売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

不動産売却

売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

先日、あるリノベーションマンションを見てきました。クライアントが新しく購入した販売用の中古マンションです。物件自体は、ごくごく普通のマンション。築15年ほどの中規模マンションですが、駅までは少し距離があり、決して売れ筋のマンションではありません。

そんなマンションをリノベーションして販売することになったのですが、完成した部屋を見ると、思わず見とれてしまう部屋に変身していました。インテリアや設備自体はフツーより少しいい程度ですが、家具が抜群なのです。そのため、室内の印象は好感度が大幅にアップ。即決できるマンションに変わっていました。

ポイントは、やはり家具。ただ単に、床や壁、お風呂やキッチンを新しくしたのとは第一印象が違います。家具自体は、リビングセットとダイニングテーブル一式、そしてリビングのカーテンだけです。主寝室や他の洋室には何も置かれていませんが、これだけで十分。

インテリアコーディネーターが選んだだけあってセンスは抜群。今更ながら家具付き販売の魅力を実感しました。私自身は、家具付き販売推進派。以前から不動産業者さんに完成物件にはできる限り家具を置くように勧めています。とりわけ、売れ筋じゃない物件、売りにくい物件には家具付き販売は効果的。欠点を隠す効果があるからです。

家具を選ぶポイントは、販売価格帯のお客様が買わないような、少し高価な家具を置くこと。自分たちのお金では買わないような家具を置いておくことがポイントです。実際、今回のリノベーションマンションでもそんな家具が置かれていました。きっとこの価格帯のマンションを買う人は、IKEAかニトリの家具を買う人が多いでしょう。

それに対して今回置かれていた家具は、仕入れ価格で70万円近くのもの。エンドユーザー価格なら100万円はするでしょう。だから、部屋のオーラが違います。正直、室内の写真だけを見たら5,000万円クラスのマンションと比べても遜色はありません。(今回の部屋は3,000万円弱)それほど家具だけで部屋の雰囲気は変わるものです。

家具付き販売に関しては、お客様の好みがあるからと躊躇される業者さんもたくさんいらっしゃいます。家具はいらないといわれてたらどうしよう・・・そんな心配をされる方もいらっしゃいます。であれば、モデルハウス用に自社で引き取ればいいだけ。貸し倉庫にでも保管しておけば使い回しも簡単ですし、気に入ったお客様がいれば家具付きで売ってしまうこともできますから損失にはなりません。たくさんのセットを持つ必要はありませんが、ひとつか2つ持っておくだけで十分。それだけの販促効果はあります。

あなたも家具付き販売を考えてみてはいかがですか?
想像以上の効果が期待できますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れる不動産会社は非常識が常識!?
  2. 新築住宅販売は通販会社に学べ!
  3. どうすれば値引きしないで売れる建売会社になれるのか?
  4. 常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  5. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

関連記事

  1. 売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    不動産売却

    売れないのは価格のせいではありません。売れないのは…

    先日、冷蔵庫を買いに行きました。実は、わが家の冷蔵庫は18年前のもの。…

  2. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    動物園といえば、真っ先に思い浮かべるのは上野動物園、というのは昔の話。…

  3. 売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!

    不動産売却

    売れない建売住宅は第一印象に賭けろ!

    売れない完成物件を売るには、ちょっとしたコツがあります。とても簡単で効…

  4. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    不動産マーケティング

    幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

    ある新築一戸建ての売出し現場での話。その新築住宅は、クルマ通りの多…

  5. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    あなたの物件が売れるかどうかは基本的には4つの力で決まります。それが、…

  6. 不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    不動産売却

    不動産営業は、説得から体感の時代へ。

    せっかく苦労して競合と差別化をはかったのに、その違いが上手く伝わらない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  2. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 共感の得られる家、共感の得られない家。
  3. 新築分譲会社、エリア拡大したいなら自社販売をはじめなさい。
  4. 中小建売業者は販促ツールを強化しろ!
  5. 反応率の高い不動産広告をつくるための3つのNotとは?
  1. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  2. 楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。

    不動産集客

    楽天迷子って知ってますか?あなたの物件が売れない意外な理由。
  3. 売れる不動産会社は、全ての人を満足させようとしてはいけない。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社は、すべての人を満足させようとしない。
  4. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。

    不動産マーケティング

    建売住宅販売はモノからヒトの時代へ。
  5. あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?

    不動産売却

    あなたの不動産、売れないのは本当に物件のせいですか?
PAGE TOP