不動産マーケティング

仲介業者に洗脳されていませんか?

「貧すれば鈍する」ということわざをご存知ですか?

「貧すれば鈍する」とは、人は貧乏になると利口な人でも愚かになるということ。貧乏をすると、毎日、その生活のことばかり考えるようになるため、人は知恵や頭の回転が衰え賢い人でも、愚かになるという意味です。

実は、建売住宅の現場でも同じようなことが起こります。それが、売れないで悩んでいる売主です。

売れない理由を探すことは重要ですが、それは時と場合によります。つまり、売れない理由を探すことが重要な時期と売れる理由を探すことが重要な時期があるということ。

完成物件が売れないのであれば、売れない理由を探すより、売れる理由を探す方が賢明です。なぜなら、家はもう完成しているから。今更、こんな設備を付ければ良かった・・・こんな間取りにすれば良かった・・・と嘆いたところでどうしようもないからです。そもそもそんなことを考えるのは、商品企画を考える時。建築をはじめてしまってからでは遅すぎます。

しかし、貧してくるとそんな当たり前のことがわからなくなります。その上、仲介業者が追い打ちをかけるように、売れない理由を言ってきます。次第に、普段は利口な売主さんでも売れない理由に洗脳されていきます。

そして最終的には、仲介業者の悪魔のささやきによって大幅に値下げをさせられるのです。値段さえ下げれば売れるのは当たり前。「売れない不動産はない」ということば通り、売れていきます。その結果、儲かるのは仲介業者だけ。売主にとっていいことは何もありません。

仲介業者というのは、自分に都合のいいことばかりいう人達です。オープンハウスをやっても売れなければ物件のせい。チラシを撒いても集客できなければ物件のせい。

決まらない理由も
集客できない理由も
いつも物件のせいにする人種です。

だから、彼らのいうことを鵜呑みにしてはいけません。彼らの売れない理由をそのまま信じてはいけないのです。大切なことは、売れない理由を探すことではなく売れる理由を探すこと。

仲介業者に迎合することではなく、仲介業者を説得することです。間取りが悪いと言われれば、こんな使い方をすれば、こんなお客様に喜んでもらえると説得し、価格が高いと言われれれば、なぜこの価格なのか、その理由を説明する。そして、逆に彼らを説得していくことです。

人は情報量に応じて物件に対する愛情が増えます。つまり、物件に関する情報が多い物件と少ない物件では多い物件の方が有利だということ。で、あれば、物件に関する情報をたくさん与えれば売れる確率は高くなるということです。

売れる理由を探しましょう。
売れる理由を営業マンに伝えましょう。

それこそが
売れない物件を売り切る最善の方法。
値下げ前にやるべき最初の一歩です。

仲介業者と一緒に自社の物件の悪いところを嘆いていても何もいいことはありませんよ。

 

 

ピックアップ記事

  1. ユニクロに学ぶ。成長する経営者の条件。
  2. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  3. 不動産広告にマイナス表現は必要か?
  4. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  5. 中小不動産会社はトップダウンを徹底しろ!

関連記事

  1. 新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    不動産マーケティング

    新築住宅をローコストで差別化する最も賢明な方法。

    売れる建売住宅をつくる上で欠かせないもののひとつ、それが「間取り」です…

  2. 売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    不動産マーケティング

    売れる不動産会社になるためにマーケティングが必要な理由。

    私の仕事は、コンサルタント。コンサルタントと言っても様々な分野がありま…

  3. 建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    不動産マーケティング

    建売会社のライバルは建売会社にあらず。

    マーケティングでよく言われることのひとつに、ライバルは同業社だけではな…

  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    不動産マーケティング

    売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?

    いい家を作っている建売業者さんがあります。社長以下、スタッフの皆さんも…

  5. 今さら聞けない。売れるヒントの見つけ方。

    不動産マーケティング

    今さら聞けない。売れる建売住宅をつくるヒントの見つけ方。

    仕事とはいえ、毎年多くの建売住宅を見学しています。売れてる建売住宅から…

  6. 口コミ・紹介

    不動産マーケティング

    建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。

    あなたのビジネスを発展させる上で欠かせないもの、それが差別化。差別化と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
  2. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  3. あなたの物件が常に営業マンから注目される方法。
  4. 建売業者も営業力の時代。
  5. 売れるかどうかは物件以外の要素で決まる!

おすすめの記事

  1. なぜあの不動産会社は成長し続けるのか?
  2. 一筋縄では売れない新築分譲住宅の売り方。
  3. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  4. 長期的に儲かる建売会社をつくるために経営者がすべきこと。
  5. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  1. 売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。

    不動産会社経営

    売れない新築一戸建て、値下げ前にすべきこと。
  2. 値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?

    不動産広告

    値引き要求の厳しいお客様を引き寄せる不動産広告の特徴とは?
  3. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?

    不動産会社経営

    中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  4. 不動産チラシ

    不動産広告

    常識的な不動産チラシ VS 非常識な不動産チラシ。あなたはどっち?
  5. 平町

    物件情報

    成功者にふさわしい土地をお探しのあなたへ。
PAGE TOP