建売会社のライバルは建売会社にあらず。

不動産マーケティング

建売会社のライバルは建売会社にあらず。

マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではない、というのがあります。ついつい、私たちは同じ建売業社をライバルだと思ってしまいますが、実はこれは大きな間違い。消費者から見れば、住まいは新築一戸建てだけではありません。新築マンションも中古住宅もリノベーション物件も賃貸も、住める場所を提供している会社は全てがライバル。だから彼らの動向をチェックしておくことはとても重要です。

とりわけ、これからの建売業者の最大のライバルになりそうなのが、リノベーション業者さん。今のところ中古マンションを主流に活躍している会社が多いようですが、これらの会社が中古住宅、果ては、新築一戸建てに進出してくるとかなり厄介なことになりそうです。

なぜ、厄介なのか?
それは、彼らの発想が柔軟だからです。

多くの建売業者さんは、過去の成功体験にとらわれ過ぎています。そのため、部屋数は何部屋必要とか、こんな機能が必要だとか、という従来の枠組みの中で家を考えようとします。その結果、どこも同じような家ばかり。言葉は悪いですが、「食って寝るだけの家」を無意識のうちに作っているのです。

もちろん、それが望まれた時代もありました。しかし、今はそれが望まれる時代ではありません。むしろ、その弊害が出てきた時代。戦後に浸透した※LDKという発想で核家族化が進み、家族がバラバラになってしまった弊害に悩まされている時代です。それを考え直そうとするのがこれからの時代です。

消費者の生活は豊かになりました。昔のように「食って寝ること」がありがたかった時代ではありません。それだけなら賃貸でも十分ですし、マンションだって、中古住宅だってできます。家の機能は、すでに十分満たされているのです。満たされていないのは、その家でどんな生活ができるのか?どんな体験ができるのか?という部分です。

先日、あるリノベーション業者のサイトを見ていたら、様々な併用住宅の事例が出ていました。

小ビル×賃貸住宅=稼ぎだす家
戸建住宅×アトリエ=究極の職住近接
戸建住宅×店舗=まちにひらく家

住まいにその人の働き方やライフスタイルを掛け合わせた家をお洒落に提案していました。もちろん、このリノベーション業者さんのアイデアをそのまま建売住宅に応用して成功するかどうかはわかりません。しかし、売り建てならそんなアイデアも簡単に発信できます。そして、そんなアイデアに賛同する人が多くなれば、それで一つのニッチ市場をつくることも可能です。

これからの商品企画で大切なことは、その家でどんな生活ができるのか、を明確にすることです。これからのお客様が求めているのは、機能や性能などの「モノ」ではありません。その家を通じてどんな体験ができるのかという「コト」です。そこのところくれぐれもお忘れなく。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産販売における重要な非必需品とは?
  2. 不動産会社の離職率を下げる唯一の方法。
  3. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  4. 不動産が売れない時、仲介手数料手数料6%出しは是か非か?
  5. 中小新築分譲業者はニッチを探せ!

関連記事

  1. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

  2. 営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    不動産マーケティング

    営業マンのいない建売会社でもできる!売主の販売戦略とは?

    建売業者さんによくある勘違いのひとつに、レインズやアットホームで情報を…

  3. これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産マーケティング

    これからの不動産営業は売り込むほど売れなくなる。

    不動産業界というのは、ある意味非常に遅れた業界。大きなお金が動くにもか…

  4. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    新築一戸建ての成約率を上げるために必要なことが2つあります。 ひと…

  5. 人はなぜ家を買うのか?

    不動産マーケティング

    人間の本能を揺さぶれ!人が家を買う2つの理由。

    人は、なぜモノを買うのか?少し哲学的な質問ですが、これがわかると人は、…

  6. ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    不動産マーケティング

    ジャパネットに学ぶ、価格で勝負しない不動産の売り方とは?

    通信販売大手、ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)の創業者で前社長の高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 建売会社はマンション客を狙え!
  2. なぜ流通経路を強化するだけで不動産は売れるのか?
  3. 反響を2倍に増やす!不動産広告の3つのポイント。
  4. 不動産会社の経営者必見!星野リゾートの成功の素とは?
  5. えっ本当!合法的に不動産の不当表示防止法を逃れる方法。

おすすめの記事

  1. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  2. 不動産会社の社長に多い、間違った責任感とは?
  3. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。
  4. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  5. 売れる建売会社になりたいならライバルを丸裸にしろ!

アーカイブ

  1. ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。

    不動産会社経営

    ムダな求人広告を使わないで不動産会社に優秀な人材を集める方法。
  2. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?
  3. これからの新築分譲会社に必要な予算とは?

    不動産会社経営

    これからの新築分譲会社に必要な予算とは?
  4. 実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。

    不動産マーケティング

    実は意外と知らない!権威性を高めて売上を伸ばす方法。
  5. 急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。

    不動産マーケティング

    急成長企業に学ぶ、これから売れる新築分譲住宅。
PAGE TOP