不動産広告は、目立ってなんぼ。

不動産マーケティング

不動産広告は、目立ってなんぼ。

71.6倍。
これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわかりますか?
答えは、ネットの情報量です。

ブログやツイッター、フェイスブック等々、誰でも簡単に、ほとんど無料で情報を発信できるようになったこともあり、ネットの情報量は日増しに増えています。

一見、情報量が増えるのはいいことのように思えますが、残念ながら、ネットの情報量が増えることと、その情報が見られることは比例しません。

つまり、ネットの情報量はここ8年間で71.6倍にもなっているのに、実際に見られている情報はわずか2.3倍にしかなっていないのです。(我が国の情報通信市場の実態と情報流通量の計量に関する調査研究結果より)

これは簡単にいうと、ひとつの情報が消費者の目に止まる確率がとても低くなった、ということ。しかも、このデータは2009年のものですから、この傾向は、今ではもっと大きくなっていることでしょう。

これは、ネットで集客している、もしくは、ネットで集客したい不動産会社にとっては大きな問題です。いくら情報を発信しても、広告を出しても、お客さんに見てもらうのが難しくなっているわけですから。

もちろん、これはネット以外の媒体にも影響を与えます。チラシや雑誌広告も同様です。そもそも人間が処理できる情報量には限度がありますから、ある程度のキャパを超えるとどんな情報も頭に入ってきません。ということは、激増する情報の中でお客様に見てもらう努力をしなければ売上には繋がらないということです。

あなたがどんなに素敵な家をつくったとしても、その情報がお客様に伝わらなければ売れません。だとすれば、まずは目立って、あなたの伝えたい情報を見てもらうことが最優先だということです。

私が提供しているサービスのひとつに販売図面の作成サービスがありますが、販売図面でも大切なことは目立つことです。たかが販売図面、されど販売図面。営業マンから送られてくる数十枚という物件資料の中でいかに目立つか。まずはそこが第一関門です。

その第一関門を抜ける一番の方法は意外性。
他社とは違う意外性を見せることです。

よく私の販売図面は文字が多すぎると言われますが、これも意外性のひとつ。他社が少ないありふれた言葉で販売図面を作る正反対をやっているのです。もちろん好き嫌いはあるでしょうが、目的は売れること。売れるためにはお客様に手にとって読んでもらわなければ先に進みません。

私たちが常に考えなければならないことは、増え続ける情報の中でどうすれば目立つか。
売上に直結する永遠のテーマです。

 

ピックアップ記事

  1. 松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!
  2. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  3. 不動産営業マンは見た目が9割!?
  4. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  5. あなたの時代認識、間違っていませんか?

関連記事

  1. 不動産マーケティング

    その色使い、間違っていませんか?

    多くの建売住宅を見ていると立地や価格は問題ないのに「この家は売りにくい…

  2. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

  3. 売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    不動産マーケティング

    売れる新築住宅をつくるための意外な質問とは?

    コンサルティングをしていて一番多い質問は、「どうしたら売れるようになり…

  4. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    不動産広告

    なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    どうすれば売れる広告をつくれますか?とよく聞かれます。よく聞かれるとい…

  5. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    アキュラホームが最近の住宅傾向について発表しました。この調査は、同社が…

  6. 不動産広告はwantsを引き出せ!

    不動産広告

    不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

    枕ひとつが、25,000円〜35,000円と聞いてあなたはどう思うでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  2. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  3. 「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  4. なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  5. 老舗不動産会社の社内改革が進まない本当の理由。
  1. 不動産マーケティング

    その色使い、間違っていませんか?
  2. 売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。

    不動産マーケティング

    売れる新築一戸建てをつくるための女ゴコロの掴み方。
  3. 不動産広告、この一言で売上が伸びる!

    不動産広告

    不動産広告、このひと言で売上が伸びる!?
  4. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。
  5. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    不動産広告

    なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
PAGE TOP