不動産広告は、目立ってなんぼ。

不動産マーケティング

不動産広告は、目立ってなんぼ。

71.6倍。
これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわかりますか?
答えは、ネットの情報量です。

ブログやツイッター、フェイスブック等々、誰でも簡単に、ほとんど無料で情報を発信できるようになったこともあり、ネットの情報量は日増しに増えています。

一見、情報量が増えるのはいいことのように思えますが、残念ながら、ネットの情報量が増えることと、その情報が見られることは比例しません。

つまり、ネットの情報量はここ8年間で71.6倍にもなっているのに、実際に見られている情報はわずか2.3倍にしかなっていないのです。(我が国の情報通信市場の実態と情報流通量の計量に関する調査研究結果より)

これは簡単にいうと、ひとつの情報が消費者の目に止まる確率がとても低くなった、ということ。しかも、このデータは2009年のものですから、この傾向は、今ではもっと大きくなっていることでしょう。

これは、ネットで集客している、もしくは、ネットで集客したい不動産会社にとっては大きな問題です。いくら情報を発信しても、広告を出しても、お客さんに見てもらうのが難しくなっているわけですから。

もちろん、これはネット以外の媒体にも影響を与えます。チラシや雑誌広告も同様です。そもそも人間が処理できる情報量には限度がありますから、ある程度のキャパを超えるとどんな情報も頭に入ってきません。ということは、激増する情報の中でお客様に見てもらう努力をしなければ売上には繋がらないということです。

あなたがどんなに素敵な家をつくったとしても、その情報がお客様に伝わらなければ売れません。だとすれば、まずは目立って、あなたの伝えたい情報を見てもらうことが最優先だということです。

私が提供しているサービスのひとつに販売図面の作成サービスがありますが、販売図面でも大切なことは目立つことです。たかが販売図面、されど販売図面。営業マンから送られてくる数十枚という物件資料の中でいかに目立つか。まずはそこが第一関門です。

その第一関門を抜ける一番の方法は意外性。
他社とは違う意外性を見せることです。

よく私の販売図面は文字が多すぎると言われますが、これも意外性のひとつ。他社が少ないありふれた言葉で販売図面を作る正反対をやっているのです。もちろん好き嫌いはあるでしょうが、目的は売れること。売れるためにはお客様に手にとって読んでもらわなければ先に進みません。

私たちが常に考えなければならないことは、増え続ける情報の中でどうすれば目立つか。
売上に直結する永遠のテーマです。

 

ピックアップ記事

  1. 自動車メーカーに学ぶ、売れる新築一戸建てのつくり方。
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 購入者の属性、把握していますか?
  4. できる不動産会社はここが違う!契約後に必ずやるべきこととは?
  5. 建売業界で小さく確実に儲ける唯一の方法。

関連記事

  1. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。

    クルマの話で恐縮ですが、建売業界にも関係する話なので少し聞いてください…

  2. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  3. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    不動産マーケティング

    あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    建売住宅の場合、完成物件はそのままモデルハウスです。新築マンションやハ…

  4. あなたの不動産広告の知識は30年前より進化してますか?

    不動産広告

    あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?

    何かの記事で読んだ話ですが、とても示唆に富むたとえ話なのでみなさんにも…

  5. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    不動産マーケティング

    不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

    価値観の相違という言葉をよく耳にします。そう、価値観が違うと、どんなに…

  6. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。

    建売業界が抱える問題のひとつに、「お客様の声を聞かない」ということがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!
  2. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  3. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。
  4. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  5. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!
  1. 不動産マーケティング

    有名建築家の作品なら高くても売れる!?
  2. 売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!

    不動産マーケティング

    売れる不動産の極意はセブンカフェで学べ!
  3. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
  4. 一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。

    不動産マーケティング

    一粒で二度おいしいアンケート結果の使い方。
  5. これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

    不動産会社経営

    これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。
PAGE TOP