中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

不動産会社経営

中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

中小建売業者さんのなかには、販売は大手不動産仲介会社に任せる、という会社があります。

大手不動産会社から土地を仕入れているという会社が多いのも一因ですが、土地を仕入れていないくても大手不動産会社に依頼する会社は結構あります。

中小の建売業者さんが大手不動産会社を利用する理由は主に2つ。

ひとつは、中小の不動産会社には「とっぽい」ところが多いから。勝手にチラシに掲載したり、無許可で捨て看板を現地に貼ったり、いいかげんなことを言って売ったりは当たり前。現地の電気はつけっぱなし、窓はあけっぱなし、そんなことが日常茶飯事。だから、愛想が尽きてしまったという人が多いようです。もうひとつは、大手不動産会社にはお客様がたくさんいそうだから。大手の看板に惹かれてやってくるお客様が多いと思っているようです。

これらが主な理由なのですが、結果はどうかというと、決して、かんばしくはありません。

なぜなら、大手不動産会社には新築一戸建てのお客様を引き寄せる特別な集客力はないからです。まったく集客力がないといっているのではありません。大手だからというプレミアムがあるわけではないということです。

どうしても、大手だと看板があるからお客様をたくさん持っていると思いがちですが、これは幻想。特に、新築物件に関しては強くないというのが本当のところです。

その理由は、彼らの主力商品が中古住宅だから。

大手不動産会社の強みは、信用というブランド力。これは、家を売却するという時に特に効果を発揮します。実際、中小建売業者が大手不動産会社なら、たくさんお客様を持っていそうと思うように、素人のお客様も大手不動産会社ならたくさんお客様を持っているだろう、「高く売れるだろう」と期待します。それで、大手不動産会社には多くの売却物件が集まってくるのです。

彼らにとって、素人からの売却物件は専属専任媒介がとれる格好の物件。片手手数料は確保したも同然です。あとは徐々に値段を下げさせて両手で契約を狙うのみ。こんなおいしい契約はありません。当然、会社としても自社の専属専任物件を売ることが最重要事項。おのずと広告宣伝費もそちらに回ってしまいます。

中小建売業者の新築物件はどうか、というと土地を大手から購入していない場合は、通常は一般媒介。売れる物件がないよりはあった方が売上が伸びる確率は高くなりますから一生懸命売りますとはいいます。しかし、力配分は決して多くはありません。どちらかといえば売れたらラッキーという程度。自社の専属専任物件とは力の入れ方が違います。

つまり、中小建売業者にとって大手不動産会社は理想のパートナーではないということ。どちらかというとこちらの片思い。幻想であることが多いのです。

大切なことは、あなたの建売住宅を情熱を持って売ってくれる仲介業者を見つけること。会社の規模や業歴は関係ありません。小さくても一生懸命やってくれること。売主の指示に従ってくれること。真面目な会社。そんな仲介業者を見つけることです。大手信仰は危険ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 中小建売業者は「すし銚子丸」に学べ!
  2. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
  3. 営業出身の不動産会社の経営者が陥る深い罠とは?
  4. どうすれば不動産会社の社内改革は成功するのか?
  5. 建売住宅は企画が8割。

関連記事

  1. 大手不動産会社と中小零細建売会社の戦略の違い。

    不動産会社経営

    大手不動産会社と中小建売会社の戦略の違い。

    三井不動産販売や野村不動産といった大手建売業者と中小建売業者の違いにつ…

  2. 上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    不動産会社経営

    上手くいかない時がチャンス!不動産経営者が心がけるべき言葉とは?

    私の好きなコトワザのひとつに人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうが…

  3. 不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    不動産会社経営

    不動産業界に異業種から「黒船」がやって来た!

    家電量販店最大手のヤマダ電機が不動産事業に参入することを発表しました。…

  4. これだけでOK!ライバルに打ち勝つ戦略の立て方。

    不動産会社経営

    これだけでOK!ライバル業者に打ち勝つ戦略の立て方。

    コンサルティングをしているとよく質問されるのが、「ライバルに勝つにはど…

  5. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  6. 共感の得られる家、共感の得られない家。

    不動産会社経営

    共感の得られる家、共感の得られない家。

    以前「バンクルワセ」というテレビ番組がありました。 「バンクルワセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめの記事

  1. バブル世代の価値観が通用しない理由。
  2. 不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!
  3. あなたは住宅選びの本質を突くこの質問に答えられますか?
  4. あなたにもできる!手っ取り早く集客率を上げる方法
  5. チームの生産性を上げるコツとは?
  1. 不動産売却、売れないオーラ出してませんか?

    不動産売却

    不動産売却、売れないオーラ出してませんか?
  2. 口コミ・紹介

    不動産マーケティング

    建売業者必読!お金をかけないで口コミ・紹介客を増やす方法。
  3. 売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。

    不動産会社経営

    売れる不動産会社になりたいなら商品に惚れ込んではいけない。
  4. 建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。

    不動産会社経営

    建売業界でひとり勝ちしたいあなたへ。
  5. 売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?

    不動産会社経営

    売上不振に陥る不動産会社の特徴とは?
PAGE TOP