新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

不動産売却

新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!

建売業者にとって建売住宅は商品。お客様に売る、大切な商品です。

商品であれば本来は、より魅力的に見えるように工夫するのが普通。
繁盛している小売店ならどこもが意識している常識です。

しかし、それが建売住宅となるとその常識ができていない会社が多い。
「リンゴ」でも「家」でもお客様から見ればひとつの「商品」。
少しでも魅力的に見える商品を買いたいと思うものです。

「リンゴは磨いてから売れ!」という言葉があります。

仕入れたばかりのリンゴをそのままカゴに盛って売るのではなく、磨いてから売れということ。
その方が新鮮で美味しく見えるので売りやすいという商人の常識です。
それが残念ながら建売業界では常識になっていません。

例えば、照明。
最近の建売住宅のなかには全室照明付きという物件もありますが、まだまだ少数派。たいてい照明はオプションか付いていません。それ自体はどちらでもいいのですが販売物件に照明がついていないというのは問題です。

なぜなら、部屋が暗く見えるから。そして照明次第で部屋がもっと魅力的に見えるからです。
現地案内の際、気がきく営業マンはお客様を室内に入れる前に窓を開けて換気したり照明をつけたりします。

しかし、出来の悪い営業マンは、お客様と一緒になかに入ってから窓を開けたり照明をつけたりします。
その結果、日当たりの悪い物件はより日当たりの悪さが強調されてしまうのです。

人間というのは、欠点が見えてしまうとその欠点が気になってしかたないもの。
できれば、欠点はなるべく見せない方が得策です。

で、あれば売主の方で照明をつけておくというのが賢明。
できれば、高級感のある照明を取り付けて、部屋をより魅力的に見せるのがいいでしょう。

照明はオプションでも構いませんし、値引きの代わりにプレゼントしてもいいかもしれません。
家具を設置するよりははるかに安価ですから、モデルハウス用に保管しておいてもいいでしょう。
そうやって、あなたの物件が少しでも魅力的に見えるように「磨いておく」のです。

できれば、ブレーカーの電源を上げるだけで全室の照明がつくようにしておいた方がいいでしょう。
または、ブレーカーの電源は上げたままにしておいて、スイッチひとつで照明がつくようにしておいてもいいかもしれません。

どちらにせよ、営業マンの手を煩わせることなく照明がつくようにしておくことが大切です。
ちなみに、以前あるクライアントにすすめて成功した例ですが、

週末(土日)には、全室の照明を一日中つけたままにするという方法があります。
これだと、営業マンがブレーカーをあげる手間も不要ですし、スイッチをつける手間も不要です。
その上、夜間もずっと照明がついたままなので広告効果もあります。
このように照明ひとつで、家を磨くことは可能です。

あなたの建売住宅は磨いてから売っていますか?
磨いて売ればもっと簡単に売れるようになりますよ。

 

ピックアップ記事

  1. あなたの不動産広告の知識、30年前より進化してますか?
  2. 真面目な不動産業者が陥る成功法則の罠。
  3. 話し下手な営業マンの成約率を高めるとっておきの方法とは?
  4. 中小建売業社は大手不動産会社に依存してはいけない。
  5. 未来工業に学ぶ、非常識な不動産会社のススメ。

関連記事

  1. 成約率の上げ方

    不動産マーケティング

    不動産販売の成約率を上げたいならこれを伝えろ!

    「集客はできたのに成約しない・・・」「内覧は多いのに決まらない・・…

  2. 不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    不動産売却

    不動産売却、売主にとっての理想的な状態とは?

    もし、あなたの物件がいい物件だと思うのに売れない…自信があるのに売れな…

  3. 建売会社がムダな値下げをしないためにやるべき調査とは?

    不動産マーケティング

    建売会社が「ムダな値下げ」をしないためにやるべき調査とは?

    「家を売るのは難しい…」特に、在庫物件で苦労している時ほどそう思うこと…

  4. 旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    不動産マーケティング

    旭山動物園に学ぶ、建売住宅は行動展示で売れ!

    動物園といえば、真っ先に思い浮かべるのは上野動物園、というのは昔の話。…

  5. 価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    不動産マーケティング

    価格競争に巻き込まれない新築分譲住宅のつくり方。

    建売業者さんからの相談で多いのが価格に関する相談。なかでも価格競争から…

  6. 新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    不動産マーケティング

    新築住宅分譲、こうすれば条件の悪い区画も値下げしないで売れる!

    うちの近くに輸入中古車を販売するショップがあります。輸入中古車とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. プロダクトアウトの時代からマーケットインの時代へ。
  2. あなたの物件の評価を下げる意外なポイント。
  3. 売れない原因の見つけ方。
  4. 売れ行きを左右するビジネスの大原則とは?
  5. 苦戦必至エリアで勝つために必要なこと。

おすすめの記事

  1. 建売住宅、仕入れミスを挽回する企画の立て方。
  2. 新築一戸建てを売る会社は「ゴミの日の法則」に学べ!
  3. 賃貸アパートに学ぶ!クローゼットで差別化する方法。
  4. 新築一戸建ては「リンゴ売りの法則」で売れ!
  5. たまには建売業界の未来について真剣に考えて見ませんか?
  1. あなたの成長を妨げる言葉とは?

    不動産会社経営

    不動産会社の成長を妨げる、使ってはいけない言葉とは?
  2. 今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。

    不動産マーケティング

    今すぐできる!新築一戸建ての成約率を上げる最も簡単な方法。
  3. Macに学ぶ、売れる建売会社のあり方。

    不動産会社経営

    中小建売会社はMacを使いなさい。
  4. 不動産ビジネスを最短距離で成功させるのに必要な力とは?

    不動産広告

    不動産ビジネスを最短距離で成功させるには何が必要か?
  5. 建売業者はマンション業者に学べ!

    不動産マーケティング

    売れる商品企画はマンション業者に学べ!
PAGE TOP