あなたの会社の評判を知る最も簡単な方法とは?

不動産マーケティング

あなたの会社の評判を知る最も簡単な方法とは?

建売業者さんからコンサルティングを依頼された場合、まず最初にすることは、その会社の評判を調べることです。最近は、インターネットのおかげで調べるのがとっても簡単になりました。

建売業者さんの「会社名」と「評判」という文字を入力すると、すぐに「◯◯ってどうですか?」というような口コミの掲示板が現れます。それを読んでいくと、なんとなくその会社の抱えている問題が見えてきます。

もちろん、口コミの掲示板はライバル会社が嫌がらせで悪い評判を書いていることもよくあります。だから、すべてを信じることはできません。実際、どこの掲示板も悪口だらけ。誹謗中傷は当たり前。大手も中小も相当叩かれています。

しかし、なかには真実もあります。同じようなクレームが続いている場合は真実である可能性は高いでしょう。このような口コミ掲示板は、自社の問題点を探すのに適しているだけではありません。ライバルの問題点を探すのにも効果的で
す。

ライバル業者が顧客からどう思われているのか、不動産業者からどう思われているのか、ライバルが抱える問題を分析して、対策を練ればかなり優位に立てます。

そんな口コミ掲示板ですが、叩かれる要因のほとんどは、次の3つです。

ひとつは、約束を守らないこと。
約束といっても契約上の約束ではなく、連絡不足などコミュニケーションがうまく取れていないことによるクレームです。連絡するといった日に連絡がない・・・、こちらから連絡しないと連絡してこない・・・、言った、言わないの水掛け論など、担当者のコミュニケーション不足による問題です。大抵は、担当者が忙しいことによって引き起こされる問題ですが、こじれると大きな問題になります。

2つ目は、現場がきちんと管理されていないこと。
現場の掃除が徹底されていないことや資材にカバーがかぶせられていないことからくる建物への不安です。施主自らが不安で書き込むことも多いのですが、近所の人の書き込みも少なくありません。現場がきれいに掃除されていることと建物の施工具合は必ずしも一致はしませんが、素人にとっては一事が万事。掃除ぐらいで会社の評価が上がるなら徹底すべきです。

そして最後がアフターフォロー。
これは圧倒的に顧客からの書き込み。実際にその会社で購入したお客様の言葉ですから重みがあります。大抵は、アフターサービスで連絡してもすぐに対応してくれないというもの。新規のお客様対応で忙しいのはわかりますが、ここを抑えておくかどうかで、紹介率は大きく変わります。

まあ、どれも基本的なことといえば基本的なこと。当たり前のことができていないだけです。裏をかえせば、こんな当たり前のことができるようになるだけで会社の評価は一気に上がるということ。ライバルに口コミで差をつけることは簡
単だということです。

まずは、自社の口コミ評価を見てみましょう。辛いですが、それがあなたの今の世間からの評価です。がんばって改善していきましょう。

 

ピックアップ記事

  1. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。
  2. 過去の失敗にとらわれていませんか?
  3. できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  4. 広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?
  5. 不動産会社が知っておくべき商品認知度と値下げの関係。

関連記事

  1. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    いい家を作っている建売業者さんがあります。社長以下、スタッフの皆さんも…

  2. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

  3. こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    不動産マーケティング

    こうすれば不動産も売れる!ポルシェのDM大作戦。

    ポルシェのディーラーがカナダで行ったDMのキャンペーンがあります。とて…

  4. 不動産マーケティング

    仲介業者に洗脳されていませんか?

    「貧すれば鈍する」ということわざをご存知ですか?「貧すれば鈍する」…

  5. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    不動産マーケティング

    売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。

    人の購買は、左脳消費と右脳消費の2種類から成り立っています。 左脳…

  6. 不動産マーケティング

    アラサー世代が好むインテリアとは?

    建売住宅の購買層といえば圧倒的に30代。だとすれば、30代の趣味嗜…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  2. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  3. 建売業者も営業力の時代。
  4. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!
  5. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。

おすすめの記事

  1. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!
  2. アラサー世代が好むインテリアとは?
  3. できる不動産会社の経営者が最も大事にすること。
  4. あなたの感性は時代に合っていますか?
  5. 勉強熱心な不動産業者が陥る罠(ワナ)とは?
  1. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  2. 二匹目のドジョウを狙え

    不動産マーケティング

    建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  3. 不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?

    不動産集客

    不動産集客、あなたのターゲットは男性それとも女性?
  4. 「何であんな物件が売れるんだ…」と思ってしまう真面目な建売業者さんへ。

    不動産マーケティング

    「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。
  5. 不動産はAIDMAの法則で売れ!

    不動産マーケティング

    不動産はAIDMAの法則で売れ!
PAGE TOP