えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

不動産広告

えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

不動産広告にはいろんな制約があります。なかでも一番やっかいなのが不当表示に関するもの。

不当表示防止法によれば、「商品又は役務の品質、規格その他の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示し、又は事実に相違して当該事業者と同種若しくは類似の商品若しくは役務を供給している他の事業者に係るものよりも著しく優良であると示す表示であつて、不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害するおそれがあると認められるもの」は禁止されています。

なんだかよくわからない表現ですが、要するに、実際のものよりも著しく優良であり、もしくは、優良であると人を誤認させるような表現はしてはいけないということ。

最高とか、抜群とか、特選、完全はもちろん、完売という表現も、著しく人気が高く、売行きがいいという印象を与えるので、禁止されています。そこまで実際の商品より優良であると人を誤認させるような表現を広告で禁止しているのに、ひとつだけ禁止されていないものがあります。

それがモデルハウスの家具です。言葉で消費者を商品に誘引するのは禁止しているにもかかわらず、家具や調度品では消費者を商品に誘引することは許される。なんとも奇妙な法律が、不当表示防止法。

モデルハウスの写真を掲載するときも「家具は含まれません」という言葉を添えれば写真の掲載も可能ですから、片手落ち感が否めません。だとすれば、言葉の代わりにこれを利用しない手はありません。実際、大手と呼ばれる建売業者はたいていモデルハウスに家具を設置しています。

なぜなら、その方が売りやすいから。物件の魅力を倍増させるのにもっとも効果的な方法、且つ、不当表示防止法に引っかからない合法的なやり方だからです。

それを知らないのは中小零細の建売業者だけ。
法律を的確に遵守しているのか、抜け道を知らないだけなのか、その効果を理解していないのか、わかりませんがほとんどの業者がモデルハウスに家具を置こうとしていません。素敵な家具を置くだけで売れる確率が格段に上がるというのに、です。

家具代がもったいないというのが大抵の理由ですがワンセットだけでも見栄えのする家具や調度品を揃えておきましょう。そして、この合法的な抜け道を利用しましょう。

家具や調度品は化粧と同じです。すっぴんのままお客様に会った方が売れるか、化粧してお客様に会った方が売れるか、あなたはどちらの方が売れると思いますか?

 

ピックアップ記事

  1. 売れる建売住宅はインテリアコーディネーターがポイント。
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. イオンに学ぶ!商品説明力と売上の関係。
  4. できる不動産会社の社長はココが違う!
  5. 不動産の現地販売は女ゴコロに配慮せよ!

関連記事

  1. ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    不動産マーケティング

    ダイソンに学ぶ、地域No,1の建売会社のつくり方。

    あなたの建売住宅をどこよりも売れる物件にしたいなら、まず最初に取り組む…

  2. お金をかけずに不動産を売る一番簡単な方法とは?

    不動産広告

    お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?

    NYにある有名レストランの話。NYミシュラン5年連続受賞に輝く日本人経…

  3. 不動産チラシの基本7原則

    不動産広告

    広告担当者注目!不動産チラシの基本7原則とは?

    建売業者さんはあまり知らないかもしれませんが、全国的にチラシの反応が悪…

  4. 不動産集客はGISポスティングの時代。

    不動産マーケティング

    不動産集客はGISポスティングの時代。

    建売住宅が売れない最大の理由は、広告不足。私は、これに尽きると思ってい…

  5. 不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    不動産広告

    不動産広告はやりすぎくらいでちょうどいい。

    ある建売業者さんの話。その建売住宅は、駅徒歩3分、閑静な住宅街の東南角…

  6. 建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    不動産広告

    建売業者必読!不動産広告の有効リーチとは?

    「広告を出しても反応がない・・・」仲介業者からよく聞く言葉です。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 新築住宅が青田で売れる!メニューボード大作戦。
  2. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  3. あなたの提供する不動産情報はお客様が望む不動産情報ですか?
  4. なぜ大手不動産会社は予告広告をするのか?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。
  1. 不動産マーケティング

    ブランディングは気遣いから。
  2. 不動産マーケティング

    残念なオープンハウス。
  3. 100人中1人しか実行しない100%効果がある売上を上げる秘訣。

    不動産マーケティング

    100人中1人しか実行しない、100%効果がある売上を伸ばす秘訣。
  4. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?

    不動産マーケティング

    なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  5. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    不動産会社経営

    不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!
PAGE TOP