不動産売却、現地看板は基本のキホン。

不動産売却

不動産売却、現地看板は基本のキホン。

家の近くの文房具店が閉店しました。
閉店といっても、倒産。倒産するような兆候は全くなかったので家族一同ビックリ。かれこれ15年位営業していたお店で、子供も小さい頃から頻繁に利用していたお店です。残念というより、寂しいというのが素直な気持ち。お店の前に張り出された弁護士からの立ち入り禁止の張り紙が物悲しさを誘います。

そんなお店が倒産の張り紙から10日後、閉店セールをするという告知を張り出しました。
A3のコピー用紙に書かれた小さな告知。来週の土曜日午前10時から午後4時まで店内の商品すべてを半額で売るというのです。もちろん、倒産のための閉店セールですから告知はお店の前に張り出された張り紙だけ。私もたまたまクルマで前を通りかかった時に見つけたもの。倒産したという事実を知らなければ、気にもしない告知です。

早速、家族に来週閉店セールをするらしいということを報告。
全品半額だからコピー用紙でも買っておこうか、という話をしていました。

閉店セール当日。
近所だということもありちょっと閉店セールをのぞいてみようとお店の近くにいくと異変が。なんと、お店の前に行列ができているのです。その数、数百人。iPhoneの発売当日でも見たことのない行列が200メートルは続いていたでしょうか。異様な光景に思わず写真を撮ってしまいました。私が見たのは午前中でしたがその後も行列は後を絶えず、結局、夕方まで続きっぱなし。考えられないほどの人が押し寄せていたのです。

小さな文房具店の閉店セール。
ここで何が学べるかというと「人は見ている」ということです。
小さな張り紙でも多くの人が見ているということです。

今回は倒産による閉店セールというショッキングなセールですが、それにしても小さな文房具店の話。
告知といっても店の前に張り出されている小さな張り紙だけですから、その前を通る人しか見ないはず。
それにも関わらず、1日中行列ができるほどの人が押し寄せるわけです。
いかに多くの人が見ているか、その事実に圧倒されました。

これはそのままあなたの建売住宅の現場にも言えるます。
誰も見ていないと思っていても意外と多くの人が建築現場や完成した現地を見ているということです。

その現場を告知しない、
物件の詳細を伝えないということは、
行列ができるほどの人に何もセールスしないのと同じこと。
こんなにもったいないことはありません。

現地は絶好の広告場所です。
あなたの建築現場は、ちゃんと広告できていますか?
どんな家が建つのか、いくらで建つのか、詳細情報はどこを見ればいいのか、等々
必要最低限の情報は告知しておくこと。近所の人は、意外と見ているものです。近所の人は、一番熱い見込み客です。告知しないのはビジネスチャンスを自ら放棄しているのと同じ。最高の機会を逃さないよう現場看板だけはやっておきましょう。基本中のキホンですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 建売業界は知恵で差別化する時代。
  2. 長期的に成功する不動産会社になるために経営者がすべきこと。
  3. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  4. 売れる不動産会社と売れない不動産会社の違い。
  5. お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?

関連記事

  1. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  2. パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    不動産マーケティング

    パワービルダーと差別化する超簡単な方法。

    以前、コンサルティングをしたある建売業者さんの話。 従業員は社長と…

  3. 新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    不動産マーケティング

    新築分譲住宅、お金をかけないで売れ行きを改善する方法。

    あなたの物件が売れるかどうかは基本的には4つの力で決まります。それが、…

  4. 不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    不動産マーケティング

    不動産売却、成功する値下げのための3原則。

    自社で販売部隊を持たない建売業者にとって唯一の武器は値下げ。 多く…

  5. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?

    不動産売却

    あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?

    私が新人営業マンだった頃、あるお客様からこんな質問をされたことがありま…

  6. 弱点のある不動産の売り方。

    不動産売却

    あなたにもできる!弱点のある不動産の売り方。

    新築住宅を分譲していると弱点のある物件を仕入れることもあります。日当た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. これさえ抑えれば建売住宅を売るのはカンタンです!?
  2. 売れない不動産情報を生き返らせる方法。
  3. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  4. 広告戦略でわかる、建売業界の常識は世間の非常識。

おすすめの記事

  1. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  2. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  3. 不動産を早く売却するコツは値下げより価値の値上げ!
  4. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  5. 不動産会社経営、「間違った努力」していませんか?
  1. なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?

    不動産会社経営

    なぜあの不動産会社は急激に業績を伸ばせたのか?
  2. 伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。

    不動産会社経営

    伸びる建売会社と伸び悩む建売会社の違い。
  3. 建売会社は広告力を磨け!

    不動産広告

    建売業者は広告力を磨け!
  4. 不動産売却、見れば気にいる物件ならこの方法!

    不動産集客

    不動産集客、見れば気にいる物件なら断然この方法!
  5. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!
PAGE TOP