンズだけは超広角レンズを購入した方がいいでしょう。費用は、カメラ本体とレンズ合わせて10万円程度。写真は撮れば撮るほど上手になってきますから、やる気がある人にはおすすめです。

物件写真は、ホームページはもちろん、チラシやパンフレットなどいろんな用途に利用できるとても重要なコンテンツ。今は必要ないと思っても事業が成長すれば必ず必要な時期がきます。だまされたと思ってきれいな物件写真を撮り貯めてください。近い将来、きっと感謝する日が訪れますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産広告は、目立ってなんぼ。
  2. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。
  3. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  4. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  5. これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。

関連記事

  1. 仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    不動産マーケティング

    仕入れに失敗した建売用地、あなたならどうする?

    以前、コンサルティングをしたある地方の新築分譲業者さんの話。 社員…

  2. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

  3. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?

    家といっても、購入する世代によって求めるものは大きく違います。 だ…

  4. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。 左脳…

  5. バブル世代の価値観が通用しない理由。

    不動産マーケティング

    バブル世代の価値観が通用しない理由。

    建売業者さんの売れない言い訳の一つに、「うちは有名じゃないから・・・」…

  6. 中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?

    不動産マーケティング

    中小建売業者必見!あなたの認識ずれていませんか?

    中小の建売業者にとって、最近のお客様の動向を知るのは至難の技。そこで活…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 不動産会社が陥る、成功体験の罠。
  2. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?

おすすめの記事

  1. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  2. こうすれば新築住宅は青田で売れる!
  3. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  4. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  5. あなたの感性は時代に合っていますか?
  1. 家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?

    不動産マーケティング

    家余り時代(成熟期)に売れる新築住宅とは?
  2. 値下げ前にやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    あなたが値下げ前にやるべきこととは?
  3. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。
  4. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
  5. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
PAGE TOP