あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

不動産会社経営

あなたの不動産会社が停滞している根本的な理由。

先日、面白い話を聞きました。
それは、「人間は95%昨日と同じ行動を取り続ける生き物だ」という話です。人は1日に6,500もの思考をしてると言われています。

しかし、その6,500の内の95%は、昨日と同じ思考内容だというのです。つまり、毎日毎日同じことで悩み、苦しんでいるということ。毎日、同じ思考をしているから、同じ結果しか出ないというのです。

言われてみれば思い当たる節はあります。起床時間から、食事の時間、食事の内容からトイレに行くタイミングはもちろん、仕事の取り掛かり方、決断する条件に至るまで、どれも昨日と同じパターンで行っていると言っても過言ではありません。

正直、イレギュラーなことが起こらない限りほぼ100%同じ思考で行動しています。もちろん、これで結果が出ていればいいのですが、結果が出ないことも多々あります。

ビジネスは特にそうですが、結果の出るやり方も時代と共にその効果は減少していくもの。同じ場所に留まっていては衰退していくだけです。だとすれば、新しい思考を取り入れるしかないのですが、いかんせん放っておくと昨日と同じ思考になってしまうのが人間です。

つまり、無理やり新しい思考を取り入れる訓練をしないと成長できないということです。一番いいのは、うまく行っている会社のマネをすることです。ライバルをじっくり観察して、自社と違うことをやっていたらまずマネしてみること。

結果がどうであれ、まず試してみるという習慣をつけることです。そうすれば残りの思考の5%をうまく利用できるようになります。ポイントは成功するかしないかではありません。昨日と違う思考を活用できたかできないか。昨日と違う思考を活用できればOK。そうでなければダメという判断です。

他にも、ある会社の社長さんは会社で飲み会に行く時には、同じ店は利用してはいけないという規則を社員に課しています。また、ある会社の社長さんはライバルの建売業者の物件はすべて現地に足を運ぶ、ということを社員に徹底させています。

とにかく無理やりでも、新しい経験をさせることが重要なのです。経験は同じことを繰り返すだけが、経験ではありません。新しいことを発見するのも経験。これからの時代に必要なのは新しいことを発見する経験かもしれません。

 

 

ピックアップ記事

  1. イケてる経営者になるための決断力の磨き方。
  2. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  3. 新築分譲住宅、建てれば売れる時代の終焉。
  4. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  5. 「何であんな物件が売れるんだ…」と嘆く真面目な建売業者さんへ。

関連記事

  1. 不動産会社経営

    伸び代のある経営者とは?

    以前、ある経営コンサルタントがこんなことを言っていました。それは、…

  2. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由

    不動産会社経営

    中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。

    中小建売業者さんが犯す間違いのひとつに「いいものを安く売る」という使命…

  3. 建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    不動産会社経営

    建売会社のクレームを減らし経営を安定させる方法。

    もしあなたが、売上が安定する会社にしたいなら、必ず取り組むべき施策があ…

  4. いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    不動産会社経営

    いつも売れてる建売会社は何が違うのか?

    建売業者さんにお会いすると、最初に聞くことがあります。それは、売れ…

  5. 売れない建売会社がよく使う言葉とは?

    不動産会社経営

    売れない建売会社がよく使う言葉とは?

    私がコンサルティングするとき、建売業者さんにお願いすることがあります。…

  6. 不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

    不動産会社経営

    不動産会社がホームページ制作会社に騙される最大の理由。

    最近、ホームページについての相談が多くなりました。これからホームページ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. 建売会社経営、ビジネスとギャンブルの違い。
  2. なぜ不動産会社は広告が必要なのか?その本質的な理由。
  3. なぜ物件によって売れる販売方法が違うのか?
  4. お金をかけずに不動産を売る究極のテクニックとは?
  5. あなたの知らないオープンハウスの現実。
  1. 不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?

    不動産広告

    不動産チラシ、「価格は大きく目立つように」は正しいのか?
  2. 不動産営業マンは見た目が9割!?

    不動産会社経営

    不動産営業マンは見た目が9割!?
  3. 価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれる物件、巻き込まれない物件。その違いとは?
  4. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。

    不動産マーケティング

    あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  5. 値下げ前にやるべきこととは?

    不動産マーケティング

    あなたが値下げ前にやるべきこととは?
PAGE TOP