建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

不動産広告

不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふりまわされることがあります。

もちろん、業界の常識にも今に通用するものもありますし、業界の常識を守った方がラクなこともあります。しかし、その一方で、なんでこんな常識を守り続けているのだろうという常識も多いもの。実際、あなたが守っている常識を破って大成功している業者もたくさんいます。

そもそも常識というものは、横並び意識。他社と同じ枠組みで考えることになりますから他社より優位な地位に行くことはできません。そんな業界の常識のなかでも、私が異様に感じるのは不動産業界の広告禁止という常識です。もともとは、仲介業者を中心に広がった広告禁止。まだレインズが発達する以前の不動産仲介業が未熟だったころの常識です。

この広告禁止の目的は自社による両手仲介を促すため。他社が持っていない情報を持っていることでお客様を集客するのが狙いです。確かに、この方法は効果がありました。今でも効果がないわけではありません。ある一定の条件のもとでは、それなりの効果のある方法です。しかし、万能ではありません。なぜなら時代背景が違うからです。

この方法(広告しないで売るという売り方)は、物件情報が容易に手に入らない時代には有効ですが、今のように物件情報が容易に手に入る時代にはあまり効果がありません。効果がない理由は、お客様の購買スタイルの変化。情報が少ない時代は、情報を得るために不動産業者と接触しなければなりませんでした。だから、不動産会社は容易にお客様を集客できたのです。

お客様と接触さえできればしめたもの。あとは得意の営業力と「まだどこにも出てない情報があるんですが・・・」という口説き文句で、広告されていない物件を勧めれば簡単にお客様を落とすことができました。しかし、今は違います。

今は不動産会社に行く前に自分でインターネットやその他の媒体から物件を探す時代。自分である程度見込みをつけてから、最後に不動産会社へ行く時代です。そこを勘違いしている業者さんが多い。時代が変わりお客様の購買スタイルが変わったことに気づいていないのです。

大切なことは、お客様の購買スタイルに合わせた売り方をすること。今の時代であれば、お客様が自分で物件情報を集める場所に、あなたの物件情報を掲載することが売れるための最善の方法なのです。SUUMOを見るのが常識になっているお客様が多いなら、SUUMOに物件情報を掲載するのは当たり前。それをインターネット広告禁止とか自社サイトのみ広告OKとか制約をつけるのは、自らビジネスチャンスを放棄しているのと同じです。

どんなにあなたの物件にピッタリのお客様がいても、あなたの物件を知らなければ買うことはできません。広告とは、あなたの求めるお客様にあなたの物件情報を知らせること。ひとりでも多くの人にあなたの物件の良さを知ってもらえれば売れる確率は上がるのです。だから広告が必要なのです。

他社が業界の常識に縛られていればいるほど、その常識を破ればビジネスチャンスが生まれます。あなたもそろそろ業界の常識を破ってみませんか。新しい世界が見えてきますよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  2. 儲かる建売会社へ体質改善しませんか?
  3. あなたの知らない大手ハウスメーカーの本当の客層。
  4. 完成在庫はオープンハウスで売れ!
  5. 成約率を落とす!間違いだらけの新築住宅の見せ方。

関連記事

  1. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    不動産広告

    値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    新築一戸建てを分譲している会社や不動産仲介業者からよく聞く言葉にこんな…

  2. 思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    不動産広告

    思わず共感!ヒットする不動産広告のつくり方。

    日経MJによれば、ブルボンのお菓子「濃厚チョコブラウニー」が人気です。…

  3. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    先日、顧問先からこんな相談を受けました。それは、一生懸命、広告している…

  4. レインズでわかる!あなたの物件の認知度。

    不動産広告

    レインズでわかる、あなたの物件の本当の認知度。

    できることなら完成前。悪くても完成後1ヶ月以内。それくらいで売れるとう…

  5. 不動産広告にマイナス表現は必要か?

    不動産広告

    不動産広告にマイナス表現は必要か?

    ある建売業者さんから届いたクレーム。完成しても売れない在庫物件のために…

  6. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    私がつくる不動産チラシや販売図面は価格の表示が小さい。本当は、もっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?
  2. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。
  3. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  4. 建売会社がいい家をつくること以上に力を入れるべきこと。

おすすめの記事

  1. 驚異的な売上を達成した住宅業界の伝説のキャッチコピーとは?
  2. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。
  3. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  4. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  5. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  1. 売れる建売会社とネーミングの関係。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社とネーミングの関係。
  2. こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!

    不動産マーケティング

    こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!
  3. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  4. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  5. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
PAGE TOP