これかの新築分譲会社に必要な能力とは?

不動産会社経営

これからの新築分譲会社に必要な能力とは?

以前、ある新築分譲会社からコンサルティングを頼まれたときのこと。
その会社は、そこそこ売れている新築分譲会社でした。売上も安定していて、地元では確かに売れている会社です。そんな会社が私にコンサルティングを依頼してきたのは、ある現場が全然売れないからでした。

その現場は、普段自分たちが営業しているエリアとは少し違う地域。業務拡大のためにはじめて進出したエリアでした。地元ではそれなりの実績を上げてきただけに、新しく進出したエリアに対しても自信はあったようです。

しかし、蓋を開けてみると全く売れない。地元ならとっくに売れているはずなのに、うんともすんとも言わない。そんな状況が続きました。そこで私に依頼がきたのですが、まぁ、そのエリアを知っている私からすれば、逆にその現場がすぐに売れるというのが信じられない。何を根拠にその物件を仕入れたのかわからない・・・というのが正直な感想でした。要するに、難しい現場を仕入れていたのです。ただ、本人たちにはその自覚が全くない。だから対策が立たないのです。

売れないのには理由があります。

・価格が高い
・立地が悪い
・商品企画が悪い
・売り方が悪い

大抵はこのどれか。今回の場合は、価格は普通、立地は悪い、商品企画は悪い、売り方も悪い、という状況。立地についてはすでに仕入れた後なので今更どうしようもありません。商品企画もすでにプランが出来上がったしまっているので変更は困難。そんな状況なので価格を下げようとしても大幅に下げない限り効果はありません。

そうなると残された方法は、売り方を変えるしかありません。一番いいのは、自社で販売をすることですが、それはしたくないとのこと。であれば、仲介業者に積極的に売ってもらうしか方法はありません。

そこで考えなければならないのが、どうすれば仲介業者がこの物件を売りたいと思うかです。仲介業者もバカではありませんから、立地や商品企画、価格について自分なりの評価ができます。となると、彼らもこの物件については売れる物件だとは思わないでしょう。それを、積極的に売りたくなる方法を考えなければならないのです。

担当者ボーナスを与えるという短絡的な方法もありますが、仲介会社との良好な付き合いを続けるなら避けたい方法です。となると、できることは、販売支援をすることです。販売支援とは、仲介会社とタイアップして広告や販売費用を負担すること。広告制作や広告宣伝費を売主が負担して仲介業者に営業しやすくしてあげることです。新築のマンション販売などでは当たり前のように行われていますが、建売業界ではあまり行われていません。それをやることです。

ポイントは広告を自社で作成することと、広告するエリアやポスティングする物件を決めること。どこにどんな広告を打てば売れるのかをコンサルタントと相談しながら会社のノウハウとして蓄えることです。そうすれば、在庫処分できるだけでなくノウハウの蓄積もできます。

売りにくい物件を仕入れてしまうということはよくあることです。問題はその物件を自社で処分できるノウハウがあるかないか。これが後々大きな会社の資産に繋がります。

あなたの会社にはいざという時のためのノウハウがありますか?

いざという時、仲介業者はあてになりません。あてにできるのは自分だけ。積極的に売るノウハウを身につけましょう。これからは売主も販売力が必要な時代ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!
  2. パワハラと不動産会社の未来。
  3. お金をかけずに不動産を売る一番効果的な方法とは?
  4. 購買心理で考える、売れるオープンハウスの開き方。
  5. 幹線道路沿いの不動産を売るための効果的なテクニック。

関連記事

  1. 不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    不動産会社経営

    不動産ビジネス、成功の種の見つけ方。

    1997年のある日、1人の男が家で暇を持て余し、古新聞を束ねたり、山積…

  2. 建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

    不動産会社経営

    建売業者がお金をかけずに成約率を上げる一番簡単な方法。

    建売業者にとって、お客様は誰ですか?という質問をすると、ほとんどの建売…

  3. 中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    不動産マーケティング

    中小建売会社でも実践できる一発逆転のサクセスストーリー。

    差別化をしたいけど、どうしたらいいのかわからない・・・という建売業者さ…

  4. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    不動産会社経営

    たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?

    先日、あるクライアントさんにこんな質問をされました。それは、これからの…

  5. これでもパワービルダーと闘いますか?

    不動産会社経営

    これでもパワービルダーと闘いますか?

    先日、ある建売会社の社長さんにこんな質問をされました。それは「建売業界…

  6. あなたの感性は時代に合っていますか?

    不動産会社経営

    あなたの感性は時代に合っていますか?

    電通総研が独身者の意識・実態調査を実施した「イマドキ独身女子の結婚観と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。
  2. 販売用の新築一戸建てが完成したら真っ先にすべきこと。
  3. 売れる建売会社になりたいなら顧客接点を見直せ!
  4. 正しいオープンハウスのやり方、ご存知ですか?
  5. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?
  1. これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。

    不動産マーケティング

    これだけで不動産の成約率は上がる!現地案内の準備術。
  2. こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!

    不動産マーケティング

    こうすればもっと簡単に売れる建売住宅ができる!
  3. 建売会社が抱える「今、そこにある危機」

    不動産会社経営

    建売会社が抱える「今、そこにある危機」
  4. 相場より900万円高い土地の売り方。

    不動産マーケティング

    相場より900万円高い土地の売却、あなたならどうする?
  5. 新築分譲住宅は現場力が決め手。

    不動産集客

    新築分譲住宅は現場力が決め手。
PAGE TOP