中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

不動産会社経営

中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。

中小建売業者さんのなかには、販売は大手不動産仲介会社に任せる、という会社があります。

大手不動産会社から土地を仕入れているという会社が多いのも一因ですが、土地を仕入れていないくても大手不動産会社に依頼する会社は結構あります。

中小の建売業者さんが大手不動産会社を利用する理由は主に2つ。

ひとつは、中小の不動産会社には「とっぽい」ところが多いから。勝手にチラシに掲載したり、無許可で捨て看板を現地に貼ったり、いいかげんなことを言って売ったりは当たり前。現地の電気はつけっぱなし、窓はあけっぱなし、そんなことが日常茶飯事。だから、愛想が尽きてしまったという人が多いようです。もうひとつは、大手不動産会社にはお客様がたくさんいそうだから。大手の看板に惹かれてやってくるお客様が多いと思っているようです。

これらが主な理由なのですが、結果はどうかというと、決して、かんばしくはありません。

なぜなら、大手不動産会社には新築一戸建てのお客様を引き寄せる特別な集客力はないからです。まったく集客力がないといっているのではありません。大手だからというプレミアムがあるわけではないということです。

どうしても、大手だと看板があるからお客様をたくさん持っていると思いがちですが、これは幻想。特に、新築物件に関しては強くないというのが本当のところです。

その理由は、彼らの主力商品が中古住宅だから。

大手不動産会社の強みは、信用というブランド力。これは、家を売却するという時に特に効果を発揮します。実際、中小建売業者が大手不動産会社なら、たくさんお客様を持っていそうと思うように、素人のお客様も大手不動産会社ならたくさんお客様を持っているだろう、「高く売れるだろう」と期待します。それで、大手不動産会社には多くの売却物件が集まってくるのです。

彼らにとって、素人からの売却物件は専属専任媒介がとれる格好の物件。片手手数料は確保したも同然です。あとは徐々に値段を下げさせて両手で契約を狙うのみ。こんなおいしい契約はありません。当然、会社としても自社の専属専任物件を売ることが最重要事項。おのずと広告宣伝費もそちらに回ってしまいます。

中小建売業者の新築物件はどうか、というと土地を大手から購入していない場合は、通常は一般媒介。売れる物件がないよりはあった方が売上が伸びる確率は高くなりますから一生懸命売りますとはいいます。しかし、力配分は決して多くはありません。どちらかといえば売れたらラッキーという程度。自社の専属専任物件とは力の入れ方が違います。

つまり、中小建売業者にとって大手不動産会社は理想のパートナーではないということ。どちらかというとこちらの片思い。幻想であることが多いのです。

大切なことは、あなたの建売住宅を情熱を持って売ってくれる仲介業者を見つけること。会社の規模や業歴は関係ありません。小さくても一生懸命やってくれること。売主の指示に従ってくれること。真面目な会社。そんな仲介業者を見つけることです。大手信仰は危険ですよ。

 

ピックアップ記事

  1. 建売住宅販売の新常識!二匹目のドジョウを狙え。
  2. 不動産販売における重要な非必需品とは?
  3. 中小建売業者が安売りをしてはいけない理由。
  4. 売れない物件を売れる物件に変える「青臭い法則」。
  5. 不動産広告でもっとも重要なパーツとは?

関連記事

  1. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    不動産会社経営

    未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

    仕事中毒のように、ろくに休みも取らないで働いている経営者のあなたにぜひ…

  2. 不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社経営

    不動産会社経営、あなたは間違った社員管理をしていませんか?

    不動産会社の経営者には2つのタイプがあります。 ひとつは、厳しく社…

  3. 不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    不動産会社経営

    不動産業界で価格競争から無縁の営業マンになる方法。

    家を売るのは難しい、そう考えている経営者や営業マンは少なくありません。…

  4. 中小建売業者はモノマネをしなさい。

    不動産マーケティング

    松下幸之助に学ぶ、中小建売業者はモノマネをしなさい!

    中小建売業者が短期間に業績を伸ばす方法のひとつに、模倣という戦略があり…

  5. 不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    不動産会社経営

    不動産経営者必読!正しい社員の叱り方。

    経営者からよく聞かれる質問に、社員はどうしたら変えることができますか?…

  6. 儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    不動産会社経営

    儲かる不動産会社になるための唯一の方法。

    総務省統計局によると、平成24年2月時点で全国にある企業数は412万8…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. あなたの物件が売れた本当の理由、確認していますか?
  2. まぐれで売れていませんか?
  3. 建売住宅販売はモノから人の時代へ。
  4. 建売会社の社長の常識は世間の非常識!?
  5. いつまでワンマン経営を続けますか?

おすすめの記事

  1. 即日完売できる建売業者になるために欠かせない習慣。
  2. 売れる不動産広告は一日にしてならず。
  3. 横浜山手の新築一戸建て【YAMATE HOUSE】横浜初のコ…
  4. 中小建売業者が陥る、間違いだらけの成功法則。
  5. 新築住宅の売れ行きを左右する4つの価格とは?
  1. 不動産はAIDMAの法則で売れ!

    不動産マーケティング

    不動産はAIDMAの法則で売れ!
  2. 売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?

    不動産会社経営

    売れ続ける建売業者になるためにやるべきこととは?
  3. なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?

    不動産会社経営

    なぜ完璧主義の不動産会社の経営者は成功できないのか?
  4. 売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。

    不動産マーケティング

    売れる建売会社になるためにお客様に確認すべきこと。
  5. こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!

    不動産マーケティング

    こうすれば新築分譲住宅の契約率はもっと上がる!
PAGE TOP