新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

不動産会社経営

新しいことにチャレンジするのが苦手は不動産会社さんへ。

コンサルティングをしていて困ることのひとつに、クライアントの思い込みがあります。思い込みとは、先入観、もしくは、単なる感情。新しい提案をしてもそれはちょっと…とか、それはうちには向いてない…とかいう反対です。もちろんそれなりの根拠があればいいのですが、大抵はたいした根拠はありません。本人の感情です。

先日もあるクライアントに新しい販売図面を提案しました。というのも、そのクライアントの物件がかれこれ9ヶ月も売れ残っていたからです。私なら9ヶ月も売れなければ必死になって売れる方法を考えますが、昔ながらの建売業者さんはそうではないようです。

実際、未だに広告掲載は禁止。ネットもチラシも特定の会社以外禁止という状態です。理由を聞くと、いろんな業者が広告すると晒しモノになってしまうから、というのですが、現実はすでに十分「晒しモノ」。完成して9ヶ月も経っているのにそんなことを言っていることが信じられません。

今すぐ広告掲載可にしてください、と提案。渋々、了承してもらいました。そして販売図面も新しく作成したのですが、これが気に入らないようで、冒頭の、これはうちには向いていない・・・発言がでてきたのです。

今の結果に満足できない、今の問題を解決したいから相談に来ているのです。今までと同じやり方をやっていては違う結果はでません。違う結果を生むには、今までと違うやり方をするのが最善の方法です。

そうは言っても、なかなか新しいことにチャレンジできないのが人間。気持ちがわからないでもありません。そんな時は、とりあえず試験的に試してみるという気持ちが大切です。あくまで試験ですから、成績がよくなかったら元に戻せばいい。そんな気軽な気持ちで試すことです。

その際に重要なことは、試験前のデータを数字で残しておくこと。例えば販売図面なら、古い販売図面にどれだけの問い合わせがあったのかを記録しておくことです。レインズならどれだけの期間でどれだけ図面がダウンロードされたか数字でわかるようになっていますから、その数字を記録しておく。そして、新しい販売図面の数字と比べることです。

これならどちらの販売図面が効果があるのか数字でわかります。そして数字のいい方を採用する。そうすれば自信を持って新しいことにチャレンジできます。

人間の勘は、とても優れています。それは認めます。しかし、その勘を頼りにやっても思うような結果が出ないこともあります。その時は、勘が狂っていたということ。だから、勘に頼らず素直に新しいことにチャレンジすることです。その際のよりどころは、数字。数字を管理しておくとスムーズに新しいことにチャレンジできるようになります。

あなたは数字を管理していますか?新しいことにチャレンジすることが苦手なら、数字を管理すると自信を持って新しいことにチャレンジできるようになります。お試しください。

 

ピックアップ記事

  1. 不動産売却はインターネットに頼ってはいけない!
  2. 中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!
  3. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。
  4. 購入者の属性、把握していますか?
  5. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。

関連記事

  1. その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    不動産会社経営

    その物件が売れないのは本当に価格のせいですか?

    コンサルタントになる前、仲介会社を経営していた頃の話です。ある建売業者…

  2. 不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    不動産会社経営

    不動産会社の経営者と社員の溝を埋める方法。

    コンサルティングをしていると「社員が思うように動いてくれない」と悩む経…

  3. できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    不動産会社経営

    できる不動産会社の社長は、最低限の仕事しかしない。

    今すぐ在庫物件を売りたい、そんな経営者からの相談をよく受けます。そ…

  4. これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産会社経営

    これからは建売会社もソフトの時代。

    不動産情報サービスのアットホーム(株)はサイト経由で不動産各店に問い合…

  5. 売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    不動産会社経営

    売れる建売業者になるには広告の知識が必須です。

    営業部隊を持つ建売業者さんと営業部隊を持たない建売業者さん。その違いは…

  6. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    ビジネスを長く継続させる上で、重視しなければいけないことが2つあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 不動産広告は「3ヒット理論」でつくれ!
  2. 中小建売業者が価格競争から抜け出すためのアイデアの見つけ方。…
  3. 中小建売業者が生き残るために今何をすべきか?
  4. これからの建売業者に必要な意外な力とは?
  5. オープンハウスを成功に導く意外なポイントとは?
  1. 新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。

    不動産マーケティング

    新築住宅販売、売上アップの肝は流通網。
  2. あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。

    不動産会社経営

    あなたの建売会社が自社営業すべき最大の理由。
  3. 不動産広告に現地看板が効果的な理由。

    不動産広告

    不動産広告に現地看板が効果的な理由とは?
  4. なぜ、いい建売住宅をつくるだけでは売れないのか?

    不動産マーケティング

    「いい建売住宅をつくれば売れる」は幻想です。
  5. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?

    不動産会社経営

    営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
PAGE TOP