完成在庫はオープンハウスで売れ!

不動産売却

完成在庫はオープンハウスで売れ!

建売業界の7不思議のひとつに、完成物件のオープンハウスを徹底しないということがあります。そもそもオープンハウスで販売すること自体を否定する建売業者さんもいれば、数回オープンハウスをやっただけで止めてしまう建売業者さんもいます。他にも、オープンハウスはやって欲しいけど、やってくれる仲介業者がいない・・・と投げ出してしまう建売業者さんもいます。

これって、すべて間違い。完成した建売住宅は、可能な限り毎週でもオープンハウスをやるべきです。オープンハウスをやってくれる仲介業者がいなければあなたがやればいいだけ。それだけのことです。

とにかく、オープンハウスを徹底すること。
これが在庫を早期に売り切るもっとも効果的な方法です。

まあ、こんな話をすると必ず出てくる反論が、そんなに頻繁にオープンハウスをすると売れない物件のように思われる、晒し物件になる、という反論ですが、実際、売れてないのですから仕方のないこと。

晒し物件になろうがなるまいが、売るためにはあなたの物件の存在を知ってもらうことが第一。そこにあなたの物件があることをターゲットにしている人に知ってもらうことが重要なのです。

これを認知率を上げる活動というのですが、売上を効果的に上げるために、認知率には目標数値があります。それは、ターゲットとする人の1/2〜2/3に認知してもらうこと。

仮に、あなたの物件を購入しそうな人が1,000人いるとしたら、そのうちの500人〜666人はあなたの物件を知っている、見たことがある、検討したことがある、という状況に持っていかなければならないということです。

もっと言えば、賃貸マンションに住んでいる人100人にあなたの物件のことを知っていますか?という質問をしたら、100人中50人〜66人の人が知ってます、見たことがあります、検討したことがありますという状況に持っていかなければならないということ。

これってかなりハードルが高いと思いませんか?正直いって、ここまであなたの物件をターゲットとする見込み客に告知するのは簡単なことではありません。3ヶ月間、毎週毎週オープンハウスをやったとしても簡単に達成できる数字ではありません。

でも、売上を達成するためにはやらなければいけない作業。売主としてやるべき最低限の作業です。そこまでやっても売れない、となったらはじめて他の原因を考えればいいこと。

逆にいえば、そこまでやってもいないのに価格が高いから売れないとか、○○が悪いから売れないとかという批判に耳を傾けることはないということです。

まずは、認知率を上げましょう。
あなたの物件を見込み客に知ってもらいましょう。悩むのはそれからです。

 

 

ピックアップ記事

  1. アラサー世代が好むインテリアとは?
  2. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  3. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?
  4. なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  5. 経営者必見!あなたはどれだけ社長の仕事してますか?

関連記事

  1. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    不動産マーケティング

    お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?

    先日、妻が風邪をひいてドラッグストアに行ったときの話。仕事から帰ってき…

  2. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

    先日、あるリノベーションマンションを見てきました。クライアントが新しく…

  3. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    不動産売却

    購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。

    お客様の購買心理というのは不思議なもの。 全然買う気がなかったのに…

  4. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。

    不動産売却

    不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。

    日経MJにルミネのカリスマ店員についての記事が掲載されていました。商業…

  5. 弱点のある不動産の売り方。

    不動産売却

    あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。

    新築住宅を分譲していると弱点のある物件を仕入れることもあります。日当た…

  6. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    不動産売却

    あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    先日、FAXDMをやってみました。以前、DMで販売していた商品なのです…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. なぜあの新築分譲会社はレクサスとプリウスを使い分けるのか?
  2. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  3. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  4. あなたの新築住宅がすぐにマンネリ化する理由。
  5. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  1. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  2. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。

    不動産会社経営

    不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  3. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。

    不動産マーケティング

    販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  4. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    不動産会社経営

    上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?
  5. 不動産マーケティング

    あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
PAGE TOP