不動産広告に現地看板が効果的な理由。

不動産広告

不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?

愛犬との散歩コースに中古輸入車販売のお店があります。ディーラーではなく、個人経営の輸入中古車販売店。それもベンツ専門店で価格は70万円位から600万円位という微妙な価格。主流は300万円前後という感じで手が届かないという価格帯ではありません。クルマはいつもピカピカ。カッコイイホイールを履いて年式を感じさせない高級感。以前、輸入車で痛い思いをした私には逆にそれが怪しい雰囲気に思えてなりません。

そんな輸入中古車店ですが、毎日散歩でその店の前を通っていると私の意識が徐々に変化しているのに気づきます。それが、中古ベンツもいいかも・・・という感情です。実は、毎日見ているうちにベンツに乗っている自分の姿が頭の中に描かれ欲しいという感情に変わってきたのです。

人は頭のなかに描いたイメージを実現しようとします。
つまり、ベンツに乗っているカッコイイ自分がイメージできてしまったために、それを実現したいという感情がわき起こってきたのです。

この輸入中古車店がそれを意図的にやっているかどうかはわかりません。しかし、売れる営業マンはそれを意識的にしろ無意識にしろ、必ずやっています。彼らは、お客様にその商品を使っている状態を簡単にイメージさせられるからこそ売れる営業マンなのです。

これは、建売住宅の販売にも利用できます。
お客様の頭のなかにあなたの建売住宅に住んでいる姿をイメージさせるのです。イメージさせる方法は色々ありますがまず最初にすべきことは、現地に看板を立てること。そして、そこに建売住宅が建つことを周囲の人に認知させることです。とても当たり前のことですが、そんな当たり前のことができていない現場がたくさんあります。

そもそも、そこに建売住宅が建つということがわからなければ、お客様にそこに住んでいる自分をイメージさせることはできません。そして、看板にはどんな家が建つのかという完成予想図(パース)もしくは写真を掲載することです。

ポイントは、素敵な生活がイメージできるような憧れの生活が実現できそうなきれいなパースまたは写真を使うことです。私が輸入中古車店のクルマに憧れたのはクルマがピカピカでカッコ良かったからです。あれが、汚いクルマで、古びたホイールを履いていたら、決してそのクルマに乗っている自分の姿に憧れることはなかったでしょう。

建売住宅の場合、もっとも購入する見込みの強いお客様は近隣の人。
だから、その人の頭のなかに徐々に侵入できれば、ガリガリの営業をしなくてももっと簡単に売ることができます。そのためには、いいイメージを見せること。素敵な生活ができそうだと想像させること。それがお客様の頭のなかに入り込む一番手っ取り早い方法です。

まずは現地看板からはじめてみましょう。
意外と簡単に売れるかもしれませんよ。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産広告を軽視している人へ、なぜコカコーラは広告し続けるのか?
  2. 売れない不動産がなくなる!?コンサルタント思考法。
  3. お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  4. 不動産集客はコンテンツ充実型チラシの時代!
  5. あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?

関連記事

  1. 不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    不動産広告

    不動産広告の反応率を高めるカクテルパーティー効果とは?

    カクテルパーティー効果という言葉を聞いたことがありますか?カクテル…

  2. 不動産広告はwantsを引き出せ!

    不動産広告

    不動産広告は、Wants(ウォンツ)を引き出せ!

    枕ひとつが、25,000円〜35,000円と聞いてあなたはどう思うでし…

  3. 建売業界は広告掲載禁止を続けるべき?

    不動産広告

    不動産業界は広告掲載禁止を続けるべきか?

    業界経験が長くなればなるほど、本人はその気がなくても、業界の常識にふり…

  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    不動産広告

    広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

    建売業界の常識で思わず首をかしげたくなるもののひとつが広告。ほとんどの…

  5. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    不動産広告

    なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。

    どうすれば売れる広告をつくれますか?とよく聞かれます。よく聞かれるとい…

  6. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    不動産広告

    反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?

    マクスウェル・サックハイムの三原則を知っていますか? マクスウェル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 新築分譲住宅、チラシは7回撒け!の理由。
  2. 売上げを伸ばしたいなら即実践!仕事断捨離のススメ。
  3. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  4. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  5. 儲かる差別化に必要な3つの要素とは?
  1. 成約率を上げる!商談スペース・モデルハウスの必需品とは?

    不動産マーケティング

    これだけで成約率が上がる!商談スペースの意外な必需品とは?
  2. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  3. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?

    不動産マーケティング

    アート引越センターに学ぶ、ヒット商品が売れた本当の理由。
  4. あなたの知らないオープンハウスの現実。

    不動産会社経営

    あなたの知らないオープンハウスの現実。
  5. 口コミ・紹介

    不動産マーケティング

    建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。
PAGE TOP