不動産売却、現地看板は基本のキホン。

不動産売却

不動産売却、現地看板は基本のキホン。

家の近くの文房具店が閉店しました。
閉店といっても、倒産。倒産するような兆候は全くなかったので家族一同ビックリ。かれこれ15年位営業していたお店で、子供も小さい頃から頻繁に利用していたお店です。残念というより、寂しいというのが素直な気持ち。お店の前に張り出された弁護士からの立ち入り禁止の張り紙が物悲しさを誘います。

そんなお店が倒産の張り紙から10日後、閉店セールをするという告知を張り出しました。
A3のコピー用紙に書かれた小さな告知。来週の土曜日午前10時から午後4時まで店内の商品すべてを半額で売るというのです。もちろん、倒産のための閉店セールですから告知はお店の前に張り出された張り紙だけ。私もたまたまクルマで前を通りかかった時に見つけたもの。倒産したという事実を知らなければ、気にもしない告知です。

早速、家族に来週閉店セールをするらしいということを報告。
全品半額だからコピー用紙でも買っておこうか、という話をしていました。

閉店セール当日。
近所だということもありちょっと閉店セールをのぞいてみようとお店の近くにいくと異変が。なんと、お店の前に行列ができているのです。その数、数百人。iPhoneの発売当日でも見たことのない行列が200メートルは続いていたでしょうか。異様な光景に思わず写真を撮ってしまいました。私が見たのは午前中でしたがその後も行列は後を絶えず、結局、夕方まで続きっぱなし。考えられないほどの人が押し寄せていたのです。

小さな文房具店の閉店セール。
ここで何が学べるかというと「人は見ている」ということです。
小さな張り紙でも多くの人が見ているということです。

今回は倒産による閉店セールというショッキングなセールですが、それにしても小さな文房具店の話。
告知といっても店の前に張り出されている小さな張り紙だけですから、その前を通る人しか見ないはず。
それにも関わらず、1日中行列ができるほどの人が押し寄せるわけです。
いかに多くの人が見ているか、その事実に圧倒されました。

これはそのままあなたの建売住宅の現場にも言えるます。
誰も見ていないと思っていても意外と多くの人が建築現場や完成した現地を見ているということです。

その現場を告知しない、
物件の詳細を伝えないということは、
行列ができるほどの人に何もセールスしないのと同じこと。
こんなにもったいないことはありません。

現地は絶好の広告場所です。
あなたの建築現場は、ちゃんと広告できていますか?
どんな家が建つのか、いくらで建つのか、詳細情報はどこを見ればいいのか、等々
必要最低限の情報は告知しておくこと。近所の人は、意外と見ているものです。近所の人は、一番熱い見込み客です。告知しないのはビジネスチャンスを自ら放棄しているのと同じ。最高の機会を逃さないよう現場看板だけはやっておきましょう。基本中のキホンですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 売れてる建売会社や設計事務所が習慣にしていること。
  2. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  3. 不動産会社を成長させるために社長がやってはいけないこと。
  4. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  5. 建売業界「狂騒の20年代の終わり」

関連記事

  1. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

    不動産売却

    新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

    建売業者にとって建売住宅は商品。お客様に売る、大切な商品です。商品…

  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?

    不動産マーケティング

    不動産販売における重要な非必需品とは?

    ビジネスにおいて成功をもたらすものは、商品に関わるものだけではありませ…

  3. 売りにくい物件を即決物件に変えるコツ。

    不動産売却

    売れ筋じゃない物件を即決物件に変えるコツ。

    先日、あるリノベーションマンションを見てきました。クライアントが新しく…

  4. 不動産販売、困った時は売主の人柄で売れ!

    不動産売却

    不動産販売、困った時は人柄で売れ!

    以前、ある建売業者さんをコンサルティングした時の話。2棟現場で2棟とも…

  5. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

    「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うこと…

  6. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    不動産マーケティング

    不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!

    先日、あるインターネット関連の会社から電話がありました。内容は、インタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  2. 建売住宅を即日完売させるための3原則

おすすめの記事

  1. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  2. 不動産売却、現地看板は基本のキホン。
  3. 不動産会社が参考にしてはいけない「お客様の声」とは?
  4. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  5. 「部下を育てるのは難しいなぁ…」と思ったら。
  1. 不動産広告は、目立ってなんぼ。

    不動産マーケティング

    不動産広告は、目立ってなんぼ。
  2. こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?

    不動産マーケティング

    こだわりの建売業者が陥る「一流の壁」とは?
  3. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。
  4. あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。

    不動産マーケティング

    あなたならどうする?競合より条件の悪い物件の売り方。
  5. 中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。

    不動産マーケティング

    中小建売会社が利用すべき大手ハウスメーカーの知恵。
PAGE TOP