売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

不動産売却

売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。

同じような条件の物件なのに売れる物件と売れない物件があります。
立地も、広さも、間取りも、設備も大して変わりないのに、すぐ売れる物件もあれば、なかなか売れない物件もある。

実際、すぐ売れる物件の売主もなぜ自社の物件がすぐ売れて、競合の似たような物件が売れないのかを説明できる人はあまりいません。だから、逆の立場になると大慌てします。

大切なことは、その違いを自分なりに見つけること。仮説を立てることです。
そして、その仮説に基づいて違う現場でも試してみること。
そうすれば、徐々に成功の方程式が完成していきます。

実は、私たちコンサルタントも同じように仮説を立て、検証しています。
そして、コンサルタントなりの成功法則をつくっているのです。

そのなかの一つを紹介すると、成約率は情熱に比例するというのがあります。
これは私なりの成功法則なので他のコンサルタントはそうは思っていないかもしれません。
しかし、この法則、最近よく実感するのです。

例えば、売れない物件を売る場合。
売れなくて困っているという物件のコンサルティングを依頼された場合、まず私たちがすることはリサーチです。その物件のいいところ、悪いところを徹底的にリサーチします。

そして、その物件の最大のメリットを見つけます。
競合に勝てそうな強みです。

そして、それを言葉に変えていきます。
言語化という作業です。

その言葉を今度は販売図面や広告に落とし込んでいきます。
そうやって、その物件の強みをお客様にわかりやすく伝わるように変換していくのです。

実は、この作業が想像以上に大変。売れない物件には売れない理由があるからです。
正直、投げ出したくなるような物件も山ほどあります。

しかし、考えて考えて考えぬくとそれなりのメッセージは見つかるもの。
何度もチャレンジしていると自然と売れるメッセージにたどり着くものです。

結局のところ、その物件を売ることにどれだけ情熱を注いだか。
その情熱の量がある一定の水準を超えた時、その物件は売れる物件に変わるのです。

少し青臭いかもしれませんが、どれだけ真剣にその物件を売ることに向かい合っているか、
それが成約率に影響を与えるのです。

売れない物件というのはもともとその物件が持っている熱量が少ないだけ。
だから、放っておくといつまで経っても売れるレベルの水準には到達しません。

だから、誰かが情熱を注いで売れるレベルにまで上げなければいけないのです。
逆に、その作業をすれば売れない物件は売れる物件に変わります。
これが情熱が必要な理由です。

あなたはどれだけ真剣に売ることを考えていますか?
どれだけの時間、その物件について考えていますか?

考えれば考えるほど、
行動を起こせば行動を起こすほど、成約率は上がります。

大切なのは、物件に注ぐ情熱。
情熱がないと売れません。これ、真実です。

 

ピックアップ記事

  1. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  2. 建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?
  3. 不動産会社の社長は今すぐスマホに変えなさい!
  4. 売れる不動産会社になるための「非常識のススメ」。
  5. 離職率の高い不動産会社の社長へ。

関連記事

  1. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

  2. 新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    不動産売却

    新築分譲住宅を営業マンに頼らないで売る方法。

    先日、ある地方都市で工務店を経営している社長の話しを聞く機会がありまし…

  3. あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    不動産マーケティング

    あなたの売出現場、こんな状態になっていませんか?

    その物件は、郊外に建つ新築4棟現場。完成から4ヶ月。まだ1棟しか売れて…

  4. 日当たりの悪い家の売り方。

    不動産マーケティング

    日当たりの悪い家の売り方。

    日当たりの悪い家を売る方法、わかりますか? 4棟現場なんだけど、2…

  5. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

    「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うこと…

  6. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」
  2. 新築分譲住宅、近隣対策を近隣営業に変える方法。
  3. 販売図面を利用して成約率を2割上げる方法。
  4. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。
  5. 不動産売却、トップ営業マンと凡人の違い。
  1. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?
  2. なぜ社長の好みで家をつくってはいけないのか?

    不動産マーケティング

    なぜ社長好みの家をつくってはいけないのか?
  3. 住宅購入者の7〜8割は、半径1,5km〜2kmにいる。

    不動産売却

    不動産売却、鉄板の販売法則とは?
  4. Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。

    不動産マーケティング

    Nespressoに学ぶ!建売住宅の魅力を60%上げる方法。
  5. 残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。

    不動産会社経営

    残業しないで業績を伸ばす不動産会社のつくり方。
PAGE TOP