お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

不動産広告

お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?

NYにある有名レストランの話。NYミシュラン5年連続受賞に輝く日本人経営のレストランがあります。その名は、「HAKATA TONTON」。博多料理のお店です。

このお店の名物料理は、なんと「豚足」。正直、私は苦手なのですが、多くのニューヨーカーがこの「豚足」を目当てに訪れるそうです。これだけ聞くと、やっぱり外人は肉が好きなんだ、と思ってしまいますが、実は、NYは豚肉を食べないユダヤ系住民が多い街。豚肉は決してポピュラーな料理ではありません。

そんな街で、なおかつ個性的な「豚足」を人気料理に変えてしまったのは、店主のひとつのアイデアでした。そのアイデアが「言葉」です。このお店ではメニューに「豚足」のことを「Pig’s feet」と訳さず、そのまま「TONSOKU」と書いて出しているそうです。その理由は、「Pig’s feet」と直訳して出したら、気持ち悪がられて売れない、お客様を食わず嫌いにしてしまうと考えたから。そこで、日本語のままメニューに載せることにしたのです。

当然、日本語のままメニューに載せると外人は言葉の意味がわかりません。「TONSOKUって、何?」と聞いてくるわけですが、そこでこう答えたといいます。それは、「フランス人がこよなく愛する料理、ピエ・ド・コションです」と。そして更に、「ピエ・ド・コションって何?」と聞かれた時にはじめて、「Pig’s feetです」と答えるのだそうです。

すると決まって、「フランス人に人気の料理なら一度食べてみよう」となり売れていったといいます。気がつけば噂の「TONSOKU」を食べてみたいという人が集まりはじめ、あっという間に予約2週間待ちという繁盛店になったといいます。

ここで参考になるのが、言葉の使い方です。
このお店が繁盛店になるかならないかを決めたのは、料理ではありません。
シェフの腕でもありません。言葉の使い方。料理の説明の仕方です。

これが上手にできるかできないかで単なるゲテモノ料理を出すキワモノのお店か、斬新な料理を出すハイセンスなお店に変わります。料理の質もシェフの腕も全て同じなのに説明の仕方ひとつ、言葉の使い方ひとつで、お店の売上は大きく変わるということです。

これは、レストランだけに限った話ではありません。不動産販売もしかり。どんな言葉で、どんな説明をするかによって、売れるか売れないかは決まります。これが商売の面白いところ。経営者のセンスが問われるところです。

あなたはどんな言葉で不動産を売っていますか?

もし売れ行きに不満があるなら、言葉の使い方を変えてみてはいかがですか?
「TONSOKU」のようにお店を代表するヒット商品に変わるかもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  2. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  3. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
  4. 即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。
  5. 新築住宅販売は通販会社に学べ!

関連記事

  1. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    不動産広告

    新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。

    多くの建売業者さんは、建売住宅は完成してからが勝負だと思っています。そ…

  2. 不動産広告

    過去の失敗にとらわれていませんか?

    コンサルティングをしていると2つのタイプの経営者に出会います。 …

  3. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  4. 不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    不動産広告

    不動産広告、インターネット至上主義の落とし穴。

    先日、顧問先からこんな相談を受けました。それは、一生懸命、広告している…

  5. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  6. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。

    71.6倍。これは、ここ8年間で増えた「あるもの」の量です。何かわ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。
  2. 新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。
  3. 実例に学ぶ、イマドキ若夫婦の不動産の探し方。
  4. 建売業者が犯す「大幅値引きしました!」の間違い。
  5. 社長が忙しすぎる不動産会社がダメな理由。
  1. 仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?

    不動産売却

    仔犬に学ぶ、不動産売却の極意とは?
  2. 不動産会社が抑えるべき3つの媒体

    不動産集客

    不動産会社が押さえておくべき3つの媒体。
  3. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

    不動産広告

    えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。
  4. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。
  5. 高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。

    不動産マーケティング

    高額な新築分譲住宅を売るための価格の壁の壊し方。
PAGE TOP